ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

The Time is Now!~2008年 ロイヤルランブル~

有明コロシアムでのWWE日本公演の写真をHPにアップしました~。
中々10000円の席にしては、いい写真が取れたのでは?
時間のある方はコチラからどうぞ。
ジェリコのライオンサルトなんかはいい感じです。


ネイチ対MVP
試合では、MVPのコーナーへの串刺しブートでチャールズ・ロビンソンは3カウントを入れてしまうが、これはネイチの足がロープにかかっていたために無効。
判定が簡単に覆るところは、さすがプロレスだ。
最後は、MVPがプレイメーカーを狙ったところで、ネイチが足を取りそのまま足4の字を決めるとMVPはたまらずタップ。


JBL対ジェリコ
今日の会場はMSGだけにJBLは歩いて入場。
試合では、ジェリコがラフ攻撃を仕掛けていくものの、JBLはジェリコの首をロープに叩きつけて反撃。
その後JBLはジェリコを鉄柱に叩きつけると、ジェリコは流血。
しかし、ジェリコも反撃を開始するとライオンサルトを決めて、そのまま場外へなだれ込む。
JBLはジェリコの頭をECW実況席に叩きつけるが、ジェリコがテレビカメラの死角からいきなりのイス攻撃。
試合自体はこの時点でジェリコの反則負け。
ジェリコはその後もJBLにイス攻撃や、カメラコードでのチョーク攻撃を仕掛ける。
試合自体は、試合巧者の2人だったけど次回へ続くためだけの試合になったかなぁ。
まあ、JBLのウォームアップにはなったでしょ。
次のバックラッシュではテキサス・ブルロープマッチだな。


エッジ対ミステリオの世界ヘビー級王座戦
ミステリオはオロビンマスクとウォーズマンを足したみたいなオーバーマスクで登場。
う~ん、あまり似合ってない・・・。
MSGではミステリオにブーイングも出てる。
試合は、エッジがミステリオを場外に落としたところでエッジヘッズの2人がミステリオのところへ向かっていくが、レフェリーに見つかると何もしてはいないけど退場を命じられる。
その後はエッジがミステリオの左ひざを集中攻撃。
でも、エッジの関節技は決め方がもっさりしてて、あまり効いてるようには見えない。
マフラーロックもモタモタしてて結局決まらなかったもんな。
ミステリオはカサドーラ状態からのブルドッグで反撃を開始すると、セントーンやダイビングフットスタンプを決める。
そしてエッジのスピアーをかわすと、そのまま619からダイビングボディプレス。
しかしヴィッキーが歩き出して、カウントを取るレフェリーの足を引っ張って妨害。
呆然とするミステリオにエッジがスピアーを狙うが、これをジャンプでかわしたミステリオが再度619を狙うが、これは身を挺してエッジを庇ったヴィッキーの後頭部にヒット。
続いてミステリオが迷いながら、スワンダイブの攻撃をしかけようとすると、エッジはカウンターでスピアーを決めて3カウント。
序盤は少しモタついたものの、終盤のストーリーはさすがに面白かった。


マリアがキスカムをしてるところにアシュリー登場。
"プレイボーイに出てみない?"
そこへマレラが誰かを引き連れて登場。
アシュリーへのプレゼントとして登場したのは、ビッグディック。
ブレイディのジャージを着て、ケツに19-0の文字が入ってるパンツでダンスを踊りだす。
最後はグダグダだな・・・。
今年がマリアのヌードなら、来年はケリーといったところかな。


ジェフ対オートンのWWE王座戦
試合では、ジェフのベースボールスライドで、オートンの首が中々ありえない方向に曲がる。(笑)
オートンの受けっぷりは素晴らしいの一言。
そして、中盤まではオートンが相変わらずのねちっこい攻めでリードするが、ジェフもオートンを場外に放り出すと、エプロンからのクロスラインを決める。
続いてリング内でコーナーのオートンに攻撃を仕掛けようとするが、これはオートンがかわすとジェフは肩を鉄柱に痛打。
その後ジェフはウィスパー・イン・ザ・ウィンドからミュールキックを決めてスワントーンの体勢に入る。
しかしオートンはエプロンにエスケープ。
ジェフはそこにミサイルキックを決めて場外に落とすと、続いてコーナートップからラ・ケブラーダ。
どちらかといえば、ジェフの足がオートンの頭にかろうじてヒットしたように見えたが・・・。
そしてオートンがリング内に戻ったところでツイストオブフェイトを狙うが、これをかわしたオートンは電光石火のRKO!
そしてオートンが3カウントを奪い王座防衛。
最後の結末は、スマックダウンの王座戦にくらべるとあっさり目。
やっぱりジェフが王座を取ろうと思ったら、今の段階ではケージマッチとかラストマンスタンディングじゃないと厳しい感じ。
PPV前にケージ上からのウィスパー・イン・ザ・ウィンドや、セットの上からのスワントーンを見せてしまってるもんな。


さて待望のロイヤルランブル!
そういえば、今年はロイヤルランブルの入場順を決めるくじ引き?みたいのがなかったな。
というわけで、今年は入場順がわかるようなストーリーは一切なし。
さてマイケル・バッファのコールで試合開始。
1番目の入場者は"ゴーン!"という鐘の音からアンダーテイカー!
そして2番目の登場には、これまたSexy Boy♪がかかり何とHBK!
これは予想外に豪華すぎる立ち上がり。
3番手はマレラ。
いきなりHBKにスイートチンを決められると、テイカーにあっさりと落とされる。
4番手はカリ。
HBKはテイカーにチョークスラムを喰らっており、休憩タイム。
テイカーはカリとお互いにチョークスラムの体勢に入るが、テイカーがロープに詰められると、体勢を反転させてそのままカリを場外へ排除。
5番手はハードコア。
6番手はモリソン。
7番手はドリーマー。
8番手にバティスタ!
予想よりも早い登場。
モリソン達をスパインバスターでダウンさせると、テイカーとにらみ合い。
そこに邪魔をしにきたドリーマーをそのまま場外へ落とす。
9番手はホーンスワグル。
このランブル戦でなんらかのカギを握る男はリング内には入らずに、リング下へもぐりこむ。
10番手はパランボ。
11番手はノーブル。
ノーブルはパランボに突っかかっていくものの、あっさりとパランボに落とされる。
12番手にパンク。
いきなり3つのコーナーに対してヒザを決めていくものの、テイカーにクロスラインを決められてしまう。
その後パランボのフルスロットルをかわすとエプロンにパランボを放り投げ、そこにヒザを叩き込んでパランボが敗退。
13番手はコーディ。
14番手は個人的なダークホースのウマガ。
ちなみに今日は赤いタイツ。
ハードコアがサモアンスパイクで敗退。
15番手にスニツキー。
16番手にミズ。
そろそろレスラーが増えてきたから、ケイン登場が近そうだな。
今年はまだダディ・Vやヘンリーも残ってるし、掃除屋が多い。
17番手はベンジャミン。
パンクに相変わらず良く分からない名前のない技を決めるが、スイートチンであっさりと敗退。
18番手は"スーパーフライ"・ジミー・スヌーカ。
なぜにスヌーカ?
19番手は"ラウディ"・ロディ・パイパー。
パイパーとスヌーカのシングルを見守るその他大勢。
20番手にケイン登場~。
まずはお役御免のパイパーとスヌーカを敗退させる。
21番手はカリート。
22番手はフォーリー。
23番手でケネディ。
コーディに顔面ウォッシュを決めると、その後もミズとパンクにマイク・チェック。
しかしテイカーにチョークスラムを決められる。
まだHHHとフィンレーが出てこない。
24番手はダディ・V。
スニツキーがテイカーによって落とされると、HBKのスイートチンでテイカーが脱落。
そしてHBKもケネディによって脱落。
25番手はヘンリー。
リング下に隠れてたホーンスワグルによってミズが脱落。
26番手はチャボ。
モリソンがケインに落とされる。
ホーンスワグルがヘンリーによって強引にリング内に入れられると、フィンレー登場。
別に出番ではないんだけど、こん棒でヘンリーやダディ・Vを殴打して、再度バックステージに戻っていく。
どうやら凶器使用により失格らしい。
28番手はバーク。
パンクがチャボによってあっけなく敗退。
29番手にとうとうHHH登場。
HHHによってコーディ、ダディ・V・フォーリー・バーク脱落。
HHHはウマガに対してペディグリー。
最後の30番手は何とシナ!!!
思った以上に早い復帰。
カリート・チャボ・ヘンリーを排除して、HHHと対面。
この時点で残りが、バティスタ・ウマガ・ケネディ・ケイン・HHH・シナ。
あ、ケネディとウマガがバティスタに落とされた。
そしてシナ・バティスタ・HHHの3人が残る。
バティスタはシナとHHHに対してスパインバスターを決め、シナをバティスタボムの体勢に決めるが、これはシナがリバースで返し、HHHがバティスタをクロスラインで場外へ排除。
シナは5ナックルシャッフルからFUの体勢に抱え上げるが、HHHもこれをかわすとクロスライン相打ちでダブルノックダウン状態。
最後は、HHHのペディグリーをかわしたシナがFUでHHHを場外に排除して、ロイヤルランブル優勝者はシナ!


では2008年最初のPPV・ロイヤルランブルを総括。
順位を付けると
第1位 ロイヤルランブル
第2位 エッジ対ミステリオの世界ヘビー級王座戦
第3位 オートン対ジェフのWWE王座戦
かな。


ロイヤルランブル戦ではまさかのサプライズ。
シナがここで復帰してくるとは思いもよらなかったんで、30番手にシナの曲がかかると家の中で大興奮。
29番手にHHHが出てきたときにはHHHで決まりかと思ってたけどね。
そしてレッスルマニアでは幻になってしまったオートン対シナのWWE王座戦が実現しそう。

ジェフはまだトップ王座には早いという印象はあるものの、PPVでシングル王座へ挑戦したことで実績ができたし、レッスルマニアでマネー・イン・ザ・バンクを獲得できそうな下地ができた。
エッジ対ミステリオは、ミステリオがヴィッキーを攻撃してしまったことで、エッジ&ヴィッキーとミステリオの抗争は続くということか。
このカードがレッスルマニアでするとは考えにくいので、レッスルマニアでのエッジの相手は順当にいけばバティスタか。
ロイヤルランブルでも見せてくれたテイカー対HBKをレッスルマニアでしないかなぁ。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...