ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ブチ切れパランボ~スマックダウン #442~

今週末はドラゲー大阪大会。
オフィシャルではカード発表されてます。
------------------------------------
1)超神龍     シーサーBOY
  斎藤了  vs スペル・シーサー
  横須賀享    新井健一郎

2)サイバー・コング vs “ハリウッド”ストーカー市川

3)アンソニー・W・森    堀口元気
  ドラゴン・キッド  vs マグニチュード岸和田

4)大野勇樹     ドン・フジイ
  戸澤アキラ vs 望月成晃

5)YAMATO    神田裕之
  B×Bハルク vs Gamma
  鷹木信悟      土井成樹

6)オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
 《王者》吉野正人 vs 《挑戦者》CIMA
------------------------------------
何と言ってもメインイベントだな。
CIMAと吉野のシングルといえば、最近では闘龍門として最後の神戸ワールド大会くらいか。
この試合に限ってはCIMAには申し訳ないけど、吉野を応援します~。
当日はメインイベントのみ速報しますんで。


スマックダウンはコールによるバティスタへのインタビューから。
"オレが有利な理由はチェンバー戦を経験していること。"(バティスタ)
"出場レスラー達はオレを含めて怪物揃いだ。それがオレの首を狙ってる。だが勝ってみせる。"(バティスタ)
そこへMVP登場。
"確かにオマエはチェンバー戦の経験者だが、そこにオレは居なかったからな。"(MVP)
続いてダディVとストライカー。
ストライカーがなんやかんや言ってるところに、カリとシン登場。
こちらもシンがなんやかんや通訳してると、フィンレーとホーンスワグル登場。
そしてフィンレーがしゃべっているところで照明が落ちて、再度点灯するとリング上にはテイカー。
バティスタとフィンレーを除く全員がリング下へエスケープ。
RAWに比べると、マイクで煽れるスパスタがMVPくらいなのが難点。
試合自体も荒い感じで終わってしまいそうだけど、最低限ディセンバー・トゥ・ディスメンバーの試合を上回れば及第点与えられるかな。
ま、あれを下回るとヘイマン同様、セオドアの首は確実に飛ぶけど。


ケイン対ベンジャミン
ベンジャミンとの抗争のおかげでチェンバー戦に出ることのできないケイン。
ケインならRAWでのスニツキーみたいに、何でオレに出場権がないんだ?と言ってもなんら違和感は感じない。
この辺りで試合をしてる場合じゃないんだけどね。
試合では、ベンジャミンと中々の攻防を見せるけど最後はケインがカウント内にリングに戻ることが出来ずにリングアウト負け。


ノーブル対パランボ
ノーブルのセコンドにはミシェル。
試合はノーブルのプランチャをパランボはバイクに誤爆させる。
そして最後はフルスロットルでピン。
試合後も公言どおりノーブルをボコボコにしていくパランボ。
そして最終的にはバイクでノーブルを轢こうとするが、ミシェルが何とか守り抜いた格好に。


ジェシー&フェスタス対デュース&ドミノ
フェスタス復帰!
入場時には顔を紙袋で隠してるけど、リング上で紙袋を外しても何も変わってないバカ顔。
ゴングが鳴ると表情が変わる仕草も以前と同じ。
何を診断してもらってたんだ?
試合自体は、ジェシーが捕まってからフェスタスに交代し最後は変形F5で勝利。
つまりキャラは変えないで行くってことね。
まあ、結構お客さんの盛り上がりもあるから、これはこれでいいでしょ。


カッティングエッジ
今日のゲストは復帰となるヴィッキー・ゲレロ。
エッジはヴィッキーに謝罪させるためにミステリオを呼び出す。
"私に謝罪をしなさい。これは命令よ。"(ヴィッキー)
"ヴィッキー、オレは・・・"(ミステリオ)
ビンタをかますヴィッキー。
"言い訳は聞き飽きたわ。"(ヴィッキー)
"ヴィッキー、オレはただ・・・。"(ミステリオ)
ビンタをかますヴィッキー。
"ムカムカするわ。"(ヴィッキー)
"ヴィッキー、オレの言い分も聞いてくれ。"(ミステリオ)
と、次はヴィッキーのビンタの腕を取ったところに、エッジが殴りかかる。
エッジはイスを持ち出すが、ミステリオをイス越しにドロップキックを決めて619。
さらに場外に落ちたエッジに対してエプロンからのセントーンを決めると、キレイに実況席に着地。
ミステリオは最後に笑顔で一言。
"ヴィッキー、すまなかった。"(ミステリオ)


ホーキンス&ライダー対ヤン&ムーア
カッティングエッジに一切呼ばれなかったエッジヘッズ。
次第に、そして確実に注目度が減少していってるが大丈夫なんすか?
しかし、試合はどっちかがムーアからリバースエッジキューションで勝利。
ヤン&ムーアに連勝したということは、プッシュされてると見ていいんすか?


バティスタ&フィンレー&テイカー対ダディ・V&カリ&MVP
試合では、やっぱり動けて試合を作れるMVPとフィンレーが出てる時間が他に比べて格段に長い。(笑)
フィンレーも今やベビーになってんだから、US王座を巡ってMVPと抗争しても面白いんだろうけど。
試合の最後はMVPに対してテイカーがチョークスラムを決めた後に、フィンレーとバティスタがテイカーに対して攻撃を仕掛けようと狙ってるシーンで終了。
チェンバー戦の前なんだから、こういう終わり方が正解でしょ。
RAWでもスワントーンを決めたジェフに対して、HBKがスイートチンを決めてくれたら盛り上がったと思うねんけどね。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...