ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

NEW JAPAN CUP 2011決勝戦~3.20 新日本プロレス 兵庫・ベイコム総合体育館~

ドラゲー両国大会が中止になったという事もあり、日曜日は新日本プロレス尼崎大会を観戦。
開場30分前に到着したけど予想以上の盛況ぶり。
会場入り口では中邑のサイン会に長蛇の列。
そして開始時刻の16時になると煽り映像が流れ、映像の最後に流されたのは新日本プロレスからのメッセージ。
新日本プロレスが出来ること、それは”プロレス”。
P3201304.jpg

















新日本プロレスは、このプロレスを通じ皆様に勇気と希望を与えられるよう努めてまいります。
P3201305.jpg

















そして、皆様が一日も早く以前の生活に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。
P3201306.jpg






















ミラノコレクションA.T.引退…

週末から昨日にかけてドラゲーはバタバタしてたので、アップしようしようと思ってたけど出来なかったミラノコレクションA.T.引退について。
ミラノの引退の理由や今後の進路に関しては、新日本公式サイト等を見て頂くとして、ここでは闘龍門及びドラゲー時代のミラノの経歴をざっと駆け足で紹介。
「ミラノコレクションA.T.選手が引退を発表」(新日本プロレス公式サイト)
「ミラノ選手の引退会見後の囲みコメント」(新日本プロレス公式サイト)


2001年11月にミラノはT2Pリーダーとして日本マット逆上陸を果たす。
当時のミラノは斎了を子供扱いするなど、強くてそして憎たらしい存在。
その後ミラノはフジイさんとミケーレを巡る抗争を経て、2002年9月の有明コロシアム大会でCIMAからA.T.ロックでタップを奪いUWA世界6人タッグ王座を奪取。
しかしJAPAN対T2Pの対抗戦で、2002年12月にミラノはCIMAとインターナショナルライトヘビーのタイトルマッチを行い敗戦。
これによりT2Pは解散へ。


そしてミラノは闘龍門JAPANのリングへ主戦場を移す。
2003年1月に日本人宣言。
2003年8月にプロレス史上初の6人タッグ4wayマッチが行われると、ミラノはマグナムをA.T.ロックで下すなど華々しい活躍を見せる。
そしてRey de Parejasタッグリーグにミラノはマグナムとともに出場。
しかしこの2人が相容れることはなく予選リーグ最終戦にミラノはマグナムを攻撃して、マグナムの持つUDG王座挑戦をアピール。
そして2003年12月にマグナム対ミラノのUDG選手権試合が行われるわけだが、個人的にこのタイトルマッチは闘龍門の歴史の中でもトップ3に入るくらい素晴らしかった。
憧れの選手だったマグナムに対して今まで培ってきたジャベで締め上げるミラノと、ミラノの技を受けきった上で絶縁からのAVスタープレスで勝ったマグナム。
試合後のリングで上がらない腕を押さえて踊りきるマグナムと、バックステージで泣きながらコメントを出すミラノの対比がまた感動を誘ったなぁ。
負けてしまったとはいえ、この試合がミラノコレクションA.T.の闘龍門でのベストバウトだったのでは。
------------------------------------
闘龍門JAPAN~2003.12.16 LA ULTIMA CAIDA~

メインイベント
UDG選手権試合
○マグナムTOKYO(AVスタープレス)ミラノコレクションA.T.×
------------------------------------
その後、2004年に闘龍門からドラゴンゲートに変わってからは、イタリア革命を起こすと宣言し新技・IRを引っさげてRey de Parejasを優勝しオープン・ザ・トライアングルゲート初代王者となるが、それ以降はケガの影響もありベルトを返上。
そして2005年4月にドラゴンゲートを退団する。


ミラノの実績から言えば、シングルのベルトをもっと巻いててもおかしくなかったんだけどね。
インターナショナルライトヘビーのベルトは巻いてたけど、闘龍門(ドラゲー)ではUDG(ドリームゲート)を巻くことはなかった。
新日本でもBOSJは優勝しても、IWGPジュニアは巻けず。
実績やオーラは申し分無いんだけど、大一番に弱いイメージがあったかな。
ドリームゲートの挑戦者決定戦で斎了に負けたり、キーハンティング4wayマッチでは最初に脱落したり、エルヌメロウノでは決勝トーナメント1回戦で負けてしまったりと。
闘龍門の年間最大のイベントである神戸ワールド記念ホール大会では、第1試合を2回行っただけ。
闘龍門の第1試合というのは前座試合という概念では無いし、色々な巡り合わせもあるだろうけど、当時4巨頭体制だった闘龍門の中でCIMAやマグナム、もっちーはメインで王座戦を行っていたことから考えると寂しすぎるかな。


しかし入場から試合まで華麗な姿でファンを楽しませてくれたことは紛れもない事実。
出来ればミラノ対吉野正人を最後に一度見たかったなぁ。
ミラノがこれからどんな道に進むのか分からないけど、どの道へ進んでもソツなくこなす気がする。
10年間の現役生活お疲れ様でした。
100121milano.jpg













YAMATOの挑戦~SUPER J-CUP 5thSTAGE ~

昨日はブログを更新出来なかったので、1日遅くなってしまったけどスーパーJカップ結果を。
とりあえずここではYAMATOの結果のみ。
詳細は新日本プロレス公式サイトから。
------------------------------------
12.22 後楽園ホール

SUPER J-CUPトーナメント1回戦
○YAMATO(変形ダブルニーロック)AKIRA×


12.23 後楽園ホール

SUPER J-CUP トーナメント2回戦
○YAMATO(レフェリーストップ)外道×
※胴締めスリーパー

SUPER J-CUP トーナメント準決勝戦
○プリンス・デヴィット(垂直落下式DDT)YAMATO×
------------------------------------
ということで、YAMATOは結果的に初出場でベスト4。
話題性という面ではディーノに全て持ってかれたかもしれないけど、確実に新日本での評価は上げてるなぁ。
しかし試合詳細を読んでみると、3試合ともギャラリアは一度も出してないんだよね。
何かYAMATOなりの考えがあったのかな。
「(無題)」(逆襲のヤマト)
「スーパーJカップ…。」(モチヅキステーション)


しかし今回のスーパーJカップはディーノのコメントが全て秀逸(笑)
「新日Jr.をなめるなよって、よく言われたわ。
 バカ言うんじゃないわよ、“ジュニア”はなめるためにあるんじゃない。」(ディーノ)

と面白いだけではなくしっかりした事も言っているから凄い。
「小鉄さんのやり方で行き詰ったから、今こんなにいっぱい団体があるんじゃない。
 私のような生き方も許されると思うわよ。」(ディーノ)

またちょっと気になることも…。
「私、トーナメント表を見て『あぁ、16人中、14人はゲイだな』と思ったのよ。“」(ディーノ)
おそらくYAMATOは14人の中に入ってると思うね。
どちらかといえばゲイというか両刀っぽい気がするが・・・。
「俺は“男色殺法”でも対応出来るからな」(YAMATO)

ですよねぇー。





G1大阪大会感想~8.9 新日本プロレス大阪大会~

昨日はドラゲーからYAMATOも出場した新日本プロレスのG1クライマックス大阪大会2日目を観戦。
試合詳細は新日本プロレスオフィシャルサイトが詳しいので、こちらでは簡単な感想を。
http://www.njpw.co.jp/result/index.php?COM=result_main&SRNO=133&TKNO=3

P8080161.jpg