ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ロウ #747

姉のタイ旅行みやげのミステリオTシャツ。
自分の喜ぶツボを心得てくれてる。
さすが姉。
071009T.jpg






アンフォーギブン明けのRAW。
まずはシナから。
どうやらラストマンスタンディング戦はノーマーシーになるらしい。
オートン、楽しみにしてるぜ的な事を言っているとコーチ登場。
"今夜オートン対シナをここナッシュビルで行う!"(コ)
"おいおい、それが罰になると思ってんのか?"(シ)
"話は最後まで聞くんだ。今夜オマエの父親と話をした。"(コ)
"オマエの王座を剥奪するのをやめてほしいと言っていた。そして何でもするとな。"(コ)
"今夜オートンと試合をするのは、オマエではなく、父親であるミスター・シナだ。"(コ)
というわけで、シナパパがRAWで試合?


ジェフ対ベンジャミン
試合はほとんどベンジャミン攻勢で進むも、最後はコーナーから落としたベンジャミンに向けてスワントーンを決めたジェフの勝利。


今年もRAWディーバサーチやるみたいね。
個人的にはあのアジア系の女の子に一票。


デバリ対ハクソーのフラッグマッチ
ルールはコーナーに設置された自国の旗を取った方の勝ち。
ってデバリはアメリカ人じゃなかったか?
試合はアメリカ国旗のコーナーからデバリを場外に落としたハクソーが勝利。


バックステージでシナとコーチ
"親父の試合を取り消しやがれ。"(シ)
"いいか、今日はオマエも私の選んだ相手と試合をする。"(コ)
"その試合でもし勝てば父親の試合は取り消してやろう。"(コ)


RAW名場面集はブッカー&ハリケーン対ネイチ&HHH
そういえばブッカーもWWEを辞めたとか。
薬問題なのか、それとも解雇か、自ら辞めたかは忘れたけど。
そしてネイチ。
最近見ないのは、単純に体調の問題であればいいねんけどな。
試合は乱入してきたHBKのスイートチンからハリケーンがネイチを押さえ込んで勝利。


リングにビンス登場。
"私はホーンスワグルを家族に温かく迎えるつもりだ。"(ビ)
ということでホーンスワグル登場。
"マクマホンの一員で幸せか?"(ビ)
"もし私が死んだら莫大なカネをオマエは手にする。"(ビ)
"しかし人生はカネが全てではない。愛情が大事なんだ。"(ビ)
"そして今夜は私が用意したものを見れば喜ぶはずだ。"(ビ)
"いいか?よく聞け。キサマを養子に出すことにした!"(ビ)
"紹介しよう。お前の新しい親だ。コスキー夫妻だ。"(ビ)
喜んで我が家へ迎えるよ。
父親にハグするはずが、父親のズボンを下ろし襲い掛かるホーンスワグル。
なんか字だけみると18禁だな。
"私の気持ちが分からんのか?キサマは我が家の恥だ。立ち去れ!"(ビ)
泣きながら退場するホーンスワグル。
そこへ登場してきたのはHHH。
"何しに来た?"(ビ)
"アンタも苦労したみたいだが、オレもアンタの部屋をデコレーションするのは大変だったんだぜ。"(H)
"私の心配より自分の心配をするんだな。お前は今から試合をするんだ。"(ビ)
一歩間違えれば人種差別とかにも繋がりかねんスキットだな。


HHH対ケイド&マードック
試合は一応ケイド&マードック優勢で進む。
途中でカリートが入場口に登場。
最後はHHHのスパインバスターでケイドからピン。
試合後、カリートも加わりHHHに集中攻撃。
なぜか登場してきたのはロンドン&ケンドリック。
ロンドンとケンドリックに追われてケイド&マードックは退散。
HHHは残されたカリートに対してもスパインバスター。
スパインバスターを2連発したのは、自分でも感触を掴もうとしてるように見えた。
今日のを見る限りスピードはまだ乗ってないけど、ケガ前の形に近づいてきたように思う。
ロンドン&ケンドリックとHHHのスリーショットは似合わんなぁと思ってたら、当然のようにHHHはロンドンとケンドリックに対してぺディグリー葬。


ミッキー&キャンディス対メリーナ&ジリアン
ミッキーが捕まった後、キャンディスに交代しラッシュ。
でもキャンディスのショルダースルーって受ける方が怖そう。
今日のメリーナもちょっと落ち方間違ったら危ないし。
最後はアンプリティアーでキャンディスがジリアンからピン。
試合後にキャンディスに迫るベス。
完全に王者のキャンディスの方がビビってるのが、ガチなのかストーリーなのか分からない分面白い。


シナ対マレラ
試合はシナが5ナックルシャッフルを決め、場外に逃げたマレラをリング内に入れてFUの体勢に入ったところでオートン登場。
オートンとマレラでシナを痛めつけ、手錠でシナをロープに結びつける。
試合自体はシナの反則勝ちだけど、コーチが言うには
"フォールかギブアップを取らないとダメだ。"
というわけでシナパパとオートンの試合が決定。


オートン対シナパパ
試合はオートンが全身にストンピングをしてる最中にコーディが登場してきてノーコンテスト。
オートンはコーディを鉄階段に叩き付けた後にシナパパに対してRKO。
その後シナはロープをコーナーごと外してリング内に入るが、オートンはいち早く退散。


今日のRAWは気分が悪くなるストーリーが続いたなぁ。
見所はHHHのスパインバスターくらいかな?




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...