ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

2018年ドラゲー大賞!

今年はドラゴンゲートネットワークで『DGネットワーク・アワード2018』を開催しているため、こちらへの投票を毎年のドラゲー大賞に替えさせていただきます。









MVP:Kzy
今年は年間通して活躍したレスラーという面では一長一短。
誰か1人を選ぶのは難しい年でしたが、その中でも1人選ぶならKzy。
ドリームゲート挑戦から始まって、新ユニット結成、トライアングル最多防衛記録樹立と、今年のドラゴンゲートの主役と言っていい活躍ぶりだったと思います。
次点としては僅差で吉野。
2018年はトライアングルゲート王者からスタートして、キングオブゲート制覇、ドリームゲート奪取とMVPでもおかしくない活躍ぶりでしたが、この辺りはもう好みの問題で(笑)
その次がBen-Kですかね。








ルーキーオブザイヤー:シュン・スカイウォーカー
今年一番の成長株はシュンでしょう。
今年はもっちーと組んで全日本プロレスへの参戦、さらに団体内でも大田区体育館でのツインゲート挑戦を果たし、来年はさらなるスカイウォークを期待してしまいます。
そのためには若手トーナメント勝ち上がらないとなぁ。
ここで負けてしまうと、若手グループに飲み込まれてしまいかねない。

ちなみにBen-Kは自分の中では最早ルーキーと思ってないので外しました(汗)







ベストタッグ:YAMATO&B×Bハルク
ここは妥当にYAMATO&ハルク。
神戸ワールドでのビッグBen戦、大田区での望月&シュン戦はいずれも大会ベストバウトに挙げられてもおかしくない一戦となりました。
シングルプレーヤー同士のタッグから次第にタッグチームへと変わりつつあったんですが、ハルクの怪我で王座返上は残念すぎる結末。







ベストバウト:望月成晃 vs Ben-K
ベストバウトは出来るだけ生観戦した中から選びたかったので、今年生観戦した中だと大阪チャンピオンゲートのもっちー対Ben-K戦になりますかね。
まだ当時はBen-Kへの期待や評価がそこまで高くなかったということもありますが、あそこまでもっちーを追い込めるとは思っていませんでした。
もっちー自身は府立第一の吉野対Ben-K戦はチャンピオンゲートの試合を越えたと言っていましたが、自分はこちらの方が好き。
それ以外だと、神戸ワールドのYAMAハル対ビッグBen、府立第一の吉野対Ben-K、大田区のYAMAハル対望月&シュン、ネット観戦を含めると、もっちー対Kzyのドリームゲート戦、KOG開幕戦のYAMATO対Kzy、土井対Eita、後楽園でフルタイムドローとなったシュン対U-Tもベストバウト候補に挙がる一戦だったと思います。




これで2018年のブログ更新も最後。
来年も3月くらいまではブログ更新にあてる時間が取りにくくなると思いますが、2019年も引き続きよろしくお願いします!





関連記事:
「2017年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2016年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2015年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2013年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2012年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2011年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2010年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2009年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)
「2008年ドラゲー大賞!」(当ブログ過去記事)




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...