ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

名勝負数え歌?WWEタッグ王座戦~ECW #83 ~

ハンドボール女子負けちゃいましたな~。
とにかく韓国強いわぁ。

ま、とにかく明日の男子に頑張ってもらうとして、女子は最終予選で勝ち残ってください。
って知らなかったけど最終予選がさらにあるんだな。

ヤン&ムーア対ミズ&モリソンの15分間の名誉WWEタッグ王座戦
ルールとしては15分で数多くのフォールを奪ったチームの勝ち。
前哨戦で素晴らしい試合を見せてくれただけに、好勝負が展開されそうな予感がビンビン。
試合は一本目から激しい攻防を見せ、ヤンがモリソン相手にラッシュを仕掛け、ニールキックからフォールに入るがレフェリーはミズをチェックしていたためカウントされない。
それに気がついたヤンはミズをエプロンからリング下に落とすが、その隙にスクールボーイでモリソンが丸め込んでピン。
CMが明けるとヤンが王者コーナーサイドに捕まってしまうが、ミズを蹴り落とすとモリソンにムーンサルトを決めてヤンが勝利。
これで1-1のイーブンに持ち込んだヤン&ムーア。
3本目はヤンの左ひざに焦点を絞って攻撃を仕掛ける王者組。
ヤンは何とかムーアに交代すると、ムーアはミズを場外に落とすとすかさずトペ・コンヒーロ。
ヤンはモリソンに対してコーナーチップからのプランチャ。
残り1分を切り、ムーアはウィスパーインザウィンドのような技でミズを追い込むが、ミズもカウント2で返す。
こういう時、ムーアに決め技がないのがツライところ。
その後ムーアはヤンに交代し、合体技のネックブリーカーや、ヤンのニールキックで攻め込むが、モリソンがミズの足をロープにかけさせたりと簡単に3カウントは取らせない。
残り10秒を切り、ヤンはミズにムーンサルトを決めるが、着地の際にヒザを打ってしまったためカバーに行くのが遅れてしまい時間切れドロー。
結果1-1のイーブンの為、王座は移動せず・・・。
パンクの試合を削ってでも、サドンデスで延長戦してほしいな。
でも試合としては予想通り面白かった。
特にミズとモリソンのタッグがここまで好チームになるとは思わんかったもんな。
マット&MVPから王座を取ったときには、何でこのタッグが?と思ったけど、今となってはケイド&マードックよりかは確実にいいタッグなんだなぁ。


ここ数週間出続けてるジョバーのデラニー登場。
デラニー対ヘンリー
試合はヘンリーがワールドストロンゲストスラムで圧勝。


RAWディーバサーチでベスト3くらいで負けたレナがリングに登場。
そういや、ディーバといえばそろそろレッスルマニア直前ということで、プレイボーイ・カバーガールのシーズン。
WWEモバイルで見た気がしたけど、今年はマリアだったっけ?
来年くらいはケリーが脱ぎそうな予感もするわぁ。
そしてケリーとレイラのダンス対決。
レイラは結構本格的なダンスを見せるけど、ケリーはセクシーダンスで対抗。 
ってケリー勝利は目に見えてんだけど、いきなり司会者のレナが飛び入り参加。
かなりブーイングを浴びてたけど、勝者はレナということに。
う~ん、よく分からん。


パンク対チャボ
チャボが勝てばパンクの王座への挑戦権を獲得。
試合は、終盤にチャボがスリーアミーゴスを仕掛けるが、2回目でかわしたパンクがgo2sleepの体勢に入る。
しかしそれを防いだチャボはディレーラーを決めるが、パンクはカウント2で返す。
その後チャボはコーナーのターンバックルを外し、そっちにレフェリーの目がいってる隙にベルトをリングに持ち込むが、これもレフェリーに見つかり反則負け。
さらに試合後、go2sleepを決められるチャボ。
踏まれたり蹴られたりやな。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...