ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

レッスルマニア30@ニューオーリンズ観戦記(マンデーナイトロウ編)

レッスルマニア観戦記もこれで最後のマンデーナイトロウ編。



※過去記事
「レッスルマニア30@ニューオーリンズ観戦記(準備編)」
「レッスルマニア30@ニューオーリンズ観戦記(レッスルマニア・アクセス編)」
「レッスルマニア30@ニューオーリンズ観戦記(レッスルマニア編)」






レッスルマニア翌日の予定は夜のロウ観戦だけだったため、アメリカ到着以降初めて朝からゆっくり出来た。
フレンチクォーターを歩いて、朝食はカフェ・ドゥ・モンドというニューオーリンズ名物のカフェへ。









この時点で10時前だったため店内は満員。










その為、テイクアウトにしてミシシッピ川沿いのベンチでカフェオレとベニエ(ドーナツ)の朝食。






そしてジャズを聴きながらのミシシッピ川クルーズへ。






 





世界どこでも子供はかわいい。









船内にはWWETシャツを着てるWWEユニバースも多かった。
アンダーテイカーやブレイ・ワイアットのコスプレをしてる人も居た(笑)





クルーズが終わり再度フレンチクォーターを散策。
街中ではパフォーマーも多数。


















タバスコショップみたいなお店に貼ってあったポスター。
アメリカ人のセンスって…






ジャクソン広場からセントルイス大聖堂を望む。
ちなみにジャクソン広場の芝生では父親が子供にジャイアントスイングを仕掛けてるシーンに遭遇。
それを見た通りすがりの若者達からは「WE THE PEOPLE!」の大合唱。
皆がWWEユニバース。








教会内部を見学後遅めの昼食。
夜のロウ観戦後は、帰国に向けての準備もありまともな食事が取れないと分かっていたのでしっかり燃料を補給。
GUMBO SHOPというレストランでニューオーリンズ名物のシーフード・オクラ・ガンボスープとローストビーフのPO-BOYサンドウィッチ。
これにビールを頼んだらhungry?って言われてしまった。

ガンボスープは美味い。






しかしPO-BOYがデカ過ぎた。
まぁ無理して全部食べたけど、付け合わせはポテトじゃなくてサラダ的なモノにした方が良いと思うんだ…。










夕方にホテルに戻り休憩して、いざロウへ。
昨日と同様ボディチェックを経て会場敷地内に入るんだけど、レッスルマニアとは違い一眼レフを執拗にチェックされた。
この日は運良くレンズの望遠をロックしていたので入場出来たけど、レンズの望遠をロックしてなかったら入場出来なかったかもしれない。
一眼レフの持ち込みは会場によるんですかね?
まあ結果オーライだったかな。
その後ボックスオフィスでチケットを引き換えて入場時間を待つ。









ロウスタート30分前からSUPER STARSの収録。
最初に登場したのはジグラー




対戦相手はライバック。





試合はライバックがシェルショックで勝利。









続いてコフィ対タイタス・オニール。









試合中、コフィが膝をガチで痛めたっぽいのでオニールが早めに試合を終わらせた。









2試合後、ロウの実況陣が入場。
まずはマイケル・コール





続いてJBL





最後にジェリー”ザ・キング”ローラー。







そしてマンデーナイトロウ開始。
まずは新王者ダニエル・ブライアン登場。


 



ファンに祝福されるブライアンだったが、そこへHHH&ステフが登場しメインでブライアン対HHHのWWE世界ヘビー級王座戦を行うと発表。








第1試合
ワイアットファミリー対ジョン・シナ&シェイマス&ビッグE

シナへのブーイングがデカ過ぎて辟易する。
シナの入場曲に合わせての”ジョンシナサーックス♪ジョンシナサーックス♪”に加えて、試合中の”レッツゴーワイアット!”しつこすぎ。
去年のレッスルマニア明けのロウと同じくあまり雰囲気良くないな。
最後はブレイワイアットがシスターアビゲイルでビッグEから勝利。













第2試合
ファンダンゴ&サマー・レイ対サンティーノ・マレラ&エマ








試合はエマがエマロックでサマーから勝利。
入場時のファンダンゴーイングと試合後のエマの不思議なダンスは盛り上がりまくり。
ただファンダンゴの人形の花火が見られなかったのが残念。
リング上には設置されてたからてっきり点火されるものとばかり思ってた。







レスナー&ポールE登場。
英語が分からなくてもポールEのマイク運びの上手さは分かる(笑)








バティスタ&ランディーオートン対ウーソズのWWEタッグ選手権試合。









オートンとバティスタはベルトを取るつもりもなく、場外でウーソズを痛めつけて反則負け?





ブーイングをさらに煽るようにポーズを取るオートン。






RVD対ダミアン・サンドウ

この日のロウから復帰となったRVD。
RVDは気がついたら復帰して気がついたら退団してるからなぁ…。
最後はRVDがファイブスターフロッグスプラッシュで勝利。









レイ・ミステリオ対バッドニュース・バレット

レイにブーイングでバレットに声援を送った観客。
気分良くないなー。
試合はブルハンマーでバレット勝利。








ザックライダー対アレキサンダー・ルセフ

CM中にライダー入場。



ラナがロウデビュー戦となるルセフを呼び込む。







試合はキャメルクラッチでルセフ勝利。








ラナがイイネ!
これまでのディーバで最高の足を持ってたのはステイシー・キーブラーだけどラナの足も良い(笑)ルセフ?
ルセフは…えーと、うん、いいんじゃないかな(棒)





ジャスティンロバーツにより、ボードコンテストということで観客の持ち込んだボードがモニターに映される。






アルティメット・ウォリアーのスピーチ。
こんな元気な姿を見せてくれたのになぁ…。
R.I.P...








AJ登場で自らの王座防衛を祝うもペイジが出てきてなんやかんやでAJ対ペイジの王座戦開始。
ペイジがブラックウィドウをライトニングスパイラルのような技で切り返して3カウント。
女子王座交代。









ホーガン登場しセザーロへのアンドレ・ザ・ジャイアントトロフィー贈呈式。








コルターがセザーロを祝福するも、セザーロはコルターを裏切りポール・ヘイマン・ガイへ。






スワガーが登場するとセザーロを場外へ落としアンドレトロフィーを壊す。






CM中にブラッド・マドックスがスワガー対”キング・オブ・スウィング”セザーロのシングルマッチを決定。
大人気のセザーロにエルボースマッシュを打ち込まれたスワガーはセザーロスウィングを食らう前に退散。




 



セザーロ今年はマネーインザバンク取るんじゃない?








メインイベント
WWE世界ヘビー級選手権試合
ダニエル・ブライアン対HHH

ブライアン入場後、バティスタとオートンが登場しブライアンにバティスタボムからRKO。
さらにケインがチョークスラム。







満を持してHHH登場。





ゴングを要求するが、そこへ登場したのがシールド!




シールドがオートン、バティスタ、ケインを蹴散らすと、残されたHHHに対してはブライアンが膝蹴り。











HHH派対ブライアン&シールドの基軸が示されたところでロウの放送は終了。
現地ではボーナストラックとして8人タッグでもやってくれるのかと思いきや、この日はシールドのインタビューの後ブライアンのスピーチで全てが終了。


 

 





ロウが終了し会場を出て前日にレッスルマニアが開催されたスーパードームを見てみるとレッスルマニアのマークが。







その後ホテルに戻ったのが23時過ぎでそこからシャワーを浴びて、荷物を全てトランクに詰め込んで就寝。
翌日は4時起床でホテルを5時前にチェックアウト。
そこからシカゴ経由で日本へ。




ロウは試合と試合の間隔が長いのね。
テレビのライブ放送もあるから当然と言えば当然なんだけど、日本と同じ感覚で考えるとちょっと面食らう。
後はスティング登場とか、アンダーテイカーの引退表明を期待(?)してたけど、特にこの日のロウでは大きなサプライズは無し。
少し物足りない部分はあったものの、最後のブライアンのスピーチは感動的だった。




最終的にかかった費用としてはWWEチケット代やホテル・航空券代など全部込みで30万円弱。
今回開催地がニューオーリンズだったのでちょっと航空券代とホテル代が高くついてしまったけど、来年の開催地はサンフランシスコ。
サンフランシスコなら日本からの直行便もあるし、ホテルも安く泊まれるところが多いんじゃないかな。
2回目ならスムーズにアクセスも回れるだろうし、来年も休みさえ取れれば行ってしまいそうな気がする(笑)
楽しむためにもやっぱり英語勉強しないとなぁ…。












ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...