ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ロウ #752

ブッカーTがIGFへ参戦決定~!!!!
詳細はスポナビ参照。
しかしIGFでは誰と試合をするかな?
TNA参戦がウワサされてるだけに、どうせならカート君やAJ、ロウキー以外と試合してほしい。
日米塩対決ということで小川なんかはどうだ?

今日のもっちーのブログの表現が何かヘン。
----------------------------------------------------------------
新神戸まで送るぜYO!
車は市川のを勝手に使ってるぜYO!
 
----------------------------------------------------------------
より、送るYO!とか使ってるYO!のがしっくりとは思う。
これだとRGになってしまうか。
もっちーだけに、あえてヘンにしてるんやろなと思うけど。
コレがキッドなら話は別。
まあかなりどうでもいいことですが。。。


今日のRAWはケネディから。
サイバーサンデーでのWWE王座戦に関して、ジェフとHBKをけなしてる。
ジェフはヒラリーだ、HBKはジュリアーニだ、そしてオレはケネディだって良く分からんけど。
そこへジェフが観客席から登場。
ジェフとケネディで言い争いしてるけど、結果は誰の目にも見えてるもんなぁ。
あまり面白さに欠けるスキットのまま、ジェフとケネディがやりあう。
そこに登場してきたのはオートン。
オートンはケネデイと結託してジェフに対し、頭部への蹴りを狙うが乱入してきたHBKがそれをカット。
そしてHBKはオートンと、ケネディはジェフとやりあいながら終了。
ケネディとジェフは、サイバーサンデー後にIC王座を争うようになればいいかな。
とにかく現段階では、完全にHBKとオートンに注目を持ってかれてるし。


ロンドン&ケンドリック&ミッキー対ケイド&マードック&メリーナ
試合はケイドが豪快なクロスラインをマードックに誤爆。
そしてロンドンがその場飛びシューティングスターでマードックからピン。
しかし、ハイランダーズが乱入してくるのを待ってたのに、結局何もなく終わってしまった。
先週までのハイランダーズプッシュはこれで終了?


バックステージでコーディと世界最強タッグのスキット
"コーディ、今日はオマエにいい知らせと悪い知らせがある。"(ベ)
"いい知らせは今日の相手はホーリーじゃねぇ。"(ベ)
"悪い知らせは今日の相手はこのオレだ。"(ベ)
"いいか、お前とホーリーは違う。"(コ)
"一つはホーリーは金髪だがバカにみえねぇ。"(コ)
"そして2つ目はオレはホーリーを尊敬してる。"(コ)
"オレがリング上で痛い目にあわせてやる。もし負けたら金髪にしやがれ。"(ベ)
"そうすれば貧相で才能のないローデスの完成だ。"(ベ)
まだハース残ってたんだ!ホッ(-。-;)


コーディ対ベンジャミン
試合はベンジャミンの丸め込みをさらに丸め込み返したコーディの勝ち。
試合後にハースとベンジャミンに攻撃されてるところにハードコアが救出に駆けつける。


DH・スミス対カリート
デイビーボーイスミスの息子のRAWデビュー戦。
オートンを筆頭にカリート、コーディとジュニア世代のプッシュが続きますな。
コーディよりかは体つきはプロレスラーっぽい。
でもタイツの前がイギリスのユニオンジャックで、後ろにカナダ国旗付いてるけど何人なんだ?
試合ではキレイなノーザンライトを出したりお客さんの沸きもいい、デビュー戦にしては上々の出来。
と思ってたら、最後はカリートをアバラッシュホールドで何と3カウントを奪ってしまう。
ちょっと前まではケネディ=カリートだったのに、今ではケネディ>カリートになってしまったなぁ。


ウマガ対ホーンスワグル
ホーンスワグルはリング内には入らずに逃げる。
そして、入れ違いでHHHが登場しウマガと乱闘開始。
今日のウマガは髪の毛をコーンロウにせず下ろしたまんま。
HHHはHHHでピチピチのGパン(?)にTシャツ姿。
両方ともやる気ないやん。
準備体操の位置づけですな。
結局役立たずのレフェリーと裏方さんと共に乱闘を繰り広げて終了。


RAWディーバサーチ
残ったのはブルック・イブ・レナ。
そしてレナが脱落。
最終的に残った2人が自己アピール。


マレラ対シモンズ
試合はマレラの急所蹴りでシモンズの反則勝ち。


ベス対キャンディスの3本勝負女子王座戦
1本目はベスがネックハンギングボムであっさりと先取。
今日のベスの衣装は女戦士を表現してるのかは分からないけど、昔のミッキーを見てるようで見ようによってはエロい。
そんな事を思ってたら、キャンディスがコーナーに上った時に、ベスがロープを揺らしキャンディスが頭からリングへ落下。
意識が飛んだ様子で、とりあえずベスは中央まで引きずって3カウントを奪い王座防衛。
試合後にキャンディスは意識を戻してた所を見ると、最悪の事態は免れたと思うけど大丈夫かな。
ホントにキャンディスの技術の進歩はマリアと比べてスゴイとは思うけど、まだ試合を見てるのはちょっと怖いときあるもんな。
今日もウラカン・ラナをしてたけど、相手がビクトリアとかベス、ジリアン以外だとホントにヒヤヒヤするし。


HBK&ジェフ対オートン&ケネディ
試合はHBKが捕まる展開から、何とかジェフにタッチ。
ジェフはケネディ相手にラッシュを見せて、ウィスパー・イン・ザ・ウィンドからスワントーンでピン。
試合後ジェフに対してRKOの体勢に入るオートンだが、振り向いたところにHBKがスイートチンミュージック!




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...