ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ロウ #722

さて今週末はとうとうレッスルマニアということで、気合を入れてRAW。
まずはコーチがラシュリー対ビンスのルールを話しているところにストンコ登場。
ストンコ、コーナーに上がっても中指立ててないね。
普通にグーでアピールしてる。
どうやらストンコの家にプレゼントが届いたらしい。
トランプのプレゼントかと思いきや、実はビンスが送ったもの。
そして、気を害したストンコに、実は自分がやったんだと平謝りのコーチ。
結局最後はスタナーでシメ。


メリーナ&ビクトリア&ジリアン対アシュリー&トリー&キャンディス
一応ヒール組対プレイボーイ組という構図。
キャンディスの衣装はプロレスをする衣装じゃないね。
そのキャンディスが捕まってから、なんとかアシュリーに交代。
アシュリーのラッシュは危なっかしくてヒヤヒヤ。
ジリアンとビクトリアだから受けれたけど、メリーナでは大丈夫かいな?
最後は前方回転エビ固めでアシュリーがジリアンからピン。
ていうかトリー働いてないよな。


CMパンク対ケニー
ECWのパンクがなんで?と思ったら地元シカゴ出身やからか。
さすが地元だけに大人気。
最後はgo2sleepでパンクの勝利。
でもJRもファイヤーマンズキャリーはないよな。
テキトーすぎ。


マネー・イン・ザ・バンク出場者全員参加のカッティングエッジ
さすがレッスルマニア直前だとブランドの区別は関係ないみたい。
全員にインタビューした後、エッジがパンクを突き飛ばした途端に乱闘開始。
マットがフィンレーを落とそうとしたのに、堂々と邪魔するパンク。
最後はハーディーズ&パンクがエッジを追いかけて終了。
エッジも試合してないけど、体調万全で臨んでほしいな~。


ラシュリー対ビンス
ケイドとマードック乱入するも、相手にならず。
続いてマスターズ登場。
マスターロックは無残に返される。
ナイトロ登場。
ランニングパワースラムで一蹴。
そしてウマガ登場。
ビンスのローブローからサモアンドロップを決める。
ラシュリーの巨体で、しかもちょっとタイミングずれてたように思うけど、軸もぶれずに決めるウマガがすごい。
そこでビンスがフォールに入り、2カウントで返してたにもかかわらずレフェリーは3カウントを取る。
そしてコーナーへのケツからサモアンスパイクを決め、ビンスが再度フォールして再び3カウント。


ケネディ&オートン対ハーディーズ
試合はジェフが捕まるも、ケネディにウィスパー・イン・ザ・ウィンド、オートンにミュールキックでマットに交代。
マットのラッシュで、ハーディーズがオートンにポエトリー・イン・モーション。
しかし、ケネディにはかわされて、最後はマットがオートンのRKOに沈む。
この4人の試合なんだから、もうちょっと時間長くやってもらっても良かったと思うけど、祭典前だから疲れを残さないようにあっさり目にフィニッシュ。
でも相変わらずマットのラッシュはイイわ~!


殿堂入り紹介。
JRやん。
今年はキングとダブルで受賞ということか。


グレート・カリ対ネイチ
カリート乱入で試合終了。
カリートをネックハンギングボムした後に、ケイン登場。
チェーンを恐れてカリ退散。


HBKバックステージでシナ戦への意気込みを語ってるけど、日焼けしすぎ?
顔の色おかしい。


シナ&HBK対バティスタ&テイカー
試合は基本的にテイカー組が優位にすすめる。
終盤にテイカーがHBKにブート、バティスタがシナにスパインバスターを決める。
テイカーはHBKをリフトアップ、バティスタのいつものロープを揺するパフォーマンスからシナにバティスタボムの体勢に入るが、バティスタにテイカーがHBKを投げつける。
そしてテイカーはリングを去り、取り残されたバティスタに対してシナとHBKがダブルの5ナックルシャッフルを決める。
しかし、そこでHBKがシナにスイートチンミュージック!
バティスタがシナに這いより、覆いかぶさる形で3カウント。
試合後に、HBKはシナに向かって"You can't see me"からDXポーズ。


いや~、メインは面白かった。
途中までは試合の主役がスマックダウンの2人だったから、RAW組影薄いな~と思ってたけど、最後にHBKが見せてくれたし。
シナの反撃はレッスルマニアへ持ち越しか、それともスマックダウンに出てくるか?
さて続いてECWの為、一旦アップ。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...