ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #388

土曜日に買い物に行こうと誘われるも、神戸に行こうか梅田に行こうか悩んでる。

普段なら文句なく神戸に行くねんけど、今週末はさすがに陣内紀香効果で混んでそうやねんな~。

う~ん、どっちにしようか。

ただ、大事なことは土曜はロイヤルランブルと全日両国大会があるということ。

どれを優先させるかは語るまでもなし。

これぞプロレスヲタの鏡。

 

 

さて、ロイヤルランブル直前のスマックダウン。

まずはバティスタ登場。

グレゴリー・ヘルムズとシングル。

言われてみれば、ヘルムズもロイヤルランブルで王座獲得したからもう1年になんねんなぁ。

試合はバティスタのスパインバスター→スピアー→バティスタボムと必殺フルコース。

でも試合時間は短いなりに、それなりに見せ場を作ったヘルムズもやっぱり上手い。

ハリケーン時代はそんなに見せることのなかった技が多い。

それだけキャラに縛られてたんやろうなぁ。

ヘルムズを見て、やっぱりギミックって大事と再認識させられる。

 

 

ベノワ対ミズ。

試合はベノワが教科書のような試合展開を見せる。

アームドラッグから、逆水平チョップ、ジャーマン3連発から、ダイビングヘッドバッド。

いつもの首を掻っ切るポーズは出さなかったけど。

そして、ミズがロープに逃げようとするところにすかさずクロスフェイス。

惚れ惚れするような試合やわ。((○(^▽^)○))

なんかプロレス教室で、ミズにプロレスを教えてるみたい。

 

 

デュース&ドミノ登場。

今週もジョバーと試合。

先週よりかは長くやってたかなぁ?

まあ打撃系の技しか出してないし、今後どうなるかは分からないけど、ジョバー以外と試合をしてみてどうなるかかな?

MNMと試合して、上手く噛み合えば面白いタッグに成長するかも。

 

 

ブッカー対フィンレー。

何かフィンレー見んのも久しぶりな気がする。

中盤までは足を攻めるフィンレーと耐えるブッカー。

しかしブッカーもトラースキックを見せて反撃に転じる。

その後フィンレーがブッカーをコーナーに振って走りこむも、両者激突してしまい、両者ともにダウン。

その隙に実況席にリトル・バスタードが乱入し、シャメールを襲う。

逃げるシャメールをリング下に引きずり込もうとするところに、ブッカー登場し、フィンレーと場外乱闘になり試合終了。

 

 

MNM対ロンドン&ケンドリック&アシュリーの男女混合6人タッグ。

序盤はナイトロ、中盤はロンドンがつかまる試合展開。

そしてロンドンがダブルのショルダースルーを上手く着地してタッチした後、ケンドリックがラッシュを見せて2人を場外に落とす。

そしてトペに行こうとするところに、邪魔に入るメリーナ。

そこへアシュリーのスピアー。

その後、ケンドリックがロンドンのアシストからマーキュリーにコーナーからの回転エビ固めを決めるもメリーナがカットに入る。

そして、スナップショットでケンドリックが3カウントを奪われる。

まあ最後は思ったよりあっさりと決まってしまった感もあるけど、両チームともタッグとしてキャリアが長いから、攻め方も多彩。

中盤から終盤にかけても見応えがあって退屈しないし。

JBLの言ってたように、この2チームにリーガル&テイラー、デュース&ドミノが成長していけば、タッグ部門も活性化されるかも。

 

 

ケネディがロイヤルランブルへの意気込みを語ってると、バティスタ登場。

"オレを殴りたいんだろ?いいから殴ってみろよ!"

とケネディを挑発。

そこに死者の鐘の音が鳴り響いて、場内は暗転。

再び電気が着いたときにリング上にテイカー登場。

テイカーのブートをケネディはかわすが、そのままブートはバティスタにヒット。

バティスタも完全にヤラれ損。"/(*▽*) イタイノダ

そして逃げるケネディを睨みつけるテイカーと、テイカーを睨みつけるバティスタ。

 

 

ケイン対MVP。

試合はケインがMVPの背中を攻め立てる。

その後MVPがコーナーへの串刺しブートで反撃の兆しを見せたかと思ったが、あっという間にケインが優勢に。

コーナーからのダイビングラリアットの後、エプロンに逃げたMVPの背中にドロップキック!( ̄0 ̄)/ オォー!!

意外な技を見せるなぁ、ケイン。

そして場外で実況席にチョークスラムに行こうとするところを、MVPが逆にケインの顔をたたきつける。

その後イス攻撃を見せて反則負け。

リングにケインを上げて、リング下で何かをさがしてるMVPが手に取ったのは何とガソリン。

何でそんなんがリング下にあんねんっ!と、とりあえず突っ込みを。\(--;)オイオイ!

そしてガソリンをかけようとした時、ムクッと起き上がるケイン。

ブートを喰らって逃げるMVP。

相変わらず、MVPはやられっぷりが見事。

特に技らしい技も見せてないし、目を引くような派手な動きはないねんけど、どことなく上手い。

いじめられっ子というか、イジられ芸人に通じるにおいがある。

バックステージではセオドアにいじめられ、リング上ではケインにいじめられてる。( ・∀・)アヒャ

 

 

メインはケイン・ベノワ・ブッカー・ミズ・フィンレー・MVPのオーバーザトップロープチャレンジ。

最初はこん棒で殴られたケインがフィンレーに落とされ脱落。

その後しばらく5人の時間が続くも、ミズがフィンレーに落とされる。

次の瞬間場内が暗転し、またもやテイカー登場。(゜▽゜;) オドロキー

フィンレー、ブッカー、MVPにチョークスラム。

ベノワにはスネークアイズからのブート。

そして再びフィンレーにツームストーンパイルドライバー。

最後に残ったミズにはチョークスラムからラストライドを決める。

 

 

いや~、ロイヤルランブル前のスマックダウン面白かったわ。""ハ( ̄◇ ̄*)パチパチ♪

オーバーザトップロープチャレンジもECWとは違ってサプライズありで満足。

ケインがあっさり落とされたな~、と思ってたらテイカーが入ってくるからだったのね。

今週前まではロイヤルランブルの勝者はオートンと予想してたけど、今週のRAWとスマックダウンを見るとHBKとアンダーテイカーというベテラン2人も可能性が高くなってきた。

そう思わせてエッジというチョイスもアリ。(   ̄▽ ̄)





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...