ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #396

東京の主婦がFXでの申告漏れ発覚。
ニュースはこちら
4億円稼いで、1億4000万円脱税って庶民とはケタが違いますな。
さすがは東京都世田谷区在住だけのことはある。
名前だけで、金持ちそうやもんな。
一度極意を教えていただきたいものです。(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ
もちろん、脱税ではなくてFXの。

さて1日遅れのスマックダウンはビンスから。
RAWでのユージンの場面を流す。
"月曜だけ楽しくしては不公平だ。今夜も楽しくしなくてはな。"
"ラシュリーには今日も試合をしてもらう。対戦相手を紹介しよう。"
ということで、ケネディ登場。
"もう一人のラシュリーの相手を紹介する。"
ということで、てっきりMVPかと思ったらなんとオートン!
オートンとケネディ並んで立つとオートンがでかく見えるねんな。
意外にケネディが小さいのかも。


ロンドン&ケンドリック対MNMのWWEタッグ王座戦
試合はMNMに捕まったロンドンがケンドリックにつかまりラッシュ。
マーキュリーにスライスブレッドを狙うも、ナイトロの邪魔が入る。
マーキュリーはネックブリーカーで切り返す。
マーキュリーこの辺上手いわ。
最後はロンドンがコーナートップに居るところに邪魔に入ったメリーナをアシュリーが排除し、クロスボディをマーキュリーに決めて3カウントを奪う。
途中までいい感じやってんけど、結局はメリーナとアシュリーのあおりで終わってしまって残念。


チャボ対ジミーヤン
最後はチャボのムーサルトをかわしたヤンがムーンサルトで勝利。


MVP対セドリック・ヴァン・ハウセン
リヒテンシュタインの王者ハウセン。
どのあたりがリヒテンシュタインなのかは不明。(   ̄▽ ̄)
試合はプレイメーカーで秒殺。


ケネディ&オートン対ラシュリーのハンディキャップテーブルマッチ
ラシュリーは2人をテーブルに沈めないとだめ。
ていうか、ラシュリーの試合も圧勝が続いてるから、この辺りで一度テーブル葬されても全然問題ないと思うねんけど。
試合はコーナーへの誤爆で痛めた肩を狙われるラシュリー。
しかし、オートン&ケネディの肩攻めの効果は全く感じられずに、結局はケネディとオートンをテーブルに沈めて、今日も圧勝のラシュリー。
なんかひと昔のシナを見てるみたいになってきた。
ケネディとオートンという試合巧者を相手にしても、結局あっさり目の試合なんだな。


ベノワ対ヘルムズ
何気に好勝負を見せる二人。
最後はジャーマンからのダイビングヘッド、そしてクロスフェイスでタップを奪う。


殿堂入り紹介。
ワイルドサモアンズ。
紹介VTRにリキシが出てきた!


メインイベント前にバティスタを襲うブッカー&フィンレー。
バティスタをぶつけた金属缶の音が軽そうなのはおいといて。
ブッカー&フィンレー対テイカー&バティスタ
だけど、バティスタいないから実質はハンディキャップマッチに。
序盤は攻勢をみせるも、次第にローンバトルを強いられるテイカー。
トライアングルチョークを決めるテイカーだけど、ハンディキャップマッチで関節技の効果は無いに等しい。
しかしフィンレーへのDDTからリズムを掴み、ダブルチョークスラムを狙うところに、フィンレーのこん棒攻撃でテイカーの反則勝ち。

試合後に満を持してバティスタ登場。キタ━(゚∀゚)━!
フィンレーにスパインバスター、ブッカーにはスピアー。
そしてバティスタとテイカーが同時にバティスタボムとラストライドの体勢に入る。
しかしテイカーがラストライドの体勢にフィンレーを抱えあげたところに、ブッカーを投げつけるバティスタ。
先週とは逆の立場で番組を終えるテイカーとバティスタ。


さて明日は新日本プロレス大阪大会。
問題は仕事が18時に終わり次第向かうから、ハルクとミラノの試合は第2試合のためおそらく間に合わないこと。
せめて第4試合のオーランド・ジョーダンは見ておきたいトコロやねんけど。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...