ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

リコシェ&サイダルはIWGPジュニアタッグ王座から陥落~6.19 新日本プロレス DOMINION in OSAKA-JO HALL~

本日は大阪城ホールにて新日本プロレスDOMINIONを観戦。
リコシェ&サイダルはIWGPジュニアタッグ王座を賭けて、六本木ヴァイス、レッドラゴン、ヤングバックスとの4wayマッチに臨みました。


試合結果は新日本プロレス公式サイトから。
「IWGPジュニアタッグ選手権試合 イリミネーション式4WAYマッチ」(新日本プロレス公式サイト)

IWGPジュニアタッグ選手権試合 イリミネーション式4WAYマッチ

(第47代チャンピオンチーム)
マット・サイダル
リコシェ

(チャンレンジャーチーム)  
バレッタ
ロッキー・ロメロ

(チャンレンジャーチーム)
ボビー・フィッシュ
カイル・オライリー

(チャンレンジャーチーム)
ニック・ジャクソン
マット・ジャクソン


○ニック(8:17 OTTR)ロッキー×
○サイダル(9:26 OTTR)フィッシュ×
○マット・ジャクソン[15分23秒 メルツァードライバー→片エビ固め]マット・サイダル×









4チームの勝ち残り戦で行われたタイトルマッチは、まず六本木ヴァイスとレッドラゴンが脱落。
この結果、最後に残ったのはリコシェ&サイダルとヤングバックス。

リコシェ&サイダルは得意のダブルシューティングスタープレスを狙うがヤングバックスが立ち上がり回避。






するとサイダル&リコシェはヤングバックスのダブルスーパーキックを立て続けに受けてしまい








最後はメルツァードライバーでサイダルが沈む。



 

結果が残念なのは当然として、ジュニアタッグ4wayマッチの良さが全くと言っていいほど見られませんでしたね。
世界レベルの4チームが揃いながら、無駄遣いだった気がしないでもないです。




ベルトを失ったリコシェ&サイダルですが、セミファイナルで行われたケニー・オメガ対マイケル・エルガンのIWGPインターコンチのベルトが賭けられたラダーマッチに登場します。






試合終盤、エルガンがハシゴを上りベルトに手をかけようとしたところでヤングバックスが介入。
スプレーを噴射してエルガンの王座奪取を妨害。
さらにスーパーキックからエルガンを手錠でコーナーに固定。










エルガンを救出しに、サイダルが花道をリングに向けて走る。
ハンタークラブ?
ちょっと記憶にありませんね…。






ヤングバックスがサイダルの前に立ちはだかると、背後からリコシェがリングに上がり、オーバーザトップロープルールが適用されていたジュニアタッグタイトルマッチの鬱憤を晴らすかのようなノータッチトペコン!






その後もハシゴ上段から場外に落とされたケニーをキャッチ。








ヤングバックスにベルトは奪われてしまったものの、同じバレットクラブのケニーの王座防衛は阻止したということで一矢報いたと言えますかね。
試合後のケニーのコメントを読んでると、リコシェとの抗争スタートしそう?
「IWGPインターコンチネンタル選手権試合 ラダーマッチ」(新日本プロレス公式サイト)

オメガ「いろんなヤツが入ってきやがって。リコシェの野郎、何をしやがるんだ。トペ・コン・ヒーロ?俺をからかってるのか?あれですべてが狂ったんだ(※と言い残して引き揚げていく)」












ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...