ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

本日の戸澤~5.9 205Live~

アリヤ・デバリが歩いていると、前から来た戸澤と肩がぶつかる。
デバリが文句をつけると、戸澤はAH!AH!AH!と返す。
デバリは怪訝な表情を見せてその場を去ると、戸澤はリングへ向かう。







戸澤の相手はWWEデビュー以降、抗争を続けているブライアン・ケンドリック。




試合が始まると、打撃合戦から戸澤はフェイント→グーパンチ。
さらにセントーンを決める戸澤。
しかしケンドリックは場外にエスケープすると、追いかけてきた戸澤を実況席に叩きつけ、さらに鉄階段を足場にスライスブレッド#2!
カウント19でリングに戻った戸澤だが、その後もケンドリックの攻勢が続く。







エルボーを返した戸澤はカウンターのフランケンからケンドリックを場外に落とすとトペ!





戸澤はリングに戻すとシャイニングウィザードを決めるもカウント2。
バックドロップを耐えたケンドリックは走りこんできた戸澤にゼロ戦キックからドラゴンスープレックスを決める。
カウント2で戸澤が返すと、ケンドリックはそのままキャプテンズフックに移行。








戸澤は耐えて、その後のスライスブレッド#2も回避することに成功。
逆にバックドロップで投げる戸澤。






しかし戸澤のコーナートップからのセントーンはケンドリックに避けられ自爆。
すかさずケンドリックはキャプテンズフック!
耐えた戸澤に対して、ケンドリックはクルーシフィックスで丸め込む。
カウント2。






ならばとケンドリックはスライスブレッド#2を仕掛けるが、戸澤は回転エビで丸め込む!
カウント3!









試合後、怒りを露にしたケンドリックは戸澤を場外に落とすと実況席に頭を叩きつける。
さらに河津落としの要領で戸澤の体を3度鉄階段に叩きつける。






止まらないケンドリックは鉄階段の間に戸澤の頭を挟みこみさらに踏みつける!










完全にノックダウンした戸澤に対し、マイクを持ったケンドリックは
「これが最後のレッスンだ!
 誰もブライアン・ケンドリックに手出しさせない!」(ケンドリック)






ケンドリックは戸澤の口にマイクを突っ込み退場していく。






試合には勝ったものの、完膚なきまでに叩きのめされた戸澤。
ケンドリックは最後のレッスンと言っていましたが、戸澤のリベンジはあるのか?
それとも戸澤とケンドリックの抗争はこれで一旦終止符が打たれる?








WWEでの戸澤関連記事:
「本日の戸澤~5.2 205Live~」
「本日の戸澤~5.1 ロウ~」
「本日の戸澤~4.25 205Live~」
「本日の戸澤~4.18 205Live~」
「本日の戸澤~4.17 ロウ~」
「本日の戸澤~4.11 205Live~」
「本日の戸澤~4.4 205Live~」
「本日の戸澤~3.28 205Live~」
「本日の戸澤~3.21 205Live~」
「本日の戸澤~3.20 ロウ~」
「本日の戸澤~3.14 205Live~」
「本日の戸澤~3.13 ロウ~」
「本日の戸澤~3.7 205Live~」
「本日の戸澤~3.6 ロウ~」
「戸澤がファストレーンキックオフショーに登場」
「戸澤に英語の必要性を説くケンドリック」
「戸澤に対するケンドリックのレッスン・ナンバースリー」
「戸澤に対するケンドリックのレッスンはまだ終わらない」
「戸澤に対してケンドリックが意思表示」
「戸澤はケンドリックの弟子入りを拒否」
「戸澤ロウ2戦目」
「戸澤RAWデビュー!」
「戸澤が遂に205Liveデビュー!」








ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...