ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ナナナーナ♪グッバイリーガル~ロウ #782 ~

メイウェザー引退か~。
まあ、レッスルマニアに出てこなければおそらく知ることはなかったんだけど、レッスルマニアではビッグショー相手に思いっきり体張ってくれてたもんな。
既にキャラ立ってるような人だから、第2の人生も順調に行きそうな気がする。
イザとなればWWEに出てしまえば?

「情熱失った」メイウェザー引退発表(スポーツナビ)


さてジャッジメントデー明けのRAW。

ジェフ対ウマガ
試合は相変わらずウマガリードで進み、場外戦へ。
場外でジェフは防護壁を伝っての攻撃を仕掛けるが、ウマガはこれをキャッチして豪快なサイドウォークスラム。
そして両者共にカウントアウト。
ジェフのプッシュをしたいのかもしれないけど、この試合に関してはウマガの強さが際立った試合。


リーガル卿登場。
リーガルはワンナイトスタンドのウマガ対ジェフのどこでもフォール可の試合を決定。
そしてシナ対JBL、オートン対HHHの再戦も決定。
但し条件として、今夜のシナ&HHH対JBL&オートンにオートン組が勝つこと。
もしオートン組が負ければPPVではシナ対HHHとなるみたい。
その後ケネディ登場。
うわぁ、、、、なぜかスカパーの調子が悪くて映像が受信できてねぇ。。。
映像が戻ったら、なぜかビンスが出てきてるし。
なんだかんだで、ビンスが今夜のケネディ対リーガル卿・敗者はクビ試合を決定。
リーガル卿の謹慎処分は来週からということね。


ベス対マリア
実況席のゲストにはメリーナ。
最後は足極め羽根折り固め?でマリアがタップ。
試合後にメリーナはベスに対して襲い掛かるも返り討ち。
"向かっていったメリーナも立派です。"(JR)
背後からクツという凶器を使って襲い掛かったメリーナは立派とは言えんだろ・・・。


バティスタ対ジェリコの次回PPVでのHBKへの挑戦権争奪戦
試合前にはリーガルがHBKに対して、PPVでの試合形式を担架戦に決定。
まあ普通に考えたらバティスタなんだろうけど、3wayでの担架戦ってのは前代未聞じゃないかなぁ。
これはPPVでバティスタ対HBK対ジェリコにしてほしいね。
試合ではジェリコとバティスタが共にヒザを痛める仕草を見せる。
ジェリコはバティスタの左ヒザを攻めて、ウォールオブジェリコには行かずに敢えてハーフボストンクラブで左ヒザを攻める。
バティスタは何とかロープに逃げると、ジェリコのコーナーからの攻撃に対してカウンターのクロスライン。
その後、バティスタがスピアーを狙ったところをかわしたジェリコはコードブリーカーを仕掛けるが、受け止めたバティスタはそのままバティスタボムで叩きつけて勝利。
結局バティスタか~。
まあこの試合は面白かったからいいけどね。


GMルームでビンスとリーガル卿が話してるところに"ミリオンダラーマン"テッド・デビアス登場。
これでリーガルGMの後任が出来ましたね。


パイパーズピット
パイパーの格好をしたマレラが登場して、誰かを呼び込む。
その後はどうでもいいことだから却下。


ケネディ対リーガルの敗者クビマッチ
試合中にリーガルは自らの権限でノーDQにルールを変更。
リーガルは指金具で殴りかかるが、それをかわしたケネディが急所攻撃からのマイクチェックで勝利。
当然観客は"ナナナーナ、ナナナーナ、ヘイヘイヘイ、グッバイ♪"


JBL&オートン対シナ&HHH
試合では珍しくブーイングなしのシナコールまで起きてる。
HHHのラッシュでも普段は見せないフライングラリアットまで出してるな。
試合は、シナがSTF-UをJBLに決めたところにオートンとHHHがリング内に乱入。
オートンがHHHを狙ったサッカーボールキックをHHHがかわしたために、これがシナに決まってしまいJBLがシナから3カウント。
試合後に、HHHにクロスラインフロムヘルとRKOを決めるJBLとオートン。
そしてJBLはシナとの試合形式をファーストブラッドマッチに、オートンはHHHとの試合をラストマンスタンディングにそれぞれ決定。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...