ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #407

ベノワに関してネットで調べても悪いニュースばっかり入ってくる。。。
もしかしたら追悼版のRAWは日本では放送されないとかいう噂もあるし。。。
それだけはなんとか放送してほしいけど、エディの時みたいにはいかないかも。
あのときはJスポーツが現地のRAWとスマックダウンを字幕なしで放送したもんね。
しかし、前の記事を見返すと、我ながら支離滅裂な文章になってんな~。
修正を加えようと思うけど、それだけ動揺してたときに書いた文章ということでそのまま置いとくことにするけど。
でも、カートにエディにベノワにジェリコ。。。
みんないなくなってしまってんなぁ。

今日のスマックダウン。
まずはカッティングエッジから。
今夜のゲストはビンス。
"アンタ、どうしたんだ?"(エ)
"災い・・・。オマエが災いだ。"(ビ)
"・・・次の月曜はマクマホン感謝祭だろ。オレはシナやフレアーやラシュリーとは違う。"(エ)
"アンタはまだ偉大な指導者だ。"(エ)
"キサマはまだまだ格下だ。"(ビ)
"ヴェンジャンスではそれを賭けてバティスタと戦え。"(ビ)
"それは不公平だ。アイツには2回も勝ってるし。"(エ)
"人生とは不公平なものだ!"(ビ)
ヴェンジャンスでの試合を決めてしまったらドラフトでバティスタとエッジは動かないと言ってしまってるようなものなのでは?


ブギーマン対マークヘンリー
ワールドストロンゲストスラムでヘンリーが秒殺。
ついでにリトルにもベアハグからのワールドストロンゲストスラム。
ブギーマンのジョバー役というのはもしかしたら初めて?


チャボ&デバリ&ノーブル対ジミーヤン&ロンドン&ケンドリック
試合はヤンが捕まる展開から、ケンドリックに交代。
ケンドリックのラッシュのあと、乱入してきたデバリとノーブルを場外に落とし、ヤンがロンドンを踏み台にしてプランチャ。
最後はチャボをロンドンのパワーボムとケンドリックのスライスブレッドをツープラトンで決めて勝利。
やっぱりケンドリックのラッシュの時は試合が面白い。


エッジ対ベノワ
ベノワの最後のスマックダウンでの勇姿。。。
試合自体は長いじっくりとした試合で、ベノワは終盤にスリーアミーゴスからジャーマン3連発。
そして首を掻っ切るポーズからダイビングヘッドバッドとフルコースを決めるが、エッジも2カウントで返す。
その後エッジのスピアーをドロップトーホールドでかわしたベノワはそのままクロスフェイス。
エッジは何とかロープに逃げてからスピアーで3カウント。
結局試合の殆どはベノワの攻勢で進んでたし、なんせ冷静には見れてないと思うけど、普通にいい試合。


バックステージでジリアンを追いかけるアシュリー。
ビンスにコーヒーをかけただけで無期謹慎処分に。
厳しいなぁ。


マット対デュース&ドミノ
当然ながら試合はマット劣勢。
マットも何とか反撃を開始してドミノにツイストオブフェイトを決めるが、その直後にデュースに顔面蹴りを決められてピン。
普通ハンディキャップマッチとなると退屈な試合になりがちやねんけど、一人の方がマットだし、デュースを場外に出して、ツイストオブフェイトを決めたときはマットが勝つかと思ったもんね。
さすがここ数ヶ月のマットは輝きが違う。


バティスタ対MVP
試合は終盤にバティスタがMVPにスパインバスター。
ロープぶるぶるをやってから振り返るとエッジがリング内に。
バティスタはエッジにスピアーを決めて、バティスタボムに行こうとするところを逃げるエッジ。


まあ来週にはドラフトがあるとはいえ、エッジとバティスタがスマックダウンに残るのは決定みたいなので、この結末もアリかな。
フィンレーが出てこなかったけど、今週はブギーマンとラシュリー以外の試合は、それぞれ平均以上の試合をソツなくこなしたような印象。
ドラフト後にスマックダウンのメンバーがどう変わるかは楽しみではあるけど、それにしてもベノワ。。。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...