ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
本日の205Liveで戸澤対ネヴィルのクルーザー級王座戦リマッチが行われました。




第1試合終了後、控え室で戸澤とタイタス・オニールが話しているシーンが流れます。
心配げなタイタスに対して戸澤は
「心配するな。
 準備は出来ている。
 今夜ベルトを取り戻すぜ。」(戸澤)






試合序盤、戸澤のシャイニングウィザードをキャッチしたネヴィルは、足を下ろすと見せかけてソバットを仕掛ける。
すると戸澤もネヴィルの足をキャッチすると、わざと足を下ろして睨みつける。












その態度に怒ったネヴィルは戸澤をコーナーに追い詰めるが、戸澤は体勢を入れ替えると逆にチョップを叩き込む。
さらにネヴィルを場外に落としてトペを狙うが、ネヴィルはトペを避けてリングに戻ろうとする。
戸澤がネヴィルの頭を掴んだところ、ネヴィルは戸澤の腕を捕らえ左肩をロープに叩きつける。









リングに戻ったネヴィルは戸澤の左肩を集中攻撃。
一気に劣勢に陥った戸澤。









戸澤は打撃で流れを変えようとするが、ネヴィルは戸澤を場外へ落とすとコーナートップから美しいケブラーダ!!
これが戸澤の肩口にヒット。
痛みに苦しむ戸澤の様子をレフェリーがチェック。
戸澤はなんとかカウント9でリングに戻るが、ネヴィルは戸澤を再度場外に落とすと防護壁に叩きつける。














リングに戻りコーナートップからの攻撃を狙うネヴィルだが、戸澤はロープを蹴り飛ばしバランスを崩させてリングに落とす。
さらにネヴィルを場外に蹴り落とすと、痛む肩をかばいながらもトペを敢行!







続けてエプロンから場外に向けてセントーン。









リングに戻った戸澤はソバットから旋風脚空振り→背後にまわりバックドロップ。
カウント2。







すると戸澤はダイビングセントーン狙いでコーナーに上がるが、ネヴィルが戸澤の足を払って阻止。
ネヴィルはコーナー最上段からスーパープレックス。
しかし戸澤はネヴィルの足をロックしてフォール。
カウント2。









起き上がりざま、戸澤は珍しくラリアットを叩き込む。
両者ダウン。






立ち上がったネヴィルは戸澤を担ぎ上げ前方に落とすと低空ドロップキック…というより土井555からバカタレスライディングキック!
カウント2。









立ち上がってくる戸澤に対し頭を蹴り飛ばすネヴィル。
さらに頭を叩くが、戸澤はネヴィルの腕を振り払うとエルボー一発でダウンさせる。
ロープに走る戸澤だが、ネヴィルもお返しとばかりにカウンターでエルボー。
しかし戸澤は続くネヴィルの攻撃をスクールボーイに丸め込む。
カウント2。










戸澤はコーナーへの串刺しバイシクルキック。
さらに旋風脚空振りからネヴィルの背後に回ろうとするが、ネヴィルは戸澤を捕えるとリングス・オブ・サターン!
しかし戸澤も体勢を入れ替えてフォール。
カウント2。
ならばとネヴィルも横十字固めに切り返す。
カウント2。









立ち上がった戸澤は旋風脚をネヴィルの頭部に叩き込む。
崩れ落ちるネヴィルを見て、戸澤はコーナートップに上がるとダイビングセントーン!
しかしネヴィルは回避。








自爆した戸澤に対してネヴィルは再度リングス・オブ・サターン!
これに耐えきれず戸澤はタップアウト。
ネヴィルが王座防衛に成功。








試合後、勝利したネヴィルのマイク中にエンツォ・アモーレが登場。




エンツォのマイクに対して、ネヴィルは笑みを浮かべつつ退場。






戸澤は負けてしまったとはいえ、今回行われたリマッチはサマースラム以上の試合でした。
ケンドリックとの抗争決着戦を越える戸澤のWWEでのベストバウトと言ってもいいかもしれません。
ただクルーザー級のベルトを巡る争いは今後ネヴィルとエンツォによって展開されそうなので、しばらくは戸澤がベルトに絡むことはないかもしれませんね。
タイタスワールドワイドとしての活動は今後も続いていくのかな?











WWEでの戸澤関連記事:
「本日の戸澤~8.21 ロウ~」
「本日の戸澤~8.20 サマースラム~」
「本日の戸澤~8.15 205Live~」
「本日の戸澤 新クルーザー級王者に輝く!〜8.14 ロウ〜」
「本日の戸澤~8.8 205Live~」
「本日の戸澤~8.7 ロウ~」
「本日の戸澤~8.1 205Live~」
「本日の戸澤~7.31 ロウ~」
「本日の戸澤~7.25 205Live~」
「本日の戸澤~7.24 ロウ~」
「本日の戸澤~7.18 205Live~」
「本日の戸澤~7.17 ロウ~」
「本日の戸澤~7.11 205Live~」
「本日の戸澤~7.10 ロウ~」
「本日の戸澤~7.9 グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー~」
「本日の戸澤~7.3 ロウ~」
「本日の戸澤~6.27 205Live~」
「本日の戸澤~6.26 ロウ~」
「本日の戸澤~6.20 205Live~」
「本日の戸澤~6.19 ロウ~」
「本日の戸澤~6.13 205Live~」
「本日の戸澤~6.12 ロウ~」
「本日の戸澤~6.6 205Live~」
「本日の戸澤~6.5 ロウ~」
「本日の戸澤~5.23 205Live~」
「本日の戸澤~5.22 ロウ~」
「本日の戸澤~5.16 205Live~」
「本日の戸澤~5.9 205Live~」
「本日の戸澤~5.2 205Live~」
「本日の戸澤~5.1 ロウ~」
「本日の戸澤~4.25 205Live~」
「本日の戸澤~4.18 205Live~」
「本日の戸澤~4.17 ロウ~」
「本日の戸澤~4.11 205Live~」
「本日の戸澤~4.4 205Live~」
「本日の戸澤~3.28 205Live~」
「本日の戸澤~3.21 205Live~」
「本日の戸澤~3.20 ロウ~」
「本日の戸澤~3.14 205Live~」
「本日の戸澤~3.13 ロウ~」
「本日の戸澤~3.7 205Live~」
「本日の戸澤~3.6 ロウ~」
「戸澤がファストレーンキックオフショーに登場」
「戸澤に英語の必要性を説くケンドリック」
「戸澤に対するケンドリックのレッスン・ナンバースリー」
「戸澤に対するケンドリックのレッスンはまだ終わらない」
「戸澤に対してケンドリックが意思表示」
「戸澤はケンドリックの弟子入りを拒否」
「戸澤ロウ2戦目」
「戸澤RAWデビュー!」
「戸澤が遂に205Liveデビュー!」









ロウのバックステージでネヴィルがチャーリー・カルーゾのインタビューを受けています。


「ネヴィル、人々は先週のロウで戸澤があなたから勝利したことに驚いています。
 同様に、昨日のサマースラムであなたが戸澤から勝利したことにも驚かされました。」(チャーリー)
「人々は何を期待している?
 おそらくカリスマ性のある者であったり、ひときわ輝いている者が新王者になることを期待しているのだろう。
 日本人の無価値なチンピラの戸澤陽では十分ではない。
 アドバイザーのタイタス・オニールに寄生しているようなヤツにはな。」(ネヴィル)






とネヴィルが戸澤をけなしているところに戸澤とタイタス・オニールが登場。
「オマエに一言だけ送る言葉がある。」(タイタス)
「リマッチ。」(戸澤)
「明日の205Liveだ。」(タイタス)






「バイバーイ。」(タイタス&戸澤)









ということで、明日の205Liveでネヴィル対戸澤のリマッチ決定!

















WWEでの戸澤関連記事:
「本日の戸澤~8.20 サマースラム~」
「本日の戸澤~8.15 205Live~」
「本日の戸澤 新クルーザー級王者に輝く!〜8.14 ロウ〜」
「本日の戸澤~8.8 205Live~」
「本日の戸澤~8.7 ロウ~」
「本日の戸澤~8.1 205Live~」
「本日の戸澤~7.31 ロウ~」
「本日の戸澤~7.25 205Live~」
「本日の戸澤~7.24 ロウ~」
「本日の戸澤~7.18 205Live~」
「本日の戸澤~7.17 ロウ~」
「本日の戸澤~7.11 205Live~」
「本日の戸澤~7.10 ロウ~」
「本日の戸澤~7.9 グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー~」
「本日の戸澤~7.3 ロウ~」
「本日の戸澤~6.27 205Live~」
「本日の戸澤~6.26 ロウ~」
「本日の戸澤~6.20 205Live~」
「本日の戸澤~6.19 ロウ~」
「本日の戸澤~6.13 205Live~」
「本日の戸澤~6.12 ロウ~」
「本日の戸澤~6.6 205Live~」
「本日の戸澤~6.5 ロウ~」
「本日の戸澤~5.23 205Live~」
「本日の戸澤~5.22 ロウ~」
「本日の戸澤~5.16 205Live~」
「本日の戸澤~5.9 205Live~」
「本日の戸澤~5.2 205Live~」
「本日の戸澤~5.1 ロウ~」
「本日の戸澤~4.25 205Live~」
「本日の戸澤~4.18 205Live~」
「本日の戸澤~4.17 ロウ~」
「本日の戸澤~4.11 205Live~」
「本日の戸澤~4.4 205Live~」
「本日の戸澤~3.28 205Live~」
「本日の戸澤~3.21 205Live~」
「本日の戸澤~3.20 ロウ~」
「本日の戸澤~3.14 205Live~」
「本日の戸澤~3.13 ロウ~」
「本日の戸澤~3.7 205Live~」
「本日の戸澤~3.6 ロウ~」
「戸澤がファストレーンキックオフショーに登場」
「戸澤に英語の必要性を説くケンドリック」
「戸澤に対するケンドリックのレッスン・ナンバースリー」
「戸澤に対するケンドリックのレッスンはまだ終わらない」
「戸澤に対してケンドリックが意思表示」
「戸澤はケンドリックの弟子入りを拒否」
「戸澤ロウ2戦目」
「戸澤RAWデビュー!」
「戸澤が遂に205Liveデビュー!」








本日行われたサマースラムのキックオフにて、戸澤対ネヴィルのクルーザー級王座戦が行われました。



ネヴィルは白のコスチュームで登場。







一方戸澤はベルトを首に巻くスタイルでタイタス・オニールと共に入場。





試合序盤、戸澤が通常のセントーンを決めるとネヴィルは場外へエスケープ。
すかさず戸澤はトペを狙うが、ネヴィルはすぐにリングへ戻ると逆に戸澤を場外に落としてリング側面へ叩きつける。
CMへ。









CM明け、ネヴィルはミサイルキック2連発。
さらにヘッドロックで戸澤を締め上げると、場外からタイタスが戸澤を鼓舞。








ヘッドロックから脱出した戸澤はネヴィルを場外に落とすとトペ!






戸澤はリングに戻るとネヴィルに対してコーナーへの串刺しエルボーからバックドロップ。
さらにダイビングセントーンを狙いコーナーへ上がろうとするが、ネヴィルは対角線のコーナー付近へエスケープ。






戸澤はネヴィルに卍固め。
ロープに手を伸ばしたネヴィルをエビ固めに丸め込むがカウント2。
さらにシャイニングウィザードを叩き込むが、これもカウント2。






戸澤は旋風脚からロープに走る。
ネヴィルはカウンターの延髄切りで迎撃するが、戸澤もカウンターのフランケンからシャイニングウィザードを叩き込む。
両者ダウン。







ネヴィルは戸澤の肩をマットに叩きつけるが、戸澤はネヴィルにグーパンチを決めてダウンさせるとコーナートップへ上がる。
しかしネヴィルは立ち上がるとスーパープレックスの体勢に入る。




コーナートップで戸澤はネヴィルの背中にパンチを叩き込み、ネヴィルをマットに突き落とすとダイビングセントーン!
しかしネヴィルは剣山で迎撃!









するとネヴィルは戸澤をうつぶせにさせた状態でレッドアロー!
カウント…3!








戸澤はサマースラムでのクルーザー級王座防衛に失敗し、王座期間は1週間足らずとなってしまいました。
しかし元王者ということでリマッチが行われる可能性は高いと思われます。
今週のロウと205Liveでどんな動きが見られるか…。




WWEでの戸澤関連記事:
「本日の戸澤~8.15 205Live~」
「本日の戸澤 新クルーザー級王者に輝く!〜8.14 ロウ〜」
「本日の戸澤~8.8 205Live~」
「本日の戸澤~8.7 ロウ~」
「本日の戸澤~8.1 205Live~」
「本日の戸澤~7.31 ロウ~」
「本日の戸澤~7.25 205Live~」
「本日の戸澤~7.24 ロウ~」
「本日の戸澤~7.18 205Live~」
「本日の戸澤~7.17 ロウ~」
「本日の戸澤~7.11 205Live~」
「本日の戸澤~7.10 ロウ~」
「本日の戸澤~7.9 グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー~」
「本日の戸澤~7.3 ロウ~」
「本日の戸澤~6.27 205Live~」
「本日の戸澤~6.26 ロウ~」
「本日の戸澤~6.20 205Live~」
「本日の戸澤~6.19 ロウ~」
「本日の戸澤~6.13 205Live~」
「本日の戸澤~6.12 ロウ~」
「本日の戸澤~6.6 205Live~」
「本日の戸澤~6.5 ロウ~」
「本日の戸澤~5.23 205Live~」
「本日の戸澤~5.22 ロウ~」
「本日の戸澤~5.16 205Live~」
「本日の戸澤~5.9 205Live~」
「本日の戸澤~5.2 205Live~」
「本日の戸澤~5.1 ロウ~」
「本日の戸澤~4.25 205Live~」
「本日の戸澤~4.18 205Live~」
「本日の戸澤~4.17 ロウ~」
「本日の戸澤~4.11 205Live~」
「本日の戸澤~4.4 205Live~」
「本日の戸澤~3.28 205Live~」
「本日の戸澤~3.21 205Live~」
「本日の戸澤~3.20 ロウ~」
「本日の戸澤~3.14 205Live~」
「本日の戸澤~3.13 ロウ~」
「本日の戸澤~3.7 205Live~」
「本日の戸澤~3.6 ロウ~」
「戸澤がファストレーンキックオフショーに登場」
「戸澤に英語の必要性を説くケンドリック」
「戸澤に対するケンドリックのレッスン・ナンバースリー」
「戸澤に対するケンドリックのレッスンはまだ終わらない」
「戸澤に対してケンドリックが意思表示」
「戸澤はケンドリックの弟子入りを拒否」
「戸澤ロウ2戦目」
「戸澤RAWデビュー!」
「戸澤が遂に205Liveデビュー!」









本日はサバイバルリーグ戦、全23大会の10戦目となる博多スターレーン大会。
試合結果はドラゴンゲート公式ツイッターから。


(第2試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899195149871235074
(第3試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899195781458018304
(第5試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899196692687343618
(第6試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/899213865673605120


第2試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
○ヨースケ・サンタマリア(2分48秒 狙い撃ち)×パンチ富永


第3試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
堀口元気H.A.Gee.Mee!!&○斎藤“ジミー"了(11分45秒 ダブルクロス→体固め)Gamma&×石田凱士


第5試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
土井成樹&○吉野正人(20分56秒 ソル・ナシエンテ)YAMATO&×B×Bハルク


第6試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
CIMA&ドラゴン・キッド&Eita&○山村武寛( 25分0秒 スターダストプレス→片エビ固め)鷹木信悟&T-Hawk&吉田隆司&×エル・リンダマン

サバイバルレース初出場となったパンチは3分足らずでマリアに敗戦。
ヴェルセルクはメインでもオーバージェネレーションに敗れ、この日は2戦2敗。

セミファイナルでは土井吉対YAMATO&ハルクという好カードが組まれ、結果は吉野がハルクから勝利。
ハルクは先日の福山大会に引き続き連敗。



また、信悟が大田区体育館大会にてトライアングルゲート戦は行わずに有刺鉄線マッチを行うことを発表。
凶器公認のストリートファイトマッチは以前にも行われていましたが、有刺鉄線がドラゲーに持ち込まれるのは初めて。
当日、会場がどんな空気になるのか、そして対戦相手は誰になる?






博多スターレーン大会終了時点のユニット及び個人成績は以下の通り。
トライブヴァンガードとMaxiMuMの負け数が5で並ぶ。
(順位は負け数基準、同数の場合は勝ち星が多い方を上位としています)

1.MaxiMuM 10勝5敗
(土井成樹:2勝0敗
 吉野正人:3勝0敗
 Kotoka:2勝1敗
 ビッグR清水:3勝1敗
 Ben-K:0勝3敗)

2.トライブヴァンガード 7勝5敗
(YAMATO:3勝1敗
 B×Bハルク:1勝2敗
 Kzy:2勝1敗
 ヨースケ・サンタマリア:4勝1敗)

3.ヴェルセルク 6勝8敗
(鷹木信悟:2勝3敗
 T-Hawk:1勝1敗
 吉田隆司:1勝2敗
 エル・リンダマン:2勝4敗
 パンチ富永:0勝1敗)

4.ジミーズ 6勝9敗
(ジミー・ススム:1勝0敗
 ジミー・神田:1勝1敗
 斎藤“ジミー"了:2勝4敗
 堀口元気H.A.Gee.Mee!!:1勝1敗
 ジミー・カゲトラ:0勝1敗
 ジミー・クネスJ.K.S.:1勝2敗)

5.オーバージェネレーション 8勝10敗
(CIMA:1勝1敗
 ドラゴン・キッド:2勝1敗
 Eita:4勝1敗
 山村武寛:1勝1敗
 石田凱士:0勝6敗)

(※8.8後楽園ホールで行われたイリミネーションマッチの結果により、トライブヴァンガードとヴェルセルクについては選手とユニットの勝敗数は一致しません。)



ジミーズTVOGヴェルセルクMaxiMuM成績
ジミーズ0-44-22-10-26-9
TRIBE VANGUARD4-00-13-10-37-5
OVER GENERATION2-41-02-23-48-10
ヴェルセルク1-21-32-2
2-16-8
MaxiMuM2-03-04-31-210-5










本日はサバイバルリーグ戦、全23大会の9戦目となる福山大会。
試合結果はドラゴンゲート公式ツイッターから。


(第2試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/898848513420738560
(第4試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/898863932080705536
(第5試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/898876394477727744


第2試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
○ドラゴン・キッド&Gamma(13分28秒 光の輪を切り返す→エビ固め)ジミー・ススム&×ジミー・クネスJ.K.S.


第4試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
CIMA&○Eita(16分22秒 エビ固め)T-Hawk&×エル・リンダマン


第5試合
5ユニットサバイバルレース対象試合
土井成樹&○吉野正人&ビッグR清水(18分6秒 トルベジーノ十字固め)YAMATO&×B×Bハルク&ヨースケ・サンタマリア

最下位に沈んでいたオーバージェネレーションが2戦2勝と息を吹き返す。
一方ジミーズは大東大会からの連敗を止められず…。
メインではMaxiMuMがトライブヴァンガードに勝利。




福山大会終了時点のユニット及び個人成績は以下の通り。
このリーグ戦では勝ち星は関係ありませんが、MaxiMuMがダントツの9勝目。
(順位は負け数基準、同数の場合は勝ち星が多い方を上位としています)

1.トライブヴァンガード 6勝4敗
(YAMATO:3勝1敗
 B×Bハルク:1勝1敗
 Kzy:2勝1敗
 ヨースケ・サンタマリア:3勝1敗)

2.MaxiMuM 9勝5敗
(土井成樹:2勝0敗
 吉野正人:2勝0敗
 Kotoka:2勝1敗
 ビッグR清水:3勝1敗
 Ben-K:0勝3敗)

3.ヴェルセルク 6勝6敗
(鷹木信悟:2勝3敗
 T-Hawk:1勝1敗
 吉田隆司:1勝2敗
 エル・リンダマン:2勝3敗)

4.オーバージェネレーション 7勝9敗
(CIMA:1勝1敗
 ドラゴン・キッド:2勝1敗
 Eita:4勝1敗
 山村武寛:0勝1敗
 石田凱士:0勝5敗)

5.ジミーズ 5勝9敗
(ジミー・ススム:1勝0敗
 ジミー・神田:1勝1敗
 斎藤“ジミー"了:1勝4敗
 堀口元気H.A.Gee.Mee!!:1勝1敗
 ジミー・カゲトラ:0勝1敗
 ジミー・クネスJ.K.S.:1勝2敗)

(※8.8後楽園ホールで行われたイリミネーションマッチの結果により、トライブヴァンガードとヴェルセルクについては選手とユニットの勝敗数は一致しません。)





ジミーズTVOGヴェルセルクMaxiMuM成績
ジミーズ0-43-22-10-25-9
TRIBE VANGUARD4-00-12-10-26-4
OVER GENERATION2-31-01-23-47-9
ヴェルセルク1-21-22-1
2-16-6
MaxiMuM2-02-04-31-29-5





















カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
10
14 18
24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[08/23 まきし]
[08/23 kamon]
[08/23 Enigma]
[08/23 匿名]
[08/23 ペイタン]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/