ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

本日の戸澤~3.28 205Live~

先日のロウには出場しませんでしたが、戸澤は本日の205Liveに登場し、デビュー以来抗争を続けているブライアン・ケンドリックと対戦。






試合開始後すぐに戸澤はバイシクルキックでケンドリックを場外に落とすとトペ。
さらにリングに戻るとトップロープからセントーン!




その後もチョップ連発から、ミドルキック→グーパンチ。
しかしケンドリックもキャプテンズフックを決める。
戸澤はジャーマンに切り返そうとするが、ケンドリックは場外に逃げる。
戸澤は再度トペで追撃すると、前回205Liveのお返しとばかりに場外で防護壁に叩きつける。








しかしケンドリックのドロップ・トゥホールドで戸澤は花道の金具部分に顔面を痛打。





戸澤はカウント9でリングに戻るが、ケンドリックはストンピングからエプロン越しのブレーンバスター。
さらに腕をロックした変型キャプテンズフック。
戸澤はロープに逃げるが、ケンドリックは続けてバックドロップ。







コブラクラッチ式のキャプテンズフックで締めるケンドリック。







耐えた戸澤はカウンターのフランケンシュタイナーからシャイニングウィザードもカウント2。
戸澤は旋風脚空振りからケンドリックの背後に回りジャーマンを狙うが、ケンドリックはスライスブレッド#2に切り返す!
カウント2で戸澤キックアウト。







ならばとケンドリックは再度キャンプテンズフック!
戸澤はマウスピースを落とすがどうにかロープブレイク。






ケンドリックは戸澤をコーナーに上げると雪崩式のスライスブレッドを狙う。
耐えた戸澤は逆に雪崩式ジャーマン狙い。
このコーナー上の攻防が行われている間にケンドリックはコーナーの金具カバーを外す。








戸澤の雪崩式ジャーマンは耐えられてしまうが、戸澤はケンドリックの背中を蹴り飛ばすと串刺し式のバイシクルキックを狙う。
しかしケンドリックに直前で回避されてしまうと、戸澤は金具剥き出しのコーナーに顔を打ちつけてしまう。
すかさずケンドリックはスクールボーイに丸め込まれると3カウントが入ってしまう。










試合後、ケンドリックは
「これがレッスンナンバー9だ。
 全てを武器として使うことが出来る。」(ケンドリック)



戸澤がWWEにデビューしてから早2ケ月。
戸澤はここまでケンドリックとの抗争が続いていましたが、WWEは今週末にレッスルマニアが開催されます。
レッスルマニア明けからは新たなストーリーが展開される可能性が高いため、毎週行われていた戸澤とケンドリックの抗争は今後も続いていくのか、それともここで終わってしまうのか。
負けたままでは終わって欲しくないんですが、戸澤にはネヴィルが王者の間にクルーザー級王座に挑戦して欲しいんですよねー。
まぁネヴィルがレッスルマニアでエイリースから王座を守りきれるかというと、少し厳しそうな印象を受けますが(汗)









WWEでの戸澤関連記事:
「本日の戸澤~3.21 205Live~」
「本日の戸澤~3.20 ロウ~」
「本日の戸澤~3.14 205Live~」
「本日の戸澤~3.13 ロウ~」
「本日の戸澤~3.7 205Live~」
「本日の戸澤~3.6 ロウ~」
「戸澤がファストレーンキックオフショーに登場」
「戸澤に英語の必要性を説くケンドリック」
「戸澤に対するケンドリックのレッスン・ナンバースリー」
「戸澤に対するケンドリックのレッスンはまだ終わらない」
「戸澤に対してケンドリックが意思表示」
「戸澤はケンドリックの弟子入りを拒否」
「戸澤ロウ2戦目」
「戸澤RAWデビュー!」
「戸澤が遂に205Liveデビュー!」






ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...