ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ロウ #718

携帯をdocomoの最新型に変えてちょっと着うたを作ってみた。
グーグルで調べてみたら、結構簡単に出来た。
とりあえず、C-MAXのホーホケキョから始まる入場曲とかHHHのGame、ストーンコールドのGlass Shatters、エディのViva La Laza(エディ&チャボ時とルードバージョン)とか。
特にストーンコールドのはメール受信用には最適。( ̄ー ̄)ニヤリ
メールが届いたら"ガシャーン!"ってガラスの割れる音。
いいわ~、最高♪


さて今週は規則正しくWWE生活。(^―^)
やっぱり月曜日はマンデーナイトロウ。
いきなりの世界タッグ王座戦。
シナ&HBK登場。
いきなり豪華な幕開け。O(≧▽≦)O
と思いきやエッジとオートンがタイタントロンに現れて、シナとHBKの間を裂こうとする。
HBKが裏切ってきた古い映像紹介。
ジャネッティからディーゼル、Xパック、ブッカーT、そしてハルク。
懐かしい映像だらけやな~。
ジャネッティのは92年だから今から15年前。
鮮明に記憶にあるのは、HBK復帰後のブッカーT以降かな。


ジェフ対シェルトンのマネー・イン・ザ・バンク予選
両方ともラダーマッチこなすし、どちらかが負けるのが残念な試合ではある。
今日のリリアンはヒョウ柄やね。
大阪のおばちゃんとは違って、リリアンが着るとセクシーに見える。
ヒョウの顔がないからかなぁ?
まあ、そんなことはどうでもいいけどね。( ´∀`)ヶラヶラ
試合は、ウィスパーインザウィンドを出した後に、ジェフがコーナートップに登ると、JRが"ウィスパーインザウィンドが出るでしょうか?"って。
今したとこやで、JR。ヾ(°∇°*) オイオイ
コーナートップに居るジェフに向かって、トップロープに飛び乗ったシェルトンがベリートゥーベリー。
この辺はさすがのシェルトン。
と思わせておきながら、まさかのスワンダイブを失敗するシェルトン。( ̄- ̄=)あぁ…
そしてオロオロせずにフォールに入ったジェフはいいとしても、3カウントが入ってしまう。
レフェリーがはっきりと3回叩いたにもかかわらず、試合は続行。
最後は強引にツイストオブフェイトからスワントーンでジェフの勝ち。
シェルトン・・・。


ナイトロ対スペル・クレイジー
試合前にメリーナと口論したナイトロはピリピリムード。
試合開始前に奇襲をしかける。
場外でアトミックドロップの体勢から顔面を叩き付けたところで試合不可能。


メリーナ対マリア
マリアもヒョウ柄♪
髪の毛掴んで投げられるときに、タイミングが取れずに自分から飛んでたメリーナ。
でも思ったより長い時間試合してた。
メリーナも最初に比べたら、試合として見れるようになってきたかなぁ。
最後はメリーナがブロンコバスターを迎撃して、丸め込んでピン。


RAW名場面集はRVD対オートン
この枠にはジェリコ出せ~。(笑)
どうやらIC王座戦らしい。
まだエボリューション時代のオートンだけど、IC王者として君臨後、トップ王座クラスへステップアップしてきたのは、最近ではオートンくらいかなぁ。
試合はちょっとオートンの死んだフリが見れたけど、最後はトップロープのRVDをDDTで落としてオートンの勝利。


ビンス登場。
先週のスマックダウンでレイがウマガにやられたシーンを写す。
そこにトランプが映像で登場。
トランプの代理はECW王者ラシュリー。
うーん、レッスルマニアではECW王座戦は組まれずということか。
まあ、ECWのほかのレスラーとやるのより面白い試合になりそうやし、ビンスとトランプの代理試合やから試合の格としてはECW王座戦を組むより上かもね。
ビンスが大量の警備員を呼び込んだにもかかわらず、乱闘が発生する現場。(   ̄▽ ̄)
警備の意味をなしてませんけど?


マスターズ登場。
忘れたころにやってくるマスターロックチャレンジ。(笑)
しかし今日の相手はグレート・カリ。
マスターズが腕を回せないって嘆いてたら、そこにケインが登場。
カリを場外に落としたケインは、マスターズにイス攻撃。
ここまでされると、さすがにマスターズが哀れやね。p( ´∇` )q ガンバレー
少しだけ同情。。。


3人目の殿堂入りはキング。
結構エロ解説者のイメージしかないけど、現役時代はすごかったらしいもんね。
メンフィスのキングなんだし。


カリート対ケニー
そういえばケニーの試合をRAWで見んのは久しぶり。
気分はメインのタッグ王座戦だったために、ちょっと早送り。m(_ _)m
バッククラッカーでカリートの勝利。
試合後入場口にネイチが現れて、カリートを祝福。


改めて世界タッグ王者戦、シナ&HBK対オートン&エッジ
試合はHBKのスイートチンがシナに誤爆しそうになったところでCM。
CM明けからはHBKが捕まる展開。
オートンがスリーパーかけながら、フォールの体勢に持ち込むけど、そうしてしまうと苦しさが伝わらへんな。
もともとオートンのスリーパーは苦しそうに見えるし、かけるときの体勢も体重が乗ってる様に見えるのが好きやねんけど、フォールの体勢はいただけない。
HBKが代わってシナのラッシュ。
オートンに5ナックルシャッフルからFUにいこうとするところで、オートンの足がレフェリーに誤爆。
その後両軍入り乱れて、リング上はエッジとシナ。
エッジはシナにスピアーを仕掛けるが、シナはそれを持ち上げてFUの体勢に。
何とかエッジがかわして、オートンがベルトを持ち込む。
しかし、HBKにベルトを奪われて、HBKはエッジにベルト攻撃。
その後、ベルトをオートンに渡すHBK。
振り返るエッジはベルトを持ったオートンを目撃。
ちょっと"Lie,Cheat,Steal"っぽい。
エッジはやってられないと試合放棄。
残されたオートンはHBKのスイートチンからシナのFUで負け。


さすがのメンツが揃ったメインはレッスルマニアに向けて面白かった。
この中で試合が決まってないのはオートンか。
一応エッジはマネー・イン・ザ・バンク出場が決定してるけど、今週の終わり方だとエッジとオートンの抗争までには発展しないかな?
この2人仲間割れしそうでせえへんからな~。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...