ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #413

こんなブラザーはイヤだ。
礼儀正しい言葉遣いで取材に応えるブラザー。
まず取材の冒頭は"オイ、カス野郎!"から始まらないと。凸(`Д´メ)FUCK!
そのブラザーの総合挑戦への記事はコチラ(All About Japan)から。
まあ、ブラザーもエルドラドブログで書いてたけど、総合の方はインタビューも含めて真面目に行くみたい。
でも、このAll Aboutの記事を読んでてもなんかブラザーとは思えない。。。


さて今週のスマックダウン。
まずはセオドアから。
"先週WWE王者のエッジがケガをした。"(セ)
"主治医の見解によると今後30日は試合ができないそうだ。"(セ)
"WWE規約に基づいて、エッジに王座を返上してもらう。"(セ)
先週のどこでケガをする原因があったんだ???
"骨にまで達する傷を胸部に負った。手術が必要で、復帰に4ヶ月かかる。"(エ)
"ケインは世界ヘビー級王者を見る楽しみをファンから奪った。"(エ)
"でもオレは裏切らない。オレをたたえるビデオを作ってきた。"(エ)
というわけで、トリビュートビデオが流れる。
そして再びセオドア。
"エッジの代わりに20人参加のバトルロイヤルを開催する。その勝者を世界ヘビー級王者に認定する。"(セ)
"だから早くベルト返せ。"(セ)
"イヤだ。何でそんなに急ぐんだよ。オレは全てを捧げてきたんだぞ。"(エ)
"コレはエッジ、キミのためでもあるんだ。"(セ)
"オレはシナを倒した。テイカーも倒した。そしてバティスタもだ。復帰したら4度目の世界ヘビー級王者になってやる。"(エ)
あれ?普通に返上しちゃったということはガチのケガか?
いや、コレもエッジお得意のブラフだ。
そうに決まってる。
そう言ってくれ、エッジ。


トリー対ビクトリア
先週と同じカードやな。
何度も言うように、せめてビクトリアとミシェルの試合にしてくれ~。
試合はビクトリアがウィドーズピークで勝利。


20人参加のバトルロイヤル
ルールはオーバーザトップロープ。
メインどころで言うと、バティスタ・ケイン・ヘンリー・MVP・フィンレー・マット・カリくらいか。
他に目に付いたのは、マスターズ、チャボ、ヤン、フナキ、ユージン、メジャー兄弟、デュース&ドミノ、ケニー、シャノン。
まずはメジャー兄弟がヘンリーに投げられ脱落。
続いてシャノン、フナキがカリに落とされ脱落。
お、CM明けにカリとヘンリーのマッチアップ。
かと思いきやケインが横から不意打ち。
そして皆でヘンリーを落とす。
ちょっとはカリとやりあって欲しかったかな。
バティスタがデュース&ドミノを排除。
ケインとバティスタがノーブルとユージンを排除。
ここまで通してマットとMVPは最初からずっとやりあってるよな。
他のスパスタとは全くからまずに、自分達の世界を作ってる。
CM終わったらケニーが脱落。
MVPがコーナーへのブート失敗後マットに落とされ脱落。
ヤンとチャボがマスターズを落とす。
そしてヤンがチャボを落とす。
この時点で、ケイン、ヤン、カリ、フィンレー、マット、バティスタの6人が残ってる。
ホーンスワグルがエプロンから足を引っ張りヤンが脱落。
マットがカリのキック1発で脱落。
リング上にはカリ、ケイン、バティスタ。
そしてフィンレーがこん棒でカリを殴打。
ケインがフィンレーをチョークスラムで抱えあげたところにバティスタのスピアー。
そしてバティスタがフィンレーを場外へ。
え~!p(`ε´q)ブーブー p(`ε´q)ブーブー p(`ε´q)ブーブー
唯一残ってた希望の星やったのに。。。
残ったのは大味な3人。
バティスタとケインがロープ際でもみ合ってるところを、2人まとめてカリが排除。
ということで、新王者はカリ。
一番やってはいけないレスラーにベルトを渡してしまった。。。


マット対ケニー
試合は中盤まではケニーが優勢に試合を進めるものの、後半マットも反撃を見せ、セカンドロープからのエルボーから、最後は雪崩式のツイストオブフェイトでピン。
バッシュではMVP対マットだけど、MVP防衛かなぁ。
特に理由はないですけど。


バティスタ対ケインの次期挑戦者決定戦
どちらが挑戦者になっても、バッシュでの好試合は期待できへんな。
バティスタ対カリがある意味面白そうやったんは、タイトルマッチとは関係ないからであって、単純にバティスタがスパインバスターを決めてくれればそれで満足やったのに。
レッスルマニアではケイン対カリもしてしまってるし、そこでカリにボディスラムも決めてしまったしな。
となると盛り上がる可能性があるのは、幻のバンジャービ・プリズンマッチしかないな。
試合は、バティスタがスパインバスターを出せば、ケインはチョークスラムを決める。
その後場外戦を経て、バティスタがコーナートップからのショルダーを決めて、フォールに入ったところでカリ乱入。
試合はノーコンテストに。
そしてセオドア。
"グレート・アメリカン・バッシュでは3つ巴のタイトルマッチをしてもらう。"



今週のスマックダウンはまさに波乱のスマックダウン。
番組終了するまで、どこかでエッジが登場する画を想像しててんけどな~。
なんかエッジって大事なところでケガをするイメージが強い。
しかも今回はWWE自体がドタバタしてるなかで、PPV直前のケガって。
マネーインザバンクを失ったケネディが泣いてるぞ。(T∇T )( T∇T)
というわけで、バッシュではカリ対ケイン対バティスタのタイトルマッチ。
う~ん、厳しいなぁ。
せめてフィンレーを加えた4wayなら面白いと思うねんけどな。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...