ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #58

ナイトロの代理人?のプチ会見
"今夜のECWでナイトロとはお別れです。"
"なぜだ?"
"引退か?"
そんなに注目されてる存在とは思えないが。。。


パンク対バーク
試合はバークがパンクの腰攻めでペースを握る。
中々バークの腰攻めは多彩で面白い。
パンクも反撃を見せるが、バークが中々豪快なバックドロップから、ブリッジがきかなかったジャーマンと畳み掛けるが3カウントは奪えない。
最後は、前フリもなく突然のgo2sleepでパンクの勝利。
バークとパンクの試合は、今までそれなりの内容の試合を見せててんけど、今日に限ってはパンクがイマイチ。。。


ビッグ・ダディ・V対誰か
最後はロープに振った相手を抱えあげてのスラムでピン。
秒殺。


ミズを囲んでのエクストリーム・エクスポーゼ
昔スマックダウンで見たような光景だ。。
あのときはヌルヌルになった気がするが、今回は特に何もなく踊るだけ。
そんだけぇ~?


ドリーマー対ソーン
試合はドリーマーがトップロープから飛ぶ"エアードリーマー"を見せるが、最後は鉄柱誤爆からソーンがピン。
試合後にダークキスを見舞う。
ドリーマーは明らかにエクストリームルールの時と、通常ルールとで出来がかなり違う。


ナイトロの代理人がリングイン。
"ナイトロは改名しました。"
ということでプチキャラチェンジ。
MNMから毛皮のコートもなくなり、入場曲もチェンジ、名前はジョン・モリソン。
"オレは4ヶ月で歩き始め、8ヶ月で走った。"
"小学校では飛び級だ。入学から3年生だ。"
"高校では生徒会長だ。立候補してないのにな。"
"大学では34点差で負けてたチームを優勝へ導いた。"
"CMはなんの略だ?"
"Check Manか?Cookie Monsterか?どうでもいい。"
そこへパンク登場。
"その賢そうな名前の由来を教えてくれよ。"
とマイクを渡そうとしたところを殴打。


先週は面白かってんけどなぁ。
やっぱり原因はパンクとドリーマーだな。
第1試合はパンクのフィニッシュが唐突過ぎやったし通常ルールのドリーマーの試合はちょっと。。。



井上 尚登の"T.R.Y."
第19回横溝正史賞正賞受賞作で、時代は明治の日韓併合後、満州国独立を画策する激動の時代。
日本人の詐欺師がネクスト陸軍大臣をだますお話。
重くなりがちな時代背景ながら、ストーリー自体のテンポが良くてさくっと読めた1冊。

try.jpg




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...