ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ネイチャーボーイは死なず~ロウ #760~

CIMA達も今はアメリカ遠征中のようですな。
オフィシャルより試合結果が発表されてます。
--------------------------------------------
 吉野正人    スコット・ロスト    
×土井成樹 vs ジョーイ・ライアン○
  18分40秒 片エビ固め→バックブリーカーとダイビング・エルボードロップの合体技から

×横須賀享(15分1秒 片エビ固め→垂直落下式ブレーンバスター)エル・ジェネリコ○

△CIMA(24分59秒 引き分け)ブライアン・ダニエルソン△
※ブライアンのチキンウイング・フェースロックを丸め込んだCIMAが3カウントと同時にギブアップしたため
--------------------------------------------
CIMAとダニエルソンのシングルって豪華!
またyoutubeででも投稿されへんかな。

そしてレッスルJAMに参加する選手のメッセージも紹介されてるけど、ヒューマン・トルネードのメッセージ軽すぎ!(笑)
--------------------------------------------
◇ヒューマン・トルネード
「ハ~イ、ジャパニーズファン! ヒューマン・トルネードだよ! 今は最高にエキサイトしてるんだ。ボクの“世界最長”のトペ・コン・ヒーロで、日本の女性のハートを掴んでみせるよ! See You Wrestle JAM!!」
--------------------------------------------
一度訳す前の原文を見てみたい。
でも、今CIMAのブログの写真を見た。
ハイ、納得。
確かにこんな感じで言ってそう。


さて今日はアルマゲドン明けのRAW。
いきなりディーバがサンタのかっこで入場。
ビクトリア&ジリアン&メリーナ&レイラ対ミシェル&マリア&ミッキー&ケリー
みんなが同じようなカッコをしてると、遠目にはケリーとミシェルの見分けがつかない。
試合は、ミッキーがDDTでビクトリアからピン。
試合後に元気のなさげな足取りでビンス登場。
どうやら先週のRAW15周年での仕打ちがショックだったらしい。
ビンスが落ち込んでるところに、ノリノリのジェフ登場w
"ビンス、説明してやるよ。来週イラクに行くんだって?"(ジェフ)
"フセインが倒された時、民衆はどうした?祝っただろ?"(ジェフ)
"それと一緒だ。アンタは嫌われて当然だよ。"(ジェフ)
おお、ジェフこんなことを言える身分になったんだ。
なんせHHH倒してるもんな。大出世。


CM明けても座り込んでしまってるビンスに対してHHH登場。
ビンスをからかってると、リーガル卿がHHHに対して"リングから去れ"と一喝。
ビンスは何とか立ち上がると、リーガルに対して、コーチとリーガル対HHHでハンディキャップマッチをやれと。
"今夜は悪いことが起きればいい。"(ビンス)
"不幸なことがキサマら全員に降りかかればいい。"(ビンス)
ナゾの一言。


リーガル&コーチ対HHH
試合は、リーガルが指金具を持ち出すがHHHは構わずにスパインバスターでリーガルを叩きつける。
続いてコーチも指金具をつけるがHHHに見つかり、あっさりとHHHに渡してしまう。
最後はHHHがペディグリーでコーチからピン。
あら?結局何もなし?


ハードコア&コーディ対ケイド&マードックの世界タッグ王座戦
試合はコーディがDDTでケイドからピン。


ネイチ対ウマガ
試合前に気持ちのこもったマイクをしてくれたネイチだけど、試合自体は当然ウマガペース。
しかしウマガのヘッドバッドをかわしたネイチはチョップブロックから足4の字へと行くが、これはウマガがネイチを蹴り飛ばしてカット。
その後場外戦になだれ込み、ウマガは場外の防護壁に突っ込むがネイチは寸前でかわす。
ウマガはそのまま防護壁ごとなぎ飛ばしてダウン。
ネイチがリングに戻ったところでウマガはカウントアウト。
"最後に一つ言わせてくれ。Wooooooooooooooo!!!"


Y2J登場。
アルマゲドンの結果に不満のジェリコがJBLを呼び出す。
するとJBLがタイタントロンに登場。
"中継とは笑わせるね。オレが怖くてリングに上がれないのか?"(ジェリコ)
"オレは多忙なんだ!要職についてるオレがバッファローくんだりまで行ってられるか!"(JBL)
"アルマゲドンでは、オレに手を出したオマエにオレの怖さを教えてやったんだ。"(JBL)
"実況席のオマエにちょっと触っただけで大騒ぎだな。一体何様のつもりだ?JBL?"(ジェリコ)
"リングサイドのスタッフ達は文句は言わないぜ。タイムキーパーはスーパーキックを喰らったが仕返しなどしないぜ。"(ジェリコ)
"オレをタイムキーパーと一緒にするなど迷惑千万だ!"(JBL)
"オマエが来ないなら、俺がスマックダウンに乗り込んで行ってやるぜ。"(ジェリコ)
"クリス、スマックダウンに来るのはやめた方がいい。"(JBL)
"なぜなら、会長と話し合いをして、スマックダウンに現れたらオマエはロイヤルランブルに出場することが出来ないぞ。"(JBL)
"今度オレに手を触れたら、オマエはNever,Never,EEEEEver!王者になることはできない。"(JBL)
"なるほど・・・。JBLよ、オマエ金融街にタマを落としてきたのか?"(ジェリコ)
"オマエはスマックダウン史上最長の王者で、テイカーやエディ、バティスタとも肩を並べてたろ。"(ジェリコ)
"でも今ではオマエが肩を並べてるのは、マイケル・コールやジョーイ・スタイルズくらいだぜ。"(ジェリコ)
"オマエはレスリングの神ではなく、レスリングの残骸だ。"(ジェリコ)
"オレは引退したが死んじゃいない。その耳をかっぽじって聞いておけ!"(JBL)
"このJBLがRAWに乗り込むぞ。スマックダウン最長の王者だった男の力をオマエは身をもって味わうだろう。"(JBL)
"今までも、そしてこれからもオレは唯一無二の存在だ。すなわちレスリング・・・・ゴッド!"(JBL)
WWEでもトップクラスのしゃべりの技術を持つ2人によるマイク合戦はさすが面白いわ。
しかし、これでJBLはRAW移籍か?
スマックダウンの解説は誰がすることになるんすか?


カリート&マレラ対ロンドン&ケンドリック
試合はカリートがバックスタバーでケンドリックからピン。
フィニッシュのケンドリックの受けっぷりがいイイ。


オートン&ケネディ対ジェフ&HBK
試合はHBKが捕まるが、ケネディにエンズイギリをかましてからジェフに交代。
ジェフはケネディを落としてから、オートンに対してラッシュ。
ジェフはRKOをかわしてから、ツイストオブフェイト→スワントーンのフルコースでオートンから3カウント。
おお、正攻法でオートンから3カウントを奪うとは。。。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...