ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

何度でも何度でも何度でも立ち上がりベテラン軍が夢を叶えた!~10.9 東京・後楽園ホール~

第1試合前にディアハーツ対モンスターエクスプレスのシングル対抗戦の組み合わせ決定。
信悟対キッド、吉野対ハルク、戸澤対もっちー!



【第1試合:8人タッグマッチ】
スペル・シーサー&しゃちほこBOY&ヨースケ♡サンタマリア&林悠河 vs 堀口元気H.A.Gee.Mee!!&ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ&Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン

林が奮闘するもカゲトラの変形みちドラに沈む。

試合後、元気が斎了を呼び込む。
斎了は山形大会での復帰戦と次回11月の後楽園で試合することを楽しみにしていますとマイク。




【第2試合:シングルマッチ】
リョーツ清水 vs パンチ富永

PTが急所攻撃や監獄固めでリョーツを攻めるとさらにスパナで一撃。
劣勢のリョーツだったが走りこんできたPTを捕らえるとネックハンギングボムで反撃。
リョーツがロープに走るがセコンドのKzyが足刈り。
PTは一斗缶を持ち出すかリョーツに取り上げられてしまう。
しかしPTはメリケンを嵌めた拳で一斗缶ごと殴りつける。
最後はPTがPTキック(ケンカキック)で勝利。

試合後PTはリョーツのコスを剥ぎ取り暴行。
そこへ救出に来たのがディアハーツの3人。
PT退場後、大丈夫か?と心配するもっちーに対してコスを剥ぎ取られたリョーツは
「同情なんかいらないんですよ。
 同情するならズボンをくれ!
 同情するならズボンをくれ!
 同情するならズボンをくれ!」(リョーツ)
と叫んで退場。
ポカーンとした表情のディアハーツの面々(笑)



【第3試合:タッグマッチ】
T-Hawk&Eita vs YAMATO&問題龍

試合はイダルゴでEitaが問題龍から勝利。

試合後MBセコンドが乱入してミレニアルズを凹る。
土井ちゃんはミレニアルズを退場させた後、メインでトライアングルに挑戦するベテラン軍3人(CIMA、Gamma、フジイさん)を呼び出す。
そして土井ちゃんは2カウントルールを提唱。
しかしCIMAは3カウントを主張。
土井ちゃんは3カウントルールならノンタイトルマッチにすると脅すとCIMAも仕方なく認める。
メインは2カウントルールで行うことが決定!!

ちなみにフジイさんが土井ちゃんを蹴ろうとしたときに筋を伸ばした模様。
退場するときはGammaとCIMAの肩を借りてた(笑)





【第4試合:オープン・ザ・ブレイブゲート王座 次期挑戦者決定戦】
K-ness. vs ジミー・神田

クネスは神田の古傷である首を攻める。
試合中盤、クネスは延髄切りからスイングDDT、さらに介錯を決めるが神田はカウント2でキックアウト。
神田もフラップジャックから琉'sの体勢に入るが、耐えたクネスは昇龍脚から光の輪。
ここはカウント2で神田返す!

クネスは神田をコーナー逆さ吊り状態にしてのダブルフットスタンプからランニングスリー狙い。
しかし耐えた神田は雪崩式マンハッタンドロップからジョン・ウー!
そして琉'sを決めるがクネス返す。
ならばと神田はダイビングエルボードロップ!
これもクネス返すが神田は再度ダイビングエルボードロップ!
ここで神田はフォールに行かず再度ダイビングエルボードロップ!
カウント3!
ブレイブゲート次期挑戦者は神田!

試合後、八木さんは11月2日・大阪府立第一でのフラミータ対神田のブレイブゲート戦を決定!





【第5試合:Dia HEARTS VS MONSTER EXPRESS シングル3番勝負】
鷹木信悟 vs ドラゴン・キッド

信悟のガロンスローを喰らったキッドは勢いがありすぎたか脳天がマットに突き刺さる。
朦朧とした状態のキッド相手にその後は信悟の攻勢が続く。
しかしキッドは信悟を場外に出すとプランチャ式ウラカンラナ。
リングに戻してからクリストで締め上げるキッドだったが信悟はサイドバスターで切り返す。

信悟は串刺し式パンピングボンバーからSTAY DREAM狙いでキッドをコーナーに上げる。
キッドはスーパーフランケン狙いだが信悟はスーパーパワーボムに切り返す。
しかしキッドがウラカンラナで再々度切り返す!
キッドはミステリオラナからウルウラを仕掛けるが信悟は受け止めてパワーボム。

打撃合戦からキッドがバイブルで丸め込むがカウント2。
信悟はキッドをカサドーラ状態に捕らえるとMADE IN JAPAN!
しかしキッドカウント2でキックアウト!
ならばと信悟はパンピングボンバーを決めるとキッド返せず。
まずはモンスターエクスプレス先勝。



【第6試合:Dia HEARTS VS MONSTER EXPRESS シングル3番勝負】
吉野正人 vs B×Bハルク

試合開始後すぐに吉野がハルクを場外に出してトペ。
リングに戻ってからは吉野がハルクに中々反撃の隙を与えない。
変形DDTやジャベでハルクの首を攻める吉野。

ハルクもスワンダイブ式ニールキックから各種キックで反撃。
EVOの体勢に入るが吉野は後ろへ投げるアナザースペースから変形みちドラ。
ハルクはコーナーに上がった吉野にニールキックを決めると助走付きのEVO。

カウント2で返した吉野はカウンターのバックホーム。
続けてミサイルセントーンからトルベジーノ→ライトニングスパイラル!
カウント2でハルク返す!
再度ライトニングスパイラルを狙った吉野にハルクはキック。
さらに走りこんできた吉野に変形水車落とし。

その後バックの取り合いとなるが、ハルクはなんと吉野にパッケージジャーマン!
カウント3!
1勝1敗!




【第7試合:Dia HEARTS VS MONSTER EXPRESS シングル3番勝負】
戸澤陽 vs 望月成晃

もっちーはアームブリーカーや腕固め、指極め脇固めで戸澤の左腕に狙いを定めて攻める。
戸澤はカウンターのバイシクルキックでもっちーを場外に出すとトペ2連発。
打撃合戦から戸澤はバックドロップで投げると、コーナーにもっちーを上げて絶叫式雪崩式ブレーンバスター。

両者串刺しバイシクルキックと串刺しブートの打ち合い。
もっちーは戸澤をコーナー逆さ吊り状態にしてキック。
さらに中腰状態の戸澤にミドルキックからソバット→→ハイキック連打。

顔面への三角蹴りを狙ったもっちーに対して戸澤は逆に顔面への三角蹴り。
得意技を奪われたもっちーはならばと逆にジャーマンスープレックス。
両者ダウン状態から立ち上がり打撃合戦。
戸澤はジャーマンスープレックスを決めたが、もっちーは返すと腕ひしぎ逆十字!
信悟がタオルを投入仕掛けるが、技から脱出した戸澤はデッドリフトジャーマン!
カウント2!
戸澤は投げっぱなしジャーマンから頭部へのキック連発。
そしてハルクの前でファーストフラッシュ!
最後はパッケージジャーマン!
カウント3!
戸澤勝利によりモンスターエクスプレスが2勝1敗でシングル3番勝負を制す!試合後、戸澤とハルクが府立第一に向けてのマイク合戦。
その最後にハルクは気になる言葉を戸澤にかける。
「一つ確認させてくれ。
 ベストフレンドって言うよね?
 今のこの現状、モンスターエクスプレス満足してるのか?」(ハルク)
「どういう意味や!
 今上手く回ってるんや。
 もうええ!
 帰るぞ!」(戸澤)

と戸澤はそそくさと退場。
ME退場後、ハルクがリョーツをディアハーツ新メンバーにどうかともっちーに問うと、もっちーはとりあえずアイツにズボンあげてみようかとマイク。





【第8試合:オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合】
《王者組》土井成樹&サイバー・コング&Kzy vs 《挑戦者組》CIMA&ドン・フジイ&Gamma

MBは3人がかりでGammaを攻める。
剥き出しになったコーナーの金具めがけてGammaの体をたたきつけていく。
長時間のローンバトルを脱出したGammaはCIMAにタッチ。
CIMAは場外のサイバーにトペ。

リング内ではフジイさん、Gamma、土井ちゃん、Kzyによる丸め込み合戦。
カウント1でそれぞれ返していく。
KzyがKzyTIME狙いもGammaが竹刀で一撃。
GammaがCIMAのフットスタンプのアシスト受けてのブリッツェン。
カウント1。
GammaがガンマスペシャルもPTが八木さんのカウントを妨害。
ここでMBセコンドが介入。
Gammaにトレイン攻撃からKzyがスワントーン→サイバーがダイビングエルボードロップ!
しかしカウント1でGamma返す!

MBは土井ちゃんが土井555から清掃中プレート付きのイス越しにGammaにバカタレ!
カウント1!
Kzyの韻波句徒はGammaがリバーススープレックス。
しかしGammaが走りこんだところでサイバーがリング下からボックス攻撃。
KzyがGammaを羽交い絞めにしてMBが塩攻撃を狙ったが、Gammaが逆にKzyを羽交い絞めにするといっちゃんが塩攻撃!
最後はGammaがKzyにスカイツイスタープレス!
カウント2!
トライアングルゲート王座交代!!



試合後問題龍がKzyを突き飛ばす。
ベルトを取られたMBはKzyを一人残して退場。
長年ヒールポジションを務めていたKzyとうとうベビーターンか?
しかしこの試合で目を腫らしていたようなので心配ではある…。


CIMAのマイク中にミレニアルズ登場し舌戦を展開。
その結果、次回後楽園でベテラン軍は解散を賭けて、ミレニアルズはメキシコ強制送還を賭けて全面対抗戦決定!
最後は男泣き状態のGammaちゃんが大会を締めた。



この日はモンスターエクスプレス対ディアハーツのシングル3番勝負が全て名勝負。
キッドの高度な切り返しとそれを全て受け止めた信悟、ドリームゲート王者ハルクを追い詰めた吉野と戸澤に見せつけたハルクのパッケージジャーマン、そして御大と戸澤の壮絶な潰しあい。
この形式のシングル対抗戦は試合時間短めで終わることもあるけど、今日は3試合全てハズレなしだった。
メインのトライアングルゲートはGammaちゃんの奮闘に尽きる。
おっさん達の夢が叶った、まさにドリカム。
又、セミ後の戸澤とハルクのマイクに、メイン後のCIMAのマイクも文句のつけようがない。
ネット中継でもちょっと興奮状態だったので、会場で見た方はかなり楽しめたのではないかと思う。
無限大中継は23日なので見てない方はお忘れなく。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...