ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

主役はシーサー~11.7 後楽園ホール~

試合結果はスポナビと週プロモバイルから。
鷹木の爆弾発言でタイフーンが内部分裂(スポナビ)
戸澤塾解散寸前!“オレ流”鷹木「享に勝ったらTyphoonを好きにさせてもらう」(angle JAPAN)
--------------------------------
11.7 後楽園ホール

Gamma&元気&○サイバー(サイバーボム)吉野&谷嵜&KZ×

○菊中詩郎(パワーボム)ストーカー市川×

○享&王子(夢限)YAMATO&神田×

なにわ式イリミネーションマッチ
もっちー&フジイ&岸和田&シーサー 対 
戸澤&岩佐&アラケン&忍
○シーサー(ヨシタニック)アラケン×
○シーサー(ヨシタニック)忍×
○シーサー(フェイス・ザ・マウンテン)岩佐×
×シーサー(ジャーマンスープレックスホールド)戸澤○
○フジイ(HIMEI)戸澤×
※入場順はもっちー→戸澤→フジイ→岩佐→岸和田→忍→シーサー→アラケン

○信悟&斎了&キッド(MADE IN JAPAN)土井&ハルク&円華×

--------------------------------

第1試合では、大阪でのツインゲートを控えたサイバーと谷やんが激しくやりあい、谷やんは試合後にもサイバーをバックステージまで追いかけていった様子。
ようやく谷やんに取扱注意っぽさが戻ってきたかな?


第2試合ではストーカー市川年内最終戦と銘打たれてたが、菊タロー扮する菊中詩郎との試合後11.16の大阪で越中とのシングルが組まれた。
さすがにビッグマッチで、いっちゃん対松山勘十郎というギャンブルはしないかぁ。
仮にやったとしたら、かなりの確率でグダグダになってしまいそうだしなぁ・・・。


セミファイナルで行われたなにわ式イリミネーションマッチでは、何とシーサーが3人抜き。
今日のシーサーはヨシタニックだけではなく、ミニミニで語られてたフェイス・ザ・マウンテンなる必殺技まで繰り出した。
しかも試合後のもっちー曰く
「今日(のシーサー)はキラーじゃねぇぞ。」
とのこと。
これはキラーモードのシーサーが降臨していれば、余裕で戸澤塾4人まとめて撃破していたに違いない。
結局シーサーはハンディではなく、ジョーカーだったってことですな。


また、メインでは"助っ人"円華を連れてきたWORLD-1がタイフーンに負け。
WORLD-1はこれで前回の後楽園に続いてタイフーンに連敗。
信悟の言葉にもあるように、
「WORLD-1、助っ人呼んでこのザマか。」
とつくづく思う。
WORLD-1は5月にユニット結成して以降、上昇気流に乗った記憶が一度もない。
土井吉でタッグリーグ優勝したけど、WORLD-1としての実績はゼロに近い。
「谷嵜も土井と組んでツインゲートか。取れなかったら解散しちまえ!!」
ここまでは理解できる信悟のマイク。

「トライアングルゲートを無所属が持ってる段階でユニットの存在意義がねえんだよ!
 大阪府立の結果いかんではタイフーンはオレの好き勝手にやらせてもらうぞ。
 解散するのもよしだよな!」

斎了はこの言葉に突っかかり、一人先に退場。

これはタイフーン分裂フラグ?
大阪の結果によっては、リョウスカ派と信悟派で真っ二つになりそう。
キッドは信悟派とすると、板ばさみになりそうなのは王子。
やっぱり王子はそういう役回りなんだな。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...