ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

信悟は強烈なインパクトを残すも石川に敗れ全公式戦を終える~4.29 全日本プロレス 東京・後楽園ホール~

本日は信悟のチャンピオンカーニバル公式戦最終戦が行われた全日本プロレス後楽園ホール大会。






序盤は打撃合戦から、信悟は助走をつけてのタックルで石川を倒すことに成功。
場外に逃げた石川を追いかけた信悟は、鉄柱に石川の左腕を叩きつける。
さらにブレーンバスターを狙うが、石川は信悟を担ぎ上げファイヤーサンダー!








なんとかリングに戻った信悟だが、石川の重い打撃に防戦一方。
先ほどのファイヤーサンダーで首を痛めた様子…。




なんとか信悟は石川の巨体をリバーススープレックスで投げることに成功すると、さらに串刺し式パンピングボンバーからブレーンバスター!
エプロンに出た信悟は断崖式のデスバレーを狙うが、石川は逆に担ぎ上げてサンダーファイヤー狙い?
技から脱出した信悟は石川を場外に突き飛ばすとトペ・コンヒーロ!







信悟は石川をリングに戻し、スライディング式のパンピングを仕掛けたが、ここは石川がブロックするとバックドロップ。
さらにコーナートップからミサイルキックを決めると、串刺し式ラリアット→セカンドロープからのダイビングフットスタンプ。
カウント2。







信悟もスプラッシュマウンテンを着地すると、スライディング式パンピングから腕ひしぎ逆十字固め。
石川はロープブレイク。






両者ラリアットの打ち合いから、石川は左の強烈なラリアットを叩き込むとスプラッシュマウンテンを狙う。
信悟はウラカン・ラナで切り返すと、コーナーに上がろうとした石川を捕らえて雪崩式ブレーンバスター!







膝立ち状態→さらに立ち上がった状態でもエルボーを打ち合う両者。
信悟は左右のエルボー連打も、石川は投げっぱなしドラゴンスープレックスからニーリフト!
カウント2。







続けて石川はファイヤーサンダーを決めるが、なんと信悟はカウント1でキックアウト!
ならばと石川はスプラッシュマウンテン!
これも信悟はカウント2で返す!





石川はエルボーを打ち込むが、信悟はDDTから不完全な形ながらも熨斗紙。
さらに信悟はパンピングボンバー!
カウント…2!







MADE IN JAPAN!
これもカウント2!





信悟はパンピングボンバー2連発で石川に膝をつかせると左右のエルボー連発。
さらにパンピングボンバーを狙うが、石川は頭突き!
信悟は前に倒れこむようにダウン。




石川はカミゴェからニーリフト!
カウント2!
ならばと石川はジャイアントスラム!
カウント…3!
勝者は石川修司!





試合後、信悟と石川はお互いに健闘を称えると、信悟は次は1対1のアピール。




チャンピオンカーニバル全公式戦を終えた信悟は通算成績4勝3敗の勝ち点8。
優勝決定戦進出はなりませんでしたが、大会を通して十分過ぎるほどのインパクトを残してくれたと思います。
信悟のCC公式戦ベストバウトは開幕戦の宮原戦か、負けたとはいえ今日の石川戦かなぁ。
いや、ホントに素晴らしい戦いぶりを見せてくれました。
そして、お疲れ様でした。










ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...