ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ヴィッキーとエッジの陰謀~スマックダウン #434 ~

今日は年末のプロレスサミット、スマックダウン、そして夜には新日東京ドーム大会とプロレス三昧。
プロレスサミットは、デスマッチに出てた谷やんにちょっと感動。
周りが伊東竜二や佐々木貴などのデスマッチのプロフェッショナルに囲まれて、厳しい攻めを受けながらも最後までやり抜いた姿と、試合後の佐々木のマイクで涙が出そうになった。

新日本ドーム大会は、前半戦はちょっと微妙な感じもしてたけど、後半戦のセミとメインは面白かった。
特にカート君と永田の試合だな。
アンクルロックとナガタロック2のやりあいは、WWE時代の対ベノワ戦を少し彷彿させる感じ。
それ以外だと、ダッドリーズは良かったけど、スタイナーブラザーズはちょっと限界を感じたな。
ただジャレットがわざわざ来て、ついでにギターまで持ってきてることが意外。
でも、なんでジェフ・ジャネットなん?
そしてあの巨乳でミニスカの通訳は誰っすか?


今日、スマックダウンを見てみるとアメフト延長により15分間ずれてる!
となると最後の15分間を見れないけど、次は土曜日の深夜にしか放送しないし、今週末にはアルマゲドンがあるので、仕方なく残り15分間はあきらめる。。。


今日のスマックダウンはエッジと復帰してきたヴィッキーから。
ヴィッキーはアルマゲドンで王座戦を行う3人に今夜試合をしてもうらうと。
エッジ対フナキ
試合はエッジキューションからのスピアーでエッジの勝ち。
試合後、ヴィッキーはバティスタとテイカーの相手を発表。
バティスタはケインとラストマンスタンディング戦。
テイカーはダディV&ヘンリーとハンディキャップマッチ。


ケリー&ミシェル対ビクトリア&レイラ
試合は途中にケニーがミシェルの足を引っ張り邪魔をすると、そこにパランボ登場。
しかし、ミシェルはパランボに目を取られた隙にビクトリアに押さえ込まれて敗戦。


ミステリオ対ケニー
試合はミステリオが619からのダイムで勝利。
試合後にMVPはなんやかんやでミステリオをベルトで殴打。


バティスタ対ケインのラストマンスタンディング
試合は、ケインがコーナーに登るアシスト付きで、バティスタがバティスタボムを敢行。
しかしケインもカウント9で何とか立ち上がる。
その後CMを挟んで、ケインはバティスタを実況席にチョークスラムで叩きつけようとするものの、逆にバティスタは実況席へスパインバスター。
でも実況席は壊れず。。。
そこへ乱入してきたエッジがバティスタ相手にスピアーで、ケインとバティスタがダブルノックダウン。
バティスタはカウント9で立ち上がり、エッジに対してショルダースルー。
試合はケインが立ち上がることができずにバティスタの勝ち。
しかし、試合後エッジはバティスタに対してイス攻撃を決める。


ミズ対フェスタス
試合はフェスタスがF5っぽい技で勝利。
試合後にセオドアが登場し、次の試合にグレートカリが登場しホーンスワグルと試合をすると発表。


ホーンスワグル対グレート・カリ
試合はいきなりフィンレーが登場して、カリにこん棒攻撃から蹴りを叩き込むものの、シンがホーンスワグルを人質にとって攻撃をやめるようにマイク。
フィンレーはシンにクロスラインを決めるが、振り返ったところにカリの空手チョップを喰らう。
そしてカリのネックハンギングボムを決められてノックダウン。


テイカー対ヘンリー&ダディ・V
試合途中で時間が足りなくなってしまい終了~。
どうやら試合はテイカーが勝ったみたいだけど、試合終了後にヒール2人に潰されたようで。
さすがに今日はプロレスばっかり見て疲れたわ。
寝よ。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...