ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

Re-Start~7.22 KOBEプロレスフェスティバル2018 兵庫・神戸ワールド記念ホール~

今年は新体制となって一発目の神戸ワールド記念ホール大会。
ここからドラゴンゲートはリスタート。



※速報記事を観戦記に書き換えています。





【ダークマッチ:シングルマッチ】
吉岡勇紀 vs 箕浦康太

箕浦は新しいコスチュームで登場。
試合は吉岡が逆エビ固めで勝利。







【第1試合:10人タッグマッチ】
Gamma&K-ness.&しゃちほこBOY&“brother”YASSHI&問題龍 vs U-T&石田凱士&シュン・スカイウォーカー&ワタナベヒョウ&吉岡勇紀

ベテラン組に対して若手組は溌剌とした動きで場内を沸かせる。
その中でも一際目立っていたのが上半身を晒す形のコスチュームに変えたシュン。
シュンはトップロープからのケブラーダやアシュラを決めると、最後はスカイウォーカームーンサルトでしゃちから勝利。


















シュンは新人組の中でもアタマ1つ抜けた存在になってます。
もっちーと組んでの全日本への参戦が楽しみ。





【第2試合:シングルマッチ】
斎藤了 vs “ハリウッド”ストーカー市川

序盤は八木さんも加わったいつものスト市ワールド。
しかし、場外に出たところで斎了がリングサイドに居た男性にいっちゃんをぶつける。
その男性が立ち上がるとなんとチェ・ホンマン!



いっちゃんはマイクを手に取り、チェホンマンに試合を申し込むとコーナーからホンマンに向けてダイブするが届かず。







ホンマンはいっちゃんにネックハンギングツリーを決めると、止めに入った斎了も押し倒す。
すると斎了は「あったま来た」と言い、いっちゃんと共にホンマンへ向かっていくが、ホンマンを目前にするとスイマセンでしたと謝罪。









その後は再びリングに戻った両者。
カンチョーの数珠つなぎで斎了からカンチョーを受けた八木さんのカウントが遅いと文句を言う両者。
最後は斎了がスクールボーイで丸め込むと、八木さんが高速3カウントを入れて斎了の勝利。











【第3試合:オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合】
《王者組》Kzy&横須賀ススム&堀口元気 vs 《挑戦者組》田中将斗&神田裕之&吉田隆司

ナチュラルヴァイブスは神戸ワールドでもダンス!








Kzyが挑戦者組から集中攻撃を受けてしまうが、田中将斗にランニングエルボースマッシュを叩き込んで交代することに成功。
最後は吉田からミスト受けてしまったKzyが神田のスクールボーイをカウント2で返すと、走り込んできた神田にスカイデ・スクールボーイを決めて3カウント。












Kzyがユニットリーダーとして臨んだ最初の神戸ワールドで、ナチュラルヴァイブスは無事にトライアングルゲート王座を防衛。
試合後、Kzyは元気とススムが退場した後で1人リングに残って四方に礼、そして入場口でも最後に残って会場に向けて礼している姿が印象的でした。
リーダーとしての感謝の意と責任感の表れですかね。
Kzyはこういうところがいいよね。




【第4試合:オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合】
《王者》ドラゴン・キッド vs 《挑戦者》Eita

Eitaはイスを持参しての入場。
対してキッドは新コス。





Eitaは場外戦で流れを掴むと、リングに戻ってからも水吐きからコーナー宙吊り状態にしたキッドに串刺しドロップキック。
さらに腕をねじり上げていく。




キッドもカウンターの619から反撃。
場外に向けてケブラーダを決めるが、Eitaはリング内で再度腕を極めていく。





試合後半に入り、キッドはウルトラ・ウラカン・ラナ!
綺麗に決まるがカウントは2!
ならばとドラゴン・ラナを仕掛けるが、Eitaは回避。








キッドがロープに走ったところで場外から神田がボックス攻撃。
すかさずEitaはイダルゴ!
キッドはカウント2で返す。
Eitaは続けて殺人トラースキックを叩き込むが、これもキッドはカウント2で返す。
ならばとEitaはキッドをコーナーに乗せると、再度殺人トラースキックからイス攻撃。
最後はサラマンダーで勝利!











試合後、Eitaはキッドのマスクを剥ぐと、顔を隠すために投げ込まれたタオルさえ剥ぎ取る暴挙に出る。
「見たか、神戸ワールド!
 オレが勝ったんだよ、オマエら見てただろ!
 チャンピオンはオレだ!
 ブレイブゲート新チャンピオンはEitaだ!
 キッドのチームは解散した。
 そして今日ブレイブゲートを奪ってマスクを奪ってやった。
 あんなヤツ価値なんてないんだよ。
 居ても居なくても一緒なんだよ!
 オマエらもそう思うよな!
 あんなヤツなんて今日で引退だ。
 それから今日のメインイベントは、鷹木信悟がヘボチャンピオンの吉野をぶっ潰すけどな、
 今日はオレ達アンチアスがハッピーエンドで締めくくってやるからな!
 楽しみにしとけ、バーカ!」(Eita)








【第5試合:インターナショナル・スペシャル6人タッグマッチ】
土井成樹&ジェイソン・リー&バンディード vs フラミータ&Kagetora&ヨースケ?サンタマリア

マリアが土井ちゃんの唇を奪ったところから試合は急に動き出す。
土井ちゃんが怒りのバカタレを決めると、ジェイソンやKagetoraもフィニッシュムーブを出し合う展開。
そんな中、脅威の攻防を見せたのがフラミータとバンディードのメキシカン2人。
バンディードが変形GTSを決めれば、フラミータはフラムフライでお返し。
これがカウント2で返されると、最後はフラミータがフェニックススプラッシュを決めてバンディードから勝利。
試合後、マリアは改めて土井ちゃんの唇を奪う。





















【第6試合:スペシャル6人タッグマッチ】
望月成晃&藤波辰爾&ヒロ斉藤 vs 藤原喜明&ドン・フジイ&パンチ富永

組長、フジイさん、パンチは全員グラサン着用で入場。
ワルキューレの騎行はいいなぁ。




年齢的に考えて、藤波組はもっちー、藤原組はパンチが出て来る時間が多い。
しかし思ったより組長動けてたけど、もっちーのキックがマトモに入った時は驚いた(笑)
最後はヒロ斉藤のセントーンから藤波がドラゴンスリーパーを決めてパンチから勝利。


















試合後、パンチは組長から怒られる(笑)







【第7試合:オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合】
《王者組》ビッグR清水&Ben-K vs 《挑戦者組》YAMATO&B×Bハルク

ガウン姿の選手が2人並んで歩いてくると豪華ですね。
華がある。






ハルクの背中には羽根模様。





試合前半は若きチャンピオンチームがリード。
ハルクは花道で清水にボディスラムで投げられ、YAMATOはリング内でBen-Kのベアハグを長時間決められてしまう。





なんとかYAMATOはgo 2 hospitalⅡを決めてピンチを脱するとハルクにタッチ。
ハルクとYAMATOは場外のビッグBenに対して2人揃ってノータッチトペコン!
さらにリングに戻ると、ダブルミサイルキックを叩き込む。




しかしパワーに勝るビッグBenも反撃。
Ben-KがYAMATOとハルクを2人まとめてスピアー。
さらにハルクに対してBen-Kのベリートゥベリーから、清水がスパインバスター→OTAKEBIの体勢に入るが、ここはハルクがかわし自爆。



その後、一進一退の攻防が続く中、Ben-Kはハルクに対して助走をつけたスピアー!





YAMATOに対しても清水のホイップからBen-Kがスピアー!







トドメとばかりにBen-KはYAMATOに正面からスピアーを仕掛けたが、YAMATOは藤田戦のミルコばりにカウンターでヒザを叩き込む。
仰向けにヒザから崩れ落ちたBen-Kはこの後戦線離脱。





しかし残された清水は奮闘。
ハルクのファーストフラッシュを受け止めると、そのままハルクを持ち上げて砲丸投げスラム!
ハルクは厳しい角度で落とされたが、カウント2でYAMATOがカット。
しかし清水はYAMATOに対しても砲丸投げスラム!
カウント2で返したYAMATOは全知全能のフランケン!
しかしカウント2で清水が返す!
清水は再度砲丸投げスラムを狙うが、YAMATOは背後に回りこむとスリーパー!
カットに入ろうとするBen-Kをハルクが排除!











邪魔者を排除したYAMATOとハルクはサンドイッチ式でファーストフラッシュ!
さらにハルクがファーストフラッシュ!
これを清水はカウント2で返すが、YAMATOは2人がかりで清水を担ぎ上げると、ハルクが清水の頭部にファーストフラッシュを決めると、YAMATOはラグナロク!
カウント3!
YAMATO&ハルク組が新ツインゲート王者となる。









試合後、清水はセコンドに付いていた土井ちゃんをリングに呼び込む。
清水は今まで大きな態度を取っていたことを謝罪。
「僕はツインゲートを取ってから調子に乗ってました。
 それに土井さんが自分の言ったことにノッてくれるんで、ますます調子にのって悪態をついてしまいました。
 でも、今日の負けで分かりました。
 ボク、ビッグR清水はまだまだです。
 土井さんの足元にも及ばないくらいまだまだの人間なんです。
 こんなボクですけど、これからも面倒見てください!
 もう一つ言わせてください!
 土井さん、今までスイマセンでした!」(清水)






土井ちゃんはその謝罪を受け入れると、土井清水タッグでのツインゲート挑戦を表明。
「本気やな。
 ウソはないな。
 自分で何言ってるか分かってるな?
 オレも男や。
 許さんわけにはいかんやろ。
 オマエは自身のことをまだまだやって言ってたけど、MaxiMuMに入って確実にレベルアップして成長してるんや。
 今日も凄い試合してたやんけ!
 現状オレはタイトルに絡むことは一切ない。
 清水、負けたばかりで言うのもなんやけど、オレと2人でこの(ツインの)ベルト取りに行こうやんけ。」(土井)






YAMATOは申し出を受け入れる。
「土井、オマエのパートナーは本当に清水でいいんだな?
 Ben-Kじゃなくて清水でいいんだな?」(YAMATO)
「Ben-Kの方がいいけど、今はとりあえず清水のほうがいいやろ!
 空気読めや。」(土井)
「変更なしだな?
 それならオレらの勝率は100%。
 オマエらの挑戦受けてやるよ。」(YAMATO)

その後土井ちゃんらが退場すると、YAMATOは「今日のオレも、いや今日のオレとハルクも最高にカッコよかっただろ?」で締めた。








早速次回後楽園ホールにてツインゲート戦が組まれました。

Hulk and his first tag champion. #dragongate #kobeworldmemorialhall.


YAMATOさん(@yamato_dg_oldtype)がシェアした投稿 -






【第8試合:オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
《王者》吉野正人 vs 《挑戦者》鷹木信悟








試合序盤、吉野はソルナシエンテに繋げる為に信悟の腕攻め。
しかし信悟も吉野を場外に出すと、花道上でデスバレーボム!
さらにリングサイドにテーブルをセットすると、ファイヤーサンダーで吉野をテーブルクラッシュ!









その後は信悟ペースが続く。
吉野も信悟を場外に落としてトペを仕掛けるが、信悟はテーブルの破片で吉野の頭部を殴打。





その後信悟はSTAY DREAM、パワーボム、裏STF。
吉野もトルベジーノからソル・ナシエンテを仕掛けるが、これをかわした信悟はパンピングボンバー、デスバレーボム、さらにはMADE IN JAPAN!




これらをカウント2で凌いだ吉野は腕吉野からソル・ナシエンテ!






しかし信悟は強引に技を解くとスライディングD。
吉野もトルベジーノを仕掛けるが、信悟はこれをMADE IN JAPANに切り返す!
これもカウント2で返されると強烈なパンピングボンバー!
カウント2!








勝機と見た信悟はラスト・ファルコンリーを仕掛けるが、これは喰わないとばかりに吉野は回避。
それでも信悟はパンピングボンバーを連発するが、吉野は倒れない。
両者打撃合戦から、信悟が投げっぱなしジャーマンやパンピングボンバーを繰り出せば、吉野はトルベジーノとライトニングスパイラルをお返し。





吉野は信悟が走り込んできたところにバックホーム!





さらにトルベジーノ2連発からソル・ナシエンテ!
信悟は持ち上げて技を解こうと試みるが、吉野は足を絡めてソル・ナシエンテ改に移行すると信悟は耐えきれずにギブアップ!
吉野がドリームゲート王座初防衛に成功!








試合後、信悟は自ら吉野の腰にベルトを巻くと見せかけて、背後からベルトで攻撃すると、八木さんにもイスで攻撃を加え、捨て台詞を吐いてアンチアスメンバーと共に退場。
「ふざけんじゃねえぞ。
 こんな結果誰が認めるんだ!
 吉野。
 オマエは相変わらず運の良いヤツだ。
 マグレでキングオブゲート優勝して、マグレでドリームゲートを取った。
 そして今日マグレでオレに勝つとはな!
 だけど今日の負けなんかどうでもいいんだ。
 オレの野望はこの一戦じゃ止まらねえぞ。
 既に大事なミッションは動いてるんだ!
 8月以降もドラゴンゲートの中心はアンチアス、鷹木信悟だ!
 それだけよーく覚えとけ!
 以上だ!」(信悟)
















退場していく信悟に対して吉野は
「一瞬でも信じたオレがアホやったわ。
 あー性格わる。
 改めまして…防衛したぞ!
 試合前VTRでも流れてましたけど、オレは正直、二度と神戸ワールドメインの舞台に立つことはないと思ってました。
 でも皆さん一人ひとりの応援の力があったから、怪我してから1年半ぶりに神戸ワールドのメインに立ってドリームゲート防衛することが出来ました!
 今日あれだけ鷹木信悟に首をやられましたけど、オレの首は持ちこたえました。
 戦う前に言ったやろ、オレは完全復活したんや!
 それからドラゴンゲートは4月から新体制になって、オレが思うに選手もスタッフも恵まれた環境でプロレスが出来てると思います。
 Kzyとかその世代から、今日第1試合に出てた若手も目の色変えて上がってきてくれたんで、
 いつになるかは分かりませんが、彼らがこのメインイベントのリングに立って、
 オレが喋ってるように、彼らがマイクする時が来るでしょう。
 でも、オレら現世代はまだまだ潰れへん。
 確かにオマエら(清水やBen-K)は仲間やし、素晴らしい選手ではあるけど、まだまだオマエらに譲るつもりはないから。
 それだけは覚えといてくれ。」(吉野)










その後、吉野は来週に香港プロレスへ参戦すること、10月に香港でドラゴンゲート主催の大会を開催すること、来年4月と5月に既に香港で会場を押さえたことを発表して大会を締めた。
「最後に、今年は2018年ですか。
 前身である闘龍門JAPANは1999年に団体として立ち上がりました。
 来年2019年はドラゴンゲート20周年を迎えます。
 20周年で何も無いというわけにはいかないんで、来年も神戸ワールドで真夏の祭典をやるでしょう。
 その時には、20周年なんでド派手に神戸ワールドを盛り上げたいと思いますんで、来年のワールド大会まで1年間盛り上がっていきましょう。
 今日はありがとうございました!」(吉野)










ということで今年の神戸ワールド記念ホール大会終了。
ベストバウトはセミファイナルのツインゲート戦。
トライブヴァンガードとしては初のツインゲート王座獲得となり、YAMATOは土井YAMA以来2年4ヶ月ぶり、ハルクはハルクとアキラ以来なんと5年ぶりの戴冠。
ハルクは終盤かなり動きが止まっていたものの、最後まで戦い抜き、ここから新しいB×Bストーリーの始まりとなればいいんですが、ハルクのブログを読むと引退もそろそろなのかなぁ…。

「ハルク☆最終章」(B×Bハルクオフィシャルブログ「E.V.O.lution」)

(略)
YAMATO & ハルク の伝説、

そして…

B×B story 最終章の始まりだ。





そして土井清水劇場は清水の謝罪で仲直り。
めでたしめでたし。
………で終わりはしないでしょう。
早速8月の後楽園大会でYAMAハル対土井清水のタイトルマッチが組まれましたから、土井清水組の誤爆から敗戦→仲違い…の臭いがプンプンしてきます。



メインはMADE IN JAPANや強烈なパンピングボンバーを受けながらも、バックホームやライトニングスパイラルを決め、最後はトルベジーノ→ソル・ナシエンテ→ソル・ナシエンテ改の黄金コースに繋げた吉野が王座防衛に成功。
ただ終盤の技の畳みかけがあったとはいえ、神戸ワールドのメインとしてはあっさりとした終わり方でした。
これまでの信悟の言動から、神戸ワールドではベルト取ってくれるんじゃないか、これまでに溜まったものを全て吐きだして新しいものを見せてくれるんじゃないかという期待もあり、密かに鷹木信悟待望論を支持していただけに残念。
試合後のツイートを見るとこれからまた考えてることがあるようですが、さすがに結果を出せなければ女々しいと言われても仕方ない。
試合後、Eitaが持っていたイスを叩きつけるシーンを期待してたんだけど握手しちゃったのがね…。



そして、試合後に吉野の口から今月の香港遠征及び10月のドラゲー主催香港大会開催、来年4月と5月でも香港で会場を押さえて大会開催予定と発表された件。
分社化した時に国内はDGEで海外はDGで棲み分けると東スポのインタビューで語られていましたが、今やストロングハーツはレッスル1に継続参戦し、逆にDGEは海外に目を向けています。
プロレス界によくある”無かったこと”にするのはリング内だけにして欲しいなぁ。



そして話題になっている今年の観客数について。
今回発表された観客数は4935人。
去年は9800人だったのでほぼ半減していますが、去年の主催者発表がガバガバの水増し発表だったと言ってしまえばそれまでで、会場で見ていても実際に去年の半分まで観客数が減ったということはないです。
実際、木戸社長の返信ツイートによれば今年は実数発表に切り替えたとのこと。


とはいえ、去年と比べて空席は増えており、かなりの減少があったことは事実。
ビジョンの両サイドは2~3ブロックを潰しており、スタンド最上段の一列にもビニールが張られていました。
写真はメインイベント開始直前の客席の様子。
特に3階席に空席が目立ちました。




ハルク対YAMATOのドリームゲートがメインだった4年前の客席はこんな感じ。
この写真は休憩明けの社長挨拶のタイミングで撮っているので、まだ座席に戻っていないお客さんも居たはず。





そんな中、今大会は過去最高の収益をあげたようです。
色々な要因が考えられますが、まぁ見てる方としては収益が過去最高だろうが過去最低だろうが別にどちらでも構わない。
会場で提供されるプロレスが面白いか面白くないかが全てであり、ここ数年、ドラゲーの勢いに陰りを感じている人は少なくないはず。
プラチナチケット化していた時期もあった後楽園ホールでも観客数が減っているようですしね。
新体制となったドラゲー的にはもっちーがブログで書いているようにここからがリスタート。
20周年となる来年の神戸ワールドでは今年以上のお客さんを入れることが出来るか、それとも今年を下回る観客数になってしまうのか。
これからの一年間が大事になってきますよ。












ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...