ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

最高のカス野郎~全日本プロレス 2.15 京都大会~

昨日は立見席が売り切れるほどのお客さんが入った全日本プロレス京都大会。
その理由は”brother”YASSHIのラストマッチだからこそ。
P2140678.jpg













第1試合前のF4タイムに突如VM乱入して、新外国人と稔を含めてのメンバー紹介。
ちょっとメインまではざっと流します。

第1試合
泉州力&渕対西村&荒谷
普段通りの荒谷&渕ワールド。
最後は首固めで渕さんが荒谷からピン。


第2試合
ヘイト対土方
試合はTARUさんとブラザー乱入でノーコンテスト。
試合後歳三マスクを取り出すTARUさん。


第3試合
稔&ランス・ホイト&マイク・フェース対カズ&征矢&真田
VMの新外国人は動きがいい。
これは結構掘り出し物だったのでは?
試合はカズと稔のハイレベルなやり合いから、最後はファイヤーボールスプラッシュで稔がなんとカズからピン。
カズ対稔も名勝負になるに違いない。


第4試合
鈴木みのる&NOWASA&MAZADA対小島&大和&KAI
GURENTAIに攻め込まれるF4の若手2人ながら、最後はコジのラリアットからKAIのスプラッシュプランチャで論外からピン。


第5試合
高山&ケア対武藤&浜
やっぱり体がでかいってそれだけで魅力だよね。
浜が高山をショルダータックルで吹っ飛ばすシーンは迫力あった。
善戦を見せた浜だが、最後は高山がランニング・ニーリフトで浜からピン。


メインイベント
ブラザー&TARU対近藤&諏訪魔
試合開始後ブラザーは近ちゃんとチョップの撃ち合い。
倒れるブラザーに対して、TARUさんの「悔いは残さへんのやろ!!」というゲキが飛ぶ。
10分過ぎまでブラザーはTARUさんに代わることなくスワコンの攻撃を受け続ける。
そしてダブル攻撃をかわすと2人に対して玉砕!
TARUさんに交代するものの、すぐに出てきたブラザーは場外の近ちゃんに対してトペスイシーダ。
しかしその後もスワコンの技を受け続けるブラザー。
諏訪魔のダブルチョップを何発も胸に受け、近ちゃんにはランサルセを喰らいながらも立ち上がる。
満員のヤッシーコールの中、最後は近ちゃんが惜別のキングコングラリアットでブラザーから3カウント。
P2140544.jpg













P2140566.jpg













P2140580.jpg














試合後、涙を見せる近ちゃんに対し握手の後抱き合うブラザー。
P2140617.jpg













P2140624.jpg














諏訪魔、TARUさんとも握手をかわした後マイクを握る。
「今日で最後やね。
 全日本にもものすごい思い出があるけど、普通の団体じゃできへんような人達と試合させてくれたな。
 長州とも試合したし、越中ともしたし、馳さんとも試合したねえ。
 だけど、ここの社長とはまだシングルやってへんもんなあ。
 戻ってきたときにでもチャンスがあったら試合したいねえ。」(ブラザー)

そして武藤社長登場。
いつの間にかリング上には京平までスタンバイしてる。

緊急特別試合
ブラザー対武藤
「オレは死ぬまでブードゥ・マーダーズや!」(ブラザー)

と言って武藤に襲いかかるブラザー。
武藤にはナイスジャマイカや、普段は決まることのないフライングビッグヘッド、さらにプロレスLOVEポーズからのシャイニングウィザードを決めていく。
しかし最後は武藤のシャイニングウィザードで沈む。
P2140630.jpg














試合後のTARUさん
「全日本プロレスも粋なはからいしてくれるやないか!」(TARU)

そして最後にブラザーがシメ。
「俺、この業界入ってホンマ良かったわ。
 第2の人生でも辻本恭史は邁進します!」(ブラザー)

P2140666.jpg














試合後の武藤社長のコメント。
「いい意味、悪い意味もあって全日本に貢献してるんだけど、
 本当はそういう餞別って金なりなんなりあげたいところだけど、
 マイナス部分も多くてよ、アイツ。
 お客に水かけたとか、体育館壊したとかよ。
 後は皆も知ってるところで、元首相に暴言吐いてプラマイゼロにしちまってよ。
 まあ、今日はシャイニング一発で餞別という。」(武藤)

そういえば試合中は気付かなかったけど、武藤のヒザサポに「餞別」って書いてあったんだってね。
最後はそのヒザから繰り出される技で見送った形になるんだなぁ。


いやぁいい興行だった。
やっぱりブラザーってこれだけのファンに愛される選手なんだよなぁ。
体も大きくなく、筋肉ムキムキな訳でも無く、達者なのは口先だけだけと思いきや、一番の見せ場はあの受けっぷり。
マイクでお客さんをヒートさせて、自らやられまくって、最後は「今日はこのくらいで勘弁しといたるわ。」のフルコースは鉄板。
闘龍門時代は正直ホントにムカついたこともあったし、第1回Rey de Parejasでもクネスカを倒して優勝って・・・と思ったよ。
そしてだけど泣かず飛ばずだったジェッさんがブレイクしたのも、ブラザーのジェットコールがあってこそ。
あの「ジェット!ジェット!ジェット!ウ~、ジェット!」は最高だったなぁ。
第2の人生で何をするのかは知らないけど、そっちで成功したら又プロレスに帰って来てほしいよ。
試合はしなくても何らかの形でね。

↓ちょっと分かりにくいけど、メインの選手紹介時に紙テの中○ん毛を近ちゃんに吹きかけるブラザー。
最後までブラザーヤッシーはブラザーヤッシーで。
P2140532.jpg

















ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...