ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

タイトルマッチ続々決定~10.14 京都・KBSホール~

本日は何かが起こる京都大会。
11月3日に行われる府立第一大会に向けて色々動きがあった様子。










試合結果はドラゴンゲート公式ツイッターから。
(第1試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/919137896908537857
(第3試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/919140086645526528
(第4試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/919147093180145664
(第5試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/919163349908176898
(第6試合)https://twitter.com/dragongate_pro/status/919168833830633473




第1試合
×望月成晃&CIMA&Eita (13分44秒 ジャンボの勝ち!固め)○横須賀ススム&ドン・フジイ&ジェイソン・リー


第3試合
○堀口元気(8分12秒 バックスライド・フロム・ヘブン)×Kagetora


第4試合
○土井成樹&吉野正人(12分35秒 バカタレ・スライディングキック→エビ固め)鷹木信悟&×エル・リンダマン


第5試合
×ドラゴン・キッド&Gamma (14分36秒 砲丸投げスラム→エビ固め)○ビッグR清水&Ben-K


第6試合
○YAMATO&B×Bハルク&Kzy(16分20秒 全知全能のフランケンシュタイナー→エビ固め)T-Hawk&神田裕之×吉田隆司



第1試合では府立第一でのタイトルマッチが決まっているススムがドリームゲート王者もっちーから直接ピンフォール勝ち。



第3試合ではブレイブゲート王者Kagetoraから元気が勝利。
試合後に元気はブレイブゲート王座挑戦表明。
これにより、府立第一ではKagetora対元気の元ジミーズ対決が実現。


「秋のビッグマッチ! “THE GATE OF DESTINY 2017” 11.3 エディオンアリーナ大阪大会 追加決定対戦カード情報」(ドラゴンゲート)

【オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合】
《王者》
Kagetora
VS
《挑戦者》
堀口元気





第5試合では前回後楽園でツインゲート王座に挑戦表明した清水&Ben-K組がまたしてもキッドから勝利。
この結果、王者組CK-1対挑戦者組ビッグBenのタイトルマッチも府立第一で正式決定。

【オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》
CIMA
ドラゴン・キッド
vs
《挑戦者組》
ビッグR清水
Ben-K






第6試合では、トライアングルゲート挑戦をアピールしていたYAMATOがトライアングル王者の1人である吉田から勝利。
こちらも信悟&吉田&リンダの現王者組にYAMATO&ハルク&Kzyが挑むタイトルマッチが府立第一で決定かと思いきや、第4試合で信悟&リンダ組に勝利した土井吉が長期欠場から復帰したKotokaを加えたトリオでトライアングル王座に挑戦表明。
この結果、府立第一でのトライアングルゲート戦はヴェルセルク対トライブヴァンガード対マキシマムの6人タッグ3wayマッチに決定!

【オープン・ザ・トライアングルゲート選手権・6人タッグ3WAYマッチ】
《王者組》
鷹木信悟
吉田隆司
エル・リンダマン
vs
《挑戦者組》
YAMATO
B×Bハルク
Kzy
vs
《挑戦者組》
土井成樹
吉野正人
Kotoka






その後オーバージェネレーションが登場すると、問題龍が10月29日の神戸サンボーホールで復帰することを発表。
「10.29 神戸サンボーホール大会 対戦カード情報」(ドラゴンゲート)

【第6試合:8人タッグマッチ】
-問題龍復帰戦-
CIMA
Gamma
Eita
問題龍
vs
鷹木信悟
T-Hawk
神田裕之
エル・リンダマン






さらにCIMAは府立第一でのEitaの対戦相手に”X”を用意しているらしい。
誰だ?

【スペシャル・シングルマッチ】
Eita
vs
X








ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...