ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #431

ドラゲーNEWSより、“武勇伝・弐”の開催が決定。
なんと2月10日!
11日にはWWEの日本公演があるので、1日早く行ってこっちも観戦決定だな。


今日のスマックダウンはGMルームに居るエッジとヴィッキーから。
"アンタ、何てことしてくれたのよ!テイカーには王座獲得の最後のチャンスなのよ!"(ヴィッキー)
"アンタには罰を与えるわ。来週のスマックダウンで世界王座に挑戦するのよ。"(ヴィッキー)
それって罰になってないやん。
むしろご褒美に近いものがあるのでは?
"確認させてくれ。オレは来週バティスタに挑戦するんだな?"(エッジ)
"すると、テイカーは2番手ということか。"(エッジ)
"ええ・・・・。そういうことになるわね。"(ヴィッキー)
"感謝するよ、ヴィッキー。君のおかげだ。"(エッジ)
"いいのよ。その代わりお礼してね。"( ̄ε ̄@)chu(ヴィッキー)
そういうことね。
そら罰にならへんわな。


JBLからMVPへのUSチャンピオンズリング贈呈式
JBLは、国連の警備員に持ってこさせたリングをMVPに贈呈。
そしてMVPがマットをけなしているところにレイ登場。
"オマエはマットが怖いからツルんでたんだろ?"
レイにMVPに不意打ちを喰らうものの、あっさりと反撃を開始し、ドロップトーホールドで619の体勢に入る。
そして619を決められる前に逃げるMVP。


モリソン&ミズ対メジャー兄弟
試合はミズがメジャー兄弟のどちらかをリアリティ・チェックでピン。
結構ミズとモリソンっていいタッグチームになるかも。


ケイン対ダディ・V
昨日のECWとほとんど同じカードやんけ。
サバイバーシリーズ前から、進展のないシナリオをだらだら続けてる感じ。
まさか、アルマゲドンまで引っ張る気ちゃうやろな。。
試合は、ケインがコーナートップに登ったところでストライカーがイスを持って乱入。
しかしケインのクロスラインはストライカーに炸裂して、ケインはイスを奪いダディ・Vを一撃。
結局シナリオは続く・・・。


ミステリオ対MVP
試合は、MVPがプレイメーカーに行こうとしたところをレイがかわして、逆にウラカンラナからの619。
その後ウェストコーストポップの体勢に入ったものの、離れてしまったMVPに対し後頭部へ蹴りを決めて、再度619。
そしてウェストコーストポップを狙ったところを、MVPがパワーボムで返しそのままロープ悪用でピン。


ヘンリー対フィンレー&ホーンスワグル
試合はフィンレーのこん棒攻撃から、ホーンスワグルのオタマジャクシ・スプラッシュでピン。
試合後にカリ登場。
フィンレーは後ろからヘンリーに襲われ、続いてカリがネックハンギングボム。


ノーブル対パランボ
試合は、ノーブルがパランボを丸め込んでピン。


ビクトリア対トリー
試合はトリーがウィドーズ・ピークをネックブリーカーで切り返してピン。
そろそろトリーもピンクが似合わなくなってきたかなぁ。


カッティングエッジのゲストはバティスタ。
"ようこそ・・・"(エッジ)
"黙れ!オマエら2人の関係なんかどうでもいい!だがヘドが出るのは・・・。"(バティスタ)
"ヘドが出るのはオレの方だ!オレの居ない間に王座を横取りしやがって!"(エッジ)
"黙れ!オマエは王座戦にも値しねぇ!"(バティスタ)
"オマエには王座よりこれが似合う。"(バティスタ)
と言って突き飛ばして、あっさりと去っていくバティスタ。
そこへゴーン!
場内が暗転してテイカー登場。
ヴィッキーを置いて一目散に逃げ出すエッジ。
そしてテイカーはヴィッキーをツームストーンの状態に抱え上げるが、最愛の人を助けに来ないエッジ。
結局、そのままテイカーはヴィッキーにツームストーン敢行して番組終了。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...