ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #64

先週からNFLが開幕。
来月末からはNBAも開幕するし、忙しくなるけど、一番好きな季節に移っていく。
昨日はチャージャーズ対ペイトリオッツという超好カードを1Qだけ見た。
感想としては、とにかくペイトリオッツ強ぇ。
チャージャーズが相手でもブレイディは楽々オフェンスを展開してるし。


さてECWはモリソンから。
あまり要領の得ないマイクを続けてるけど、つまり
"オレはCMパンクに勝ったぞ。"
そして挑戦者を決めるフェイタル4wayをやりまっせってこと。
その4wayの出場者はブギーマン・ミズ・パンク・ダディV。
ここはあえてのダディVくらいでいいのでは?
パンク対モリソンも飽きてきたところやし、ダディVを挑戦者にしてタイトルマッチではモリソンのセコイ勝ち希望だな。


ソーン対スティービー
今やECWの裏黄金カード。
試合ではソーンがスティービーのノドを攻める。
ジョーイ曰く、スティービーってノドを移植してたんや。
ノドって移植できるものなんだ。
その後ソーンのスキをついてスティービーはスーパードロルから各種キックをソーンに見舞う。
ソーンもスティービーのブルドッグをトーチャーラックバックブリーカーで切り返し、最後はオリジナル・シンでピン。


マホーニー対バーク
バークをミズに変えて4wayに出したれよな~。
試合ではケリーに見とれたスキをつかれて攻撃されるマホーニー。
まあケリーも下げまんっぽいもんな。
前の彼氏はいつの間にか消えてしまったし。
終盤マホーニーはみちのくドライバーを決めるが、バークは足をロープに掛けてカウントを阻止。
最後はバークがスーパープレックスからのイライジャエクスプレスでピン。
試合後マホーニーを介抱するケリー。


パンク対ミズ対ブギーマン対ダディVの次期挑戦者決定フェイタル4way
この試合展開では当然最初は皆でダディV狙いなんだが、それをものともしないダディV。
場外戦でダディVが防護壁へ誤爆しちょっとお休み。
その間に攻勢を仕掛けるのはミズ。
しかしパンクもコーナーへのヒザから反撃を見せ、go2sleepでミズからピン。
あらら、あっさりと3カウント取っちゃったね。
あんまりフェイタル4wayの意味が無かったわな。
後半はずっとミズ対パンクのシングルだったし。
試合後にブギーマンを潰すダディV。
そういうのは試合中にしろ~。


というわけで、次期挑戦者は結局パンク。
スマックダウンも次期挑戦者がバティスタではなくレイになってんから、ECWも少しは変化が欲しかった。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...