ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。




Eita vs 獣神サンダー・ライガー~7.20 SUPER J-CUP 2016 一回戦~

本日はEita出場のスーパーJカップ1回戦が後楽園ホールで行われました。
Eitaは第4試合で獣神サンダー・ライガーと対戦!



先に入場してきたEita。
セコンドにはもっちー。



Eitaはゴング前にライガーにドロップキック!
ライガーが場外に落ちるとすぐさまバスタ!

第1回スーパーJカップのハヤブサを彷彿させるEitaの動き!

Eitaは場外でライガーを鉄柱に振るが、体勢を入れ替えられ逆に鉄柱にぶつけられてしまう。
しかし続く掌打はかわし鉄柱に誤爆させることに成功。



リング内に戻るとEitaの右目尻から流血。
鉄柱にぶつけられた時かな?
Eitaが攻勢も、ライガーは走りこんできたEitaに風車式バックブリーカー。
場外にエスケープしたEitaを追ったライガーはマットの無いところで垂直落下式ブレーンバスター。
Eitaは20カウントギリギリでリングに戻る。








リング内でライガーはパワーボムからロメロスペシャル。
Eitaもコーナーからミサイルキックで反撃。
ドロップキックからその場飛びムーンサルトはカウント2。








Eitaは掌打をかわすと、そのまま腕を捕らえて脇固め。
ライガーロープブレイク。
コーナーに振られたライガーは突進してきたEitaにカウンターの掌打。
しかしEitaもライガーの腕を捕らえるとNUMERO UNO!
体を反らせて締め上げるも技が崩れてしまい、ロックが緩んだライガーはなんとかロープブレイク。








ライガーは空中胴締め落としから、Eitaの体が一回転する強烈な掌打!
最後は垂直落下式ブレーンバスターでライガーが勝利。
Eitaライガー越えならず…。






試合後、ライガーはEitaの健闘を称える。
Eitaは目に涙。













セコンドに付いたもっちーもブログでEitaを絶賛。
マサにJカップ」(望月成晃オフィシャルブログ「マサにモチヅキ」

Eita、敗れはしましたが素晴らしかった。

価値ある敗戦もある。





Eita、結果は黒星だったものの爪跡を残すことは出来た。
あのNUMERO UNOが崩れなければなぁ…。
この悔しさは神戸ワールドのブレイブゲート戦で晴らそう!
お疲れ様でした!










コジ&リコシェ&サイダルが新NEVER無差別級6人タッグ王者となる~7.3 新日本プロレス KIZUNA ROAD 2016 岩手~

本日行われた新日本プロレスKIZUNA ROAD 2016岩手大会にて、リコシェ&サイダルは小島聡とのトリオでケニー・オメガ&ヤングバックスが持つNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦。







試合終盤、ダブルでのインディーテイカーを狙ったケニー・オメガ&ヤングバックス。
しかし小島がエプロンのニックの足を引っ張り技を阻止。
さらにリングに上がった小島はケニーに続きヤングバックスをラリアットでダウンさせると、最後はリコシェとサイダルが得意のダブルシューティングスタープレスで勝利!
(結果はサイダルがエアサイダルでマットから勝利)
小島&リコシェ&サイダル組が新NEVER無差別級6人タッグ王者に!


「第5試合 60分1本勝負 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合」(新日本プロレス公式サイト)

(第6代チャンピオンチーム)
ニック・ジャクソン
×マット・ジャクソン
ケニー・オメガ

(チャレンジャーチーム)
○マット・サイダル
リコシェ
小島 聡

[15分20秒]
エアーサイダル→片エビ固め

※オメガ&マット&ニックが初防衛に失敗。小島&リコシェ&サイダルが第7代王者組となる。





リコシェとサイダルは新日本の常連外国人の座をしっかり掴んだ感がありますね。
2人ともPWGのBOLA2016に参戦することが発表されていますし、日米での活躍ぶりを見てると中々ドラゲー参戦は難しいのかなぁ。
うれしいんですが、少し寂しさが…。



Another day. Another victory. Another accolade! #Champions


kingricochetさん(@kingricochet)が投稿した写真 -