ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

エッジとチャボとヴィッキーと~スマックダウン #439 ~

今週末は待望のWWE日本公演!
というわけで、自分は9日に東京入りします。
ちなみに、9日は大日本、10日はDDTと武勇伝(昼・夜)、そして11日にメインのWWE日本公演と、わざわざ東京まで遠征してプロレス三昧。
まさにプヲタの鏡。
ディズニーランド?お台場?
一切興味ナシ!
今日のスマックダウンは珍しくテイカーのマイクから。
ロイヤルランブルへの意気込みを語っていると、ダディ・Vとストライカー登場。
"アンダーテイカー、去年と今年のロイヤルランブルは違うんだ。"(ストライカー)
"去年はこの男は出場してなかったからな。"ビッグ"な違いだぞ。"(ストライカー)
"教えてくれ。どうやったらこの男をトップロープからリング下へ落とすことができるんだ?"(ストライカー)
でもヴィセラだぞ。
バトルロイヤルとかでは、皆の標的になっていの一番に落とされるキャラですけど。
結局ダディ・Vがリングに向かうが、テイカーに逆にやられてしまう。


フィンレー対カリ
何かRAWで動きがあったようだけど、試合はネックハンギングボムからのバイスグリップでカリの勝ち。


デュース&ドミノ対ヤン&ムーア
試合はヤンがドミノ相手にラッシュを決めて、ムーンサルトを狙おうとするがチェリーが介入。
ドミノはヤンをバックドロップの体勢に抱え上げるが、ヤンが一回転して着地すると最後はムーンサルトでピン。
相変わらずヤンのクロスボディはキレイだ。


ヘンリー対バティスタ
試合はバティスタがスピアー2連発の後バティスタボムの体勢に入るが、これはヘンリーがリバーススープレックスで返す。
ヘンリーは続けてワールドストロンゲストスプラッシュを狙うが、これをかわしたバティスタがスパインバスターを決めて勝利。
完全にかませ犬状態のヘンリー。
ちょっと前にも同じように、バティスタの強さをアピールするためだけの試合を組まれたヘンリーという状況を見た気がする。


MVPのVIPラウンジ
今日のゲストはロイヤルランブルでの相手、フレアー。
話してる内容をまとめると、
"オレはオマエより優れてんだよ!"(MVP)
"何だと?今ここでやったろか?"(ネイチ)
"いや、やめとこ。"(MVP)
最後はネイチのチョップがMVPに決まって終了。


レイラ対ミシェル
この2人で試合をさせるとは、中々デンジャラスなマッチメイク。
しかも1~2分で終わるかと思いきや、レイラがヒザ攻めを見せて、ディーバらしからぬじっくりとした試合をしてる。
最後はラッシュを見せたミシェルがブートからの変形ペディグリーで勝利。
レイラとミシェルでこんな試合をするとは、中々驚きの試合展開。


エッジ&チャボ対パンク&ミステリオ
スマックダウンとECWの王者と、それぞれのNo1コンテンダーのタッグマッチ。
試合は、ECWでも痛めつけられた肩を引き続き攻められるパンク。
しかし、エッジとチャボのタッグは中々息が合った攻撃を見せるなぁ。
その後パンクはミステリオに交代すると、ミステリオはチャボに対してコルバタから619を決めてエプロンに出たところ、エッジがミステリオの裏ヒザ部分にイス攻撃。
結果はそのままエッジ組が反則負けをくらうが、試合後もエッジはミステリオのヒザを、チャボはパンクの肩をそれぞれ攻撃。
しまいにはエッジへッズまで加わって痛めつけると、シメはミステリオに対してエッジがスピアーを決めて番組終了。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...