ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

信悟&BUSHI組はSUPER Jr. TAG LEAGUE制覇ならず…~新日本プロレス 11.3 大阪・エディオンアリーナ~

本日はSUPER Jr. TAG LEAGUE優勝決定戦が行われた新日本プロレス大阪大会。
結果は、うーん…。









金丸&デスペ組、信悟&BUSHI組、SHO&YOH組の3チームによって争われたSUPER Jr. TAG LEAGUE優勝決定戦は第5試合で行われました。




試合前半は金丸&デスペが主導権を握り、LIJは試合に出る機会も限られてしまう。
中盤に入り、ようやく出番を手にした信悟はデスペとSHOに連続串刺しパンピング。







さらに金丸にはデスバレーボムをお見舞い。






LIJは金丸に合体式バッククラッカーからリベリオンで仕留めにいくもデスペがカット。









その後全選手が入り乱れる展開の中、信悟はSHOに熨斗紙→パンピングボンバーからラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に入る。












しかしYOHがトラースキックを叩き込みカット。







すると今度はロッポンギ3Kが3K!






このピンチは、金丸が場外からレフェリーを引きずり落としてカウントを妨害。
するとデスペがギターラ・デ・アンヘルからピンチェ・ロコの体勢に入る。








しかしBUSHIが毒霧でカットすると、最後はSHOがショックアローでデスペから勝利。
LIJは優勝ならず…。








試合後、ROPPONGI 3Kは金丸&デスペの持つIWGPジュニアタッグに挑戦表明。
おそらくイッテンヨンでのタイトルマッチになるでしょう。
そしてこの日の第2試合では石森がIWGPジュニア王者のKUSHIDAに襲いかかり、こちらもタイトルマッチがほぼ決定。
信悟、ここからどう動く?








ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...