ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

IC王者対US王者~スマックダウン #449 ~

とうとう明日はレッスルマニア!
週末に見てもいいんだけど、今週末はドラゲー京都大会があるんで出来れば明日見てしまいたい。
放送時間は22時~2時か・・・。
気合入れて見なあかんな。


ケイン対カリ対ヘンリー対パランボのオーバーザトップのバトルロイヤル
やっぱりこの中だと一番動けるケインが縦横無尽に大活躍。
いつの間にかパランボが消え、ケインもカリとヘンリーに落とされ、カリがヘンリーに落とされたのでヘンリー優勝。
試合後に乱入してきたチャボがチョップブロックから足を攻めるが、結局ヘンリーに捕まりワールドストロンゲストスラムを喰らってしまう。


ディーバコンテスト
今週の脱落者はイブ!
チェリーは残った!
残りはミシェルとチェリー。
チェリー頑張れ!


モリソン対パンク
試合は中盤まではモリソンが優位に立つものの、後半に入りパンクが反撃。
しかしモリソンのショルダースルーの受けは素晴らしいな。
パンクはトペスイシーダからダブルアーム式のバックブリーカーを決めていけば、モリソンはバックブリーカーとネックブリーカーの連続技で応戦。
終盤に、パンクはモリソンをトップロープに立たせてのフランケンシュタイナーを決めるが、モリソンもカウント2でキックアウト。
最後はモリソンのネックブリーカーを抱え上げるとそのままgo2sleepで勝利。
パンクとモリソンは、モリソンがECW王者の時もイイ試合を見せてたし、今日の試合もやっぱり面白い。
なんとなく祭典以降は2人ともECWを離れるような気もするんだけど、もうちょっとECWで王座を争って欲しいかなぁ。


ミズ&マードック&ケイド対キングストン&ジェシー&フェスタス
試合はいつものようにジェシーが捕まる展開ながらキングストンに交代。
キングストンは"ブンブン"レッグドロップを決めるが、ケイド&マードックが乱入。
フェスタスはケイド&マードックを排除すると、キングストンがミズにジャマイカンバズソーキックを決めて勝利。


バティスタ対スニツキー
バティスタは試合開始直後にスピアー→スパインバスター→バティスタボムで秒殺。
スニツキーの巨体を見事にバティスタボムで持ち上げてたな。
後は本番でウマガを持ち上げることが出来るかだな。
試合後には場外からイスを持ち出し、スニツキーをイスの上にバティスタボムで叩きつける。


ビクトリア&マリース対ミシェル対チェリーのウェット&ワイルド戦
ルールは・・・特にないみたい。
ちょっと試合時間長すぎないか?
結局水風船を投げ合ってるだけだから、試合が進展しないんだな。
どうせなら濡れると透けてくるような水着を着てくれれば見てて面白いんだけど。
最後はミシェルがペディグリーのような技をビクトリアに決めてピン。


MVP対ジェリコ
試合はお互いに一歩も引かない一進一退の攻防が続く。
後半に入りジェリコがエンズイギリからフェイスバスター、そしてライオンサルトと畳みかけるが、これはMVPがヒザで迎撃。
そしてMVPはコーナーへの串刺しブートからプレイメーカーの体勢に入ると、ジェリコはこれをウォール・オブ・ジェリコで切り返す。
MVPは何とかロープへ逃げるとそのまま場外へエスケープしベルトを持ち出す。
リング内に戻ったMVPがベルトでジェリコに殴りかかるが、ジェリコはこれをコードブリーカーで迎撃して試合はMVPの反則負け。


エッジが珍しくスーツ姿で登場。
テイカーの祭典での15連勝記録が止まることの式典?
リング上には大きな棺桶が置かれてる。
完全にテイカーがこの中から出てくるのがバレバレなんだが。。。
エッジとヴィッキーとヘッズ達で茶番を行ってると、ゴーン!からテイカーの曲が流れてくる。
エッジやエッジヘッズが入場口に気を取られているところへ、棺桶からテイカー登場。
テイカーはヘッズを蹴散らすと、エッジに対してはチョークスラムで棺桶に叩きつける。
セオドアは女性であり、けが人であり、上司でもあるヴィッキーを捨てて我先に逃げる。
最後はヘッズ2人にツームストーンを決めて、逃げていくエッジを睨みつけて放送終了。


今日のスマックダウンはパンク対モリソンに尽きるな。
ジェリコとMVPの試合も十分楽しめる試合なんだけど、終わり方も含めればパンク対モリソンの方がよかった。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...