ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ONSでの試合形式発表!~スマックダウン #457 ~

金曜は大阪府立で健介オフィスの興行を観戦予定。
大阪発進出ということで、中々豪華なカードを用意してきたね。
カードは健介オフィスのHPをどうぞ。
健介対丸藤もいいけど、やっぱり中嶋対KENTAでしょ。
バチバチのプロレスを久しぶりに見れそうで楽しみなんだな。


さて今日のスマックダウン。

ヴィッキーが出てきてスゴイブーイングの中、ワンナイトスタンドでのエッジとテイカーのTLC戦を発表。
もしテイカーが負けたらWWE追放だって。
まさかのTLC戦とはね・・・。
エッジの十八番やんけ。
テイカーにTLC戦が出来んのかなぁ。


デュース&ドミノ&マリース対ジェシー&フェスタス&チェリー
チェリーがフェスタス組に合流。
ちょっとバカキャラを2人引き連れたジェシーは大変だな・・・。
試合は混戦の中、マリースがキックでチェリーからピン。


VIPラウンジ
ゲストは元GMのセオドア。
MVPが、セオドアがGM時代というかなり昔のことについて因縁をつけているところにバティスタ登場。
バティスタはセオドアに一通りのお礼を言った後、MVPに因縁をつける。
"何しにきやがった?オマエは担架戦の心配でもしとけよ。このVIPラウンジでオレを侮辱するんじゃない。"(MVP)
"侮辱だと?こういうのを侮辱って言うんだよ。"(バティスタ)
と言ってVIPラウンジのセットを次々に破壊していくバティスタ。
完全に輩の行動ですね。
しかしバティスタがここに来たって事はワンナイトスタンド以降を見据えて?


フィンレー対パランボ
試合はホーンスワグルのグリーンミストからこん棒攻撃でフィンレーの勝ち。
でも、こういう試合をパランボが続けていけばUS王座クラスくらいにはなるのでは?


バティスタ対MVP
試合はMVPがバティスタのヒザと腕をじっくりと攻めていくものの、バティスタもカウンターのスピアーで反撃。
最後はMVPの急所蹴りを防いだバティスタがスパインバスターからのバティスタボムで勝利。
ただバティスタ後半バテてたよな。
MVPのペースとバティスタのペースが合わずに、お互いチグハグになってしまうところもあったし。


ナンジオ対コズロフ
リバースDDTでコズロフの勝ち。


マット&キングストン対バーク&ベンジャミン
試合はキングストンがジャマイカンバズソーキックでベンジャミンから勝利。
US王者マットが完全に脇役になって、ECWの3人中心で回ってたな。
MVPがUS王座から離れていきそうだから、次にUS戦線に絡んでくるのはフィンレー・パランボくらい?
どうせならECWのメンツも加えていけば面白そうなんだけどね。
ベンジャミン・モリソン・ミズなんかはUS王座を巻いてもいいとは思うけど。


テイカー対チャボ
エッジ&ライダー&ホーキンスは、テイカーに対してちょっかいを出したためレフェリーから退場を命じられる。
試合は当然ながらテイカー有利。
ニーリーの妨害やチャボの急所蹴りもありながら、最後はきっちりとツームストーンで勝利。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...