ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

リコシェIWGPジュニアに一歩届かず…~新日本プロレスDOMINION6.21 大阪 BODYMAKERコロシアム~

本日はリコシェの応援へ新日ドミニオンへ行ってきました。
花道を潰してひな壇を入れているにもかかわらずチケット完売超満員だったボディーメーカーコロシアム。
そんな中、大会前の対戦カード発表でひときわ歓声が大きかったのがやはり飯伏対リコシェのIWGPジュニアヘビー級選手権試合。



「第5試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合」(新日本プロレス公式サイト)



飯伏とリコシェの試合は第5試合という前半戦のトリ。
最初に挑戦者のリコシェが入場。






試合は両者握手からスタート。






最初から息もつかせぬ展開を見せる2人。
リコシェはキックや関節技で飯伏を攻める。







飯伏はミサイルキックでリコシェを場外に出すと鉄柱からケブラーダ。
負けじとリコシェも対角線ノータッチ鉄柱越えトペコン!
ドラゲーでも見たことない!











リングに戻ったリコシェはスワンダイブボディアタックやベナドリラーの体勢から腹部を蹴り上げる。
その後コーナーに上がるが、飯伏は追いつくとコーナー上に立たせた状態のリコシェに対してフランケン!
しかしリコシェは一回転して着地!
2年前の神戸ワールドでのキッド戦を思い起こさせるシーン。





リコシェは延髄切りからノーザンライト→ブレーンバスター。
ベナドリラーを狙ったがこれは飯伏が回避。
両者キックの応酬もリコシェはスーパーマンパンチ。






リコシェはベナドリラーを狙うが、飯伏はハイキックを防御するとシットダウン式ラストライド。






飯伏はフェニックススプラッシュを仕掛けるも、リコシェはかわすと高さ・飛形共に申し分ないスワンダイブ式シューティングスタープレス。





カウント2で返されたリコシェは再度ベナドリラー狙い。
ハイキックはかわされてしまうが、リコシェはセコンドに付いたもっちーリスペクトかイリュージョン!
そして再度担ぎ上げてベナドリラーを狙ったが、飯伏はフランケンで切り返す!







リコシェはカウント2で返すが、飯伏はハイキックを叩き込むとフェニックスプレックス!
さすがにリコシェもこれは返せずに3カウントが入る。




試合後、敗れてしまったリコシェだったが自らの手でベルトを飯伏の肩にかけるとがっしりとハグ。
両者共に素晴らしい!





リコシェの試合後コメント。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=853&c=6437
------------------------------------
リコシェ「何も言うことはないけど……今日のところはイブシの方がいいレスラーだったということだ。これで終わるのでなく、イブシとは再戦したい。今日はすばらしく輝かしい闘いだった。今日は負けたけど、俺が世界で一番であることは変わらないし、それは俺自身が一番よく知っている。そして、その気持ちでこれからも闘っていく。それはみんなよく知っていることだと思うし、今日の負けでその地位から落ちたとは思わない。また、これからもそれを証明する闘いをしていく。俺はスーパージュニアのタイトルを獲った。後はイブシの持つベルトだけだ。だから、またあのベルトを狙っていく。明日でもいい、来月でもいい、来年でもいい、再戦が組まれるなら、いつでも俺は彼と闘う。イブシがベルトを持ってる限りは……」
------------------------------------





会場の雰囲気はアウェイとはいえリコシェへの声援も大きかった。
その声援に後押しされるように期待通りの好試合が展開されたが期待以上ではなかったかも。
リコシェと飯伏という2人だけに、こちらは度肝を抜かれるような限界突破の試合を期待してたし、リコシェはもっと凄い試合が出来たはず。
同じことは飯伏にも言えるのかな。
ただそれを差し引いても、ドミニオンのベストバウトはこの試合。
是非再戦をお願いします!
リコシェお疲れ様!


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7023559245506057"
data-ad-slot="8775745205">





リコシェがBEST OF THE SUPER Jr.XXI優勝!

本日行われた新日本プロレス代々木競技場第2体育館大会でリコシェがBEST OF THE SUPER Jr.を制覇!!
おめでとうございますおめでとうございます!!
試合結果は新日本プロレス公式サイトおよびバトルニュースから。
「リコシェがKUSHIDAとの死闘を制してBOSJ初優勝!いざ飯伏戦へ
 矢野のピンチを桜庭が救出!BCに袋叩きにされる棚橋を真壁が救出!」(バトルニュース)




まず第5試合で行われた準決勝では田口からベナドリラーで勝利。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=850&c=6445
------------------------------------
「BEST OF THE SUPER Jr.XXI」準決勝戦

×田口 隆祐  [05分49秒]     ○リコシェ
 ベナドリラー→片エビ固め
※リコシェが優勝決定戦に進出
------------------------------------





決勝戦の相手は公式戦でギブアップ負けを喫しているKUSHIDA。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=850&c=6449
------------------------------------
「BEST OF THE SUPER Jr.XXI」決勝戦

×KUSHIDA  [23分06秒]     ○リコシェ
 ベナドリラー→片エビ固め
※リコシェが『SUPER Jr.』初優勝
------------------------------------
決勝戦もベナドリラーでKUSHIDAから勝利してリコシェはBOSJを制覇!
これでリコシェは6.21大阪ボディーメーカーコロシアムで飯伏の持つIWGPジュニアヘビーへの挑戦が決定。
「リコシェが喜びのマイクアピール!6・21大阪で飯伏と対決!」(新日本プロレス公式サイト)




ドミニオンは観戦予定ではなかったんですが急遽行く事に決めました(笑)
今年のリコシェはドリームゲートを取って、フリーダムゲートを取って、BOSJ優勝して次はIWGPジュニアヘビーだ!
それにしてもスゴイ、凄すぎるぞリコシェ!

















リコシェのBEST OF THE SUPER Jr.公式戦まとめ

新日本プロレスのBEST OF THE SUPER Jr.に参戦中のリコシェ。
今日の新日本プロレス京都大会でブロック公式戦が全て終了し、決勝トーナメントに進出する4人が決定したので、ここでリコシェの試合を開幕戦からザッとおさらい。
結果は全て新日本プロレス公式サイトから。




開幕戦はコズロフの負傷によるレフェリーストップで結果的に白星発進。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=843&c=6331
------------------------------------
5.30 東京・後楽園ホール

○リコシェ   [14分29秒]  ×アレックス・コズロフ
(1勝=2点)  レフェリーストップ   (0点)
------------------------------------




2戦目のTAKAみちのく戦はベナドリラーで勝利。
2連勝スタート。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=844&c=6340
------------------------------------
5.31 静岡・キラメッセぬまづ

○ リコシェ    [08分51秒]     ×TAKAみちのく
(2勝=4点)ベナドリラー→エビ固め  (2勝1敗=4点)
------------------------------------

3戦目はKUSHIDAの前にギブアップ負け。
初黒星を喫する。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=845&c=6350
------------------------------------
6.1 兵庫・明石市立産業交流センター

○KUSHIDA      [12分10秒]    ×リコシェ
(3勝1敗=6点) ホバーボードロック (2勝1敗=4点)
------------------------------------

後楽園ホールでジュニアのレジェンドに敗戦し連敗。
成績は2勝2敗のタイになる。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=846&c=6360
------------------------------------
6.3 東京・後楽園ホール

○獣神サンダー・ライガー [10分39秒] ×リコシェ
(2勝3敗=4点) 空中胴締め落とし→体固め (2勝2敗=4点)
------------------------------------


5戦目はドラダ相手にベナドリラーで勝利し連敗脱出。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=847&c=6365
------------------------------------
6.4 埼玉・春日部ふれあいキューブ

×マスカラ・ドラダ   [08分59秒]      ○リコシェ
(3勝3敗=6点)  ベナドリラー→片エビ固め (3勝2敗=6点)
------------------------------------




6戦目のマット・ジャクソンに勝利したことで決勝T進出に可能性を残す。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=848&c=6373
------------------------------------
6.5 長野・茅野市民館マルチホール

○リコシェ    [11分09秒]      ×マット・ジャクソン
(4勝3敗=8点)ベナドリラー→片エビ固め  (3勝3敗=6点)
------------------------------------





そして最終戦の京都大会。
試合前にはKUSHIDAがライガーを下して一足先に決勝T進出を決める。
残された最後のイスを争い同勝ち点のリコシェとBUSHIが対戦。
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result_game.php?e=849&c=6383
------------------------------------
6.6 京都・KBSホール

×BUSHI       [07分31秒]      ○リコシェ
(4勝3敗=8点)ベナドリラー→片エビ固め(5勝2敗=10点)
※リコシェがAブロックを2位通過決定
------------------------------------
リコシェは見事BUSHIから勝利してAブロックを2位通過。


準決勝の相手はAブロック1位のアレックス・シェリー負傷欠場によりAブロック2位の田口となる。


ドラゲーからBEST OF THE SUPER Jrに出場したレスラーは過去に2007年のハルク、2009年のYAMATO、2012年のPAC、2013年のリコシェで最高順位は2012年PACのベスト4。
(もっちーが出場した時はフリーだったので除く)
是非ともリコシェには決勝進出、いやBEST OF THE SUPER Jr優勝を期待したい!
Let's Go Ricochet!










レインメーカーがIWGP王者に!~2.12 新日本プロレス 大阪・大阪府立体育会館第1競技場~

昨日は新日本プロレス大阪大会を会場で生観戦。
結果は色々なサイトで報じられてる通り、オカダカズチカが2011年MVP男の棚橋からレインメーカーで勝利してIWGPヘビーのベルトを奪取。
ツイッターを始めて以来、ドラゲー以外の団体を観戦してもブログに更新することはなかったんですが今回はちょっと更新しときます。


元々この大会を見に行こうと思ったのはオカダの挑戦が決まった時点で、「校長が連れてきた岡田かずちかの晴れ舞台だもんなぁ。大阪でやるんだし一度見に行ってみるか。」という軽い気持ちから。
この時点ではオカダの勝利は思考の片隅にもない状態(笑)
1.4ではかなり酷評されてたので、メインイベントが棚橋対オカダで集客は大丈夫なのかと思いきや、蓋を開けてみれば府立第一は超満員。
シートをかぶせてる座席以外はほぼ埋まった状態。
515372766.jpg



































メインでは棚橋の盤石の足攻めに対して、オカダは徹底した首攻め。
元々オカダはドロップキックが綺麗な印象があったけど、昨日の試合を見る限りダイビングエルボードロップが高さ、飛形ともに◎。
個人的にコーナーからのダイビングエルボーは好きな技。
ドラゲーでもキャンディー、土井ちゃん、KAGEが使ってるけどそれぞれの色が出てていいんだよなぁ。
オカダは棚橋の横綱相撲に翻弄されながらも試合中盤にはエプロンから場外へのトペコンを自爆させると、マットのないところでツームストーンを決め更に首にダメージを蓄積させる。
そしてリングに戻ってからハイフライフローを剣山で迎撃すると、シュバインのような体勢に抱え上げてから首をヒザに叩きつけ、最後はスリングブレイドとレインメーカーの切り返し合いからレインメーカーが決まり3カウント。
試合詳細は新日本公式サイトをどうぞ。
「THE NEW BEGINNING | 2012/02/12(日)17:00 大阪・大阪府立体育会館」(新日本公式サイト)


棚橋が相手だったという点は否めないかもしれないけど、試合内容は良く個人的にはこの大会のベストバウト。
セミまではイスに深く腰掛けていた状態から、メイン終盤は身を乗り出しながらの姿勢になって3カウントが入った瞬間思わずガッツポーズをしてしまった(笑)
会場を埋めたほぼ全てのお客さんの予想をひっくり返す番狂わせ結果だったにも関わらず、オカダがベルトを巻いた時点の反応はどよめきはあったものの特に悪くはなかった…と思う。
棚橋が防衛して「愛してまーす」からのエアギターでも満足して帰ることは出来ただろうけど、昨日は地下鉄に乗りながらも興奮冷めやらず。
プロレスを見た後にこんな感じになるのはホントに久しぶり。
それにしても闘龍門出身者がIWGPヘビー級王者になるとはね。
近ちゃんが世界ジュニアを取ったり、ミラノがBOSJ優勝した時も嬉しかったけど、今回は生で見てた分感動が強い。
やったなレインメーカー!







ドン・フジイがG1 TAG LEAGUE 2011参戦

10月22日から始まるG1 TAG LEAGUE 2011にフジイさんが出場。
詳細は新日本プロレス公式サイトから。
「タッグの祭典、今年も開幕!「G1 TAG LEAGUE 2011」出場チーム発表!」(新日本プロレス公式サイト)
------------------------------------
「G1 TAG LEAGUE 2011」出場12チーム
【※内はチーム名】

1.ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン 【BAD INTENTIONS】
2.棚橋弘至&後藤洋央紀 【THE BILLION POWERS】
3.真壁刀義&小島聡 【剛獣コンビ】
4.天山広吉&井上亘 【猛牛師弟タッグ】
5.永田裕志&キング・ファレ 【青義軍】
6.内藤哲也&本間朋晃【STARDUST☆STREAM】
7.中邑真輔&矢野通 【CHAOS TOP TEAM】
8.飯塚高史&ヒデオ・サイトー 【CHAOS OF THE NORTHERN】
9.田中将斗&高橋裕二郎 【コンプリートプレイヤーズ】
10.石井智宏&ドン・フジイ 【SOUL OF W】
11.鈴木みのる&ランス・アーチャー 【鈴木軍】
12.ストロングマン&タマ・トンガ 【マッスルパビリオン】

------------------------------------
パートナーは石井智宏。
SOUL OF Wということで、WAR繋がりということね。
もっちーが月曜日の携帯コラムで、「ドンのフジさんも他団体で大仕事」って書いてたのはこのことだったのか。
享といいフジイさんといい他団体でのトーナメントやリーグ戦出場が続いてるけど、天下一ジュニアの享と澤の一戦は結構評価高かったので、フジイさんもフジイらしさを新日本のリングで存分に発揮してきてください。



フジイさんの新日本参戦により、ドラゲーの興行とかぶってるのは以下の3日間。
------------------------------------
10月30日(日)16:00~ 福井・サンドーム福井
11月3日(祝)15:00~ 京都KBSホール

11月6日(日)16:00~ 岐阜・多治見美濃焼卸センター
------------------------------------



そういえば、昨日観戦した新日本神戸ワールド大会に出てきた魔界28号がどうもフジイさんぽかったんだよなぁ。
DPP_0692.jpg













新日本公式サイトの試合詳細のチョップをしてる写真もフジイさんのように見えないことはない。
昨日の前橋大会には参戦してなかったみたいだしさ。
あれ誰なんだろ?