ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #432

今日のスマックダウンはエッジから。
エッジのマイクにしては、イマイチ客の反応も自分の反応も薄い。
ヴィッキーってのが、完全にブーイングもしづらいし何か微妙なんかなぁ。
どうしてもエディを思い出してしまうもんな。
結局マイクの内容は、"ヴィッキー、今夜はボク頑張るよ"ってこと。

フィンレー&ホーンスワグル対デュース&ドミノ
試合は、フィンレーのこん棒攻撃からオタマジャクシスプラッシュでホーンスワグルの勝ち。
試合後に勝利の舞を踊るフィンレーは、実に微笑ましい。
この勢いで、タッグ王座取っちゃいますか。


パンク対ケニー
試合は、ケニーがいいところを見せてパンクを攻め込むが、最後はリバースブレーンバスターの体勢から抱え上げて、そのままgo2sleepでパンクの勝ち。


ミステリオ&ケイン対MVP&ダディ・V
試合は、ミステリオが捕まってから、ケインにタッチ。
ケインはMVPとダディ・Vを蹴散らしてからミステリオに再びタッチ。
ケインとミステリオはお互いコーナートップにのぼり、最初にケインがMVPに対してダイビングクロスライン。
続いてミステリオが、コーナートップからのウラカン・ラナ→619→スワンダイブボディプレスでMVPからピン。


パランボ対ノーブル
試合では、ノーブルがパランボの右足を集中攻撃。
なんとスピニング・トゥ・ホールドまで繰り出して攻め込むが、パランボにキック一発で跳ね返される。。。
最後は、コーナーへのブートをかわしたノーブルがパランボを丸め込んでピン。


エッジ対バティスタの世界ヘビー級選手権試合
そういえば、RAWでのジェリコに続いて、エッジも4ヶ月ぶりの復帰戦。
試合は中盤にバティスタがダイビングショルダーアタックからバティスタボムを狙うが、これはエッジがエッジキューションで切り返す。
その後は、エッジのスピアーをかわしたバティスタが逆にスピアーを決めようとしたところで場内暗転。
明かりがつくとエッジをチョークスラムの体勢に入ってるテイカー登場。
その体勢のままバティスタのスピアーを喰らったエッジは逃げ出して、残ったテイカーはバティスタに対してチョークスラム。
そこへ出てきたのはセオドア。
そして先週のヴィッキーを真似して、テイカーの王座挑戦を容認。
結果、アルマゲドンでのバティスタ対エッジ対テイカーのトリプルスレッドでの王座戦が決定。



桐野夏生の"OUT"
弁当工場に勤める主婦が殺してしまった夫を、その工場仲間の主婦達がバラバラにして処分するストーリー。
普通の主婦が人間を解体できんのか、と突っ込んでしまう点もあるけど、主人公の雅子の女でありながら、かなりオトコマエな点に惹かれてしまった。
テンポもいいし、飽きが来ないため長編でありながら一気に読めてしまうし、何より面白い。
グロいのが苦手な人以外であれば、お勧めできる一冊。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...