ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #38

明日は休みだー!
やっぱり週の中に一日休みがあると、気分がかなり違う。
気分がいつもの火曜の夜とは違うということで何しよっかな?
というわけで今からオートンとエッジの曲で着うたを作るとしよう。
"You think you know me…"と"Hey!"から始まるから着うたでもハマルと思うねんけど、さてどうなる?

ECWにいきなりケネディ登場。
マネー・イン・ザ・バンク予選でケネディ対サブゥー
これは個人的にサブゥー勝利を希望やわ。
でも、おそらくケネディやろーな。
試合中盤にサブゥーがトペコンヒーロから場外でテーブルを持ち出し、ケネディをその上に寝かす。
どうやらこれはECWルールの試合のよう。
ECWでありながらECWルールの試合は珍しい。
イスからロープに飛び移って場外に飛ぼうとするけど、ケネディはテーブルから避難したため、ハンマースラッジの様な格好で落とす。
その後、ケネディはテーブルをリング内に持ち込む。
しかし片方の足が壊れてしまってるし、表面もはがれてきてる。。。
なんてモロいテーブルなんだ。(   ̄▽ ̄)
その半分壊れたテーブルにケネディを覆いかぶらせてから、トップロープからのレッグドロップを狙うサブゥー。
ケネディはそれをかわして自爆させてから、テーブルにDDTで3カウント。
ケネディが上手いのか、結構サブゥーとケネディ噛み合ってた。


ストライカー対マホーニー
マホーニーがコーナートップからのレッグドロップを決めた途端、スニツキー乱入。
マホーニーをダウンさせた後、ストライカーにもついでにブート。


RVD&ドリーマー対ソーン&コーヴァン
試合はドリーマーが捕まるが、RVDに代わりラッシュ。
RVDは開脚ムーンサルトからローリングサンダー、そしてファイブスターを狙うところにアリエル乱入。
ケツ丸出しでソーンにステッキを渡そうとするけど、そのケツにサンドマンが竹刀で一撃。
レフェリーがそっちに気を取られた隙に、バークがRVDの足を引っ張り股間をコーナーに強打。
最後はソーンのダークキスで3カウント。


CMパンク対スティービー
やった~!スティービーだ!
ECWでも、出てくるの久しぶりやん。
まあ最後はgo2sleepでパンクの勝ちだけど、秒殺ではなく結構試合できてたね。


エクストリーム・エクスポーゼのダンス。
珍しく最後までやらせてくれた。


メインイベントはラシュリー対ハードコアのECW王座戦@ケージマッチ
ビンスの職権で、5分以内にラシュリーが勝てなかったらハードコアが王者になる特別ルール。
ビンスも素晴らしい位に横暴。(0  ^~^)ノ
ということは5分で試合は終了ということに。
5分のためにわざわざケージマッチを組むのは、この設営の手間がもったいない気もするが。。。
まあこのまま終わることもないとは思うし、どっかでビンスも絡んでくるんだしそれを楽しみにしとくとしよう。
試合展開はやっぱり急ぐラシュリー。
コーナートップでの攻防中にビンスと共にウマガ登場。キタ━(゚∀゚)━!
でもケージマッチだからラシュリーには手出しできず。
でもイスをケージ内に投げ入れて、それを手にしたハードコアはラシュリーを殴るが3カウント取れない。
そして結局はラシュリーがイス攻撃の連打から、ランニングパワースラムで30秒くらい残して勝利。
ラシュリーのイス攻撃ってどうもいい音しないねんな。
ケージマッチをする必要性があるんかな~、と思いきや最後に今日一番の見せ場があった。
ケージ外で騒ぐウマガに向かって、ラシュリーがロープの反動を付けて金網に向かってボディアタックを決めると、金網が場外に倒れてウマガがその下敷きに。


今日は場外でのスキットはビンスが少しだけで、試合中心の内容。
試合時間が短いだけに感想は書きづらいけど、結構全体的に面白かったと思う。
ただ、結局レッスルマニアでのサブゥーは元祖と新種族組の試合に出るんかな。
せっかくやからマネー・イン・ザ・バンクで見たかったわぁ。
ジェフとサブゥーがハシゴ使ったらかなり見応えがあると思うねんけど。
マネー・イン・ザ・バンクの現段階での出場者はエッジ・パンク・ブッカー・ジェフ・ケネディで、残り枠は3人。
ロウからはオートン?ネイチ?スマックからはマット?ベノワ?MVP?ECWからは残ってるならテストか?
そういやテストは全然出てこなくなったのは、またもや解雇でもされたんかなぁ?




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...