ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW#28

初仕事の1日。

非常に体がダルイ。

やっぱり10何連休の後の仕事は、やる気が起きへんわ。

 

まずはラシュリーのマイクから。

そういえばラシュリーが一人でリング上でマイクするのは始めてかなぁ。

スマックダウンにいた時も一人でしゃべってる記憶はないし、あまりマイクが上手という印象がない。。。

内容としてはビッグショーを呼び出してたけど、ビッグショーも引退したんやな~。

 

そして挑戦者を3人から選ぶらしい。

RVD・テスト・サブゥー。

客の反応からすると既にこの時点でRVDで決まり。

投票する必要はないように思う。

 

 

そういってる間に、デュプリーが登場してあっという間に試合開始。

やっぱりデュプリーの白パンツはブリーフみたいでやめたほうがいいと思う。

滞空式BBの時に、チラッと見えそうになってこっちがヒヤヒヤしてしまう。

試合自体はBBの後にドミネーターでピン。

 

 

第2試合はストライカー対ボールズ・マホーニー

 

ストライカーは必殺技ゴールデン・ルールを初披露??

どんな技かというと、ヒザを相手の頭にくっつけて、自らひっくり返る??

そんなに説得力のある技には見えないけど、ストライカーのキャラからいって説得力のある技だとマズイもんな。。。

 

 

間にディセンバー・トゥ・ディスメンバーで唯一評価を上げたテストが意気込み?を語る。

髪の毛切ったんだ。

エライ短くしたから、最初誰か分からなかったし。

実際にラシュリーの相手を考えて、テストとラシュリーのシングルは退屈そうで見るのが怖い。

とはいえ今回は流れからいっても、ラシュリーをプッシュするなら王座防衛以外は考えられないし、そんな時にRVDがかませ犬状態に納得するのか?

となると今回はテストでもいいのかな?

ていうかヒールはテストしかおらへんし。

 

 

次にハードコア対CMパンク。

なんか3分以内にタップさせないといけないらしい。

試合は上手くかみ合わない2人。

所々で変な間ができてしまうし、最終的にアナコンダバイスは3分までに決まらなかった。

この試合形式では3分までにアナコンダバイスをかけたけど、タップを取るのには時間が足りなかった、というようにしないといけなかったと思うんだけど。。。

 

 

メインイベントはRVD対サブゥー対テスト。

CM明けにいきなり"E・C・W"コールが聞こえる。

何があったんだ?

CMのタイミング間違えてるやん。

どうせ録画放送なんだから、その辺は考慮してほしい。

さらにコーナートップロープのRVDをテストが落としたら、観客はなぜか"Holy,Shit!"コール。

テレビの映ってないところで他に何かあったのかと思って、巻き戻してみても特に何もない。

そんなすごいシーンだったのか?アメリカ人?

試合はテストを2人で排除してからRVDがサブゥーにファイブスターしたところを、テストが横取りしてピン。

 

 

試合後にタズがリングに上がって、投票結果の発表。

結果はRVD45%、サブゥー37%、テスト18%で挑戦者はRVD。

アピールするRVDの後ろで拍手をするサブゥー。

そんなんでいいんかなぁ?

なんかサブゥーがジョバーになってしまっている姿が寂しい限りではある。

 

 

ECWもカートがいなくなり、次にポールEとビッグショー。

ECWの基礎を作っていくための人材のはずだった人達が次々にいなくなって、大丈夫なんかなぁ?





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...