ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

追悼 クリス・ベノワ・・・

ベノワのニュースから一夜明けてもまだショックが残ってる。
とりあえずニュースの詳細とか各レスラーのコメントは大手ブログさんやスポナビ等で確認して下さい。
このブログまでたどり着ける人はそんな詳細を既に知ってる人やと思うんで、その辺りは書きません。


まだ確定しているわけではないけれど、あのベノワが家族を殺して、自殺したということは信じたくない。
というかベノワに限っては信じられない。


昨日はECWをうわの空で見て、その後ハードノックスを引っ張り出して見直した。
WWEに移籍した後だけでも、RAWでのカートとの金網戦、2003年ロイヤルランブルでのカート戦、2004年ロイヤルランブル、レッスルマニア20でのトリプルスレットと名勝負は数え上げればきりがない。
特に2003年ロイヤルランブルでのカート戦は、今まで見たWWE全て試合の中でもトップクラスで素晴らしい試合。
試合後に負けても観客の大歓声を受けて、胸を張るベノワの姿には感動を覚えた。
そしてレッスルマニアの中でもこれに勝るエンディングは今後訪れないと確信できるのがレッスルマニア20。
HHHをタップさせてベルトを奪取した後、エディと涙を流しながら抱き合う姿に感動しないWWEファンはいなかったと思う。
WrestleMania_XX.jpg






ベノワの試合はエンターテイメントな部分の多いWWEの中でも数少ない厳しさ・痛さ・上手さを感じることのできる試合でした。
対カートを筆頭に、最近でも対フィンレー、対リーガル、対MVPとファンを唸らせる試合を毎週のように見せてくれた。


しかしエディといい、なんでこんなに早く逝ってしまうのか。
もうジャーマンも首をかっ切るポーズもダイビングヘッドバッドもクロスフェイスもシャープシューターも見れない。
ベルトを片手で持ち高々と掲げる姿も見れない。


今はとにかく安らかに眠って下さいとしか言えない。


今日はスマックダウン。
おそらく昨日のECWと同様にうわの空で見てしまう事になると思うけど、ベノワの残りの試合は記憶に焼き付けます。


使い古された表現ではあるけど、
Why Chris,Why?
という言葉が一番しっくり来る。
なんでよ、ベノワ?
champion_wrestlemania.jpg








追記:
一部で言われているように、WWEからベノワの存在を消すことはしないでほしいわ。
企業としてのイメージも大切なのはよく分かるけど。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...