ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #74

今日の週プロの表紙はCIMA~!
やったね!
weekpro.jpg









さて今日はECW。
いきなりケイン登場。
ケイン対ヘンリー
ECWでの試合ならせめてどっちかにECWのレスラーを入れましょうよ。
もはやECWではないし。
試合は、終盤にヘンリーがイスを持ち込み、レフェリーはイスを使ってもいない内に反則負けをコール。
しかもヘンリーがイスを使うシーンは見てないし。
試合後にヘンリーはケインをワールドストロンゲストスラムでイスに叩きつける。


ノーブル対ナンジオ
ノーブルのカウンターのパワースラムは迫力十分。
その後もノーブル優勢で試合は進むが、ナンジオは一瞬の隙をついてシシリアンスライス。
最後はノーブルがロックボトムの体勢からバックブリーカーで落とし、ガットバスターでピン。


レイラ対ケリー
エクスポーゼは解散ってことなんかね。
となると、レイラの将来も暗いなぁ。
ブルックに至ってはセコンドにも付いてないし。
試合はレイラがボディスラムで勝利。
試合終了後にマホーニー登場して、ミズを挑発するが、レイラがミズを抑えて終了。


バーク対ムーア
元々ムーアはECW所属やったから、この試合に関してはあまり違和感はない。
あの時は"社会のクズ"ギミックで、外見もかなりヤバかったもんな。
試合はバークがイライジャエクスプレスでピン。


サバイバーシリーズでのHBK対オートンの試合はスイートチン禁止?
但し、オートンが反則したらHBK王者?
盛り上がんのか?


モリソン対パンクのECW王座戦
試合は中盤にミズがリングサイドに登場。
終盤に、パンクはモリソンをgo2sleepの体勢に抱えあげるが、ミズに気を取られてる間に横十字固めに丸め込まれカウント2。
その後、モリソンはトリッキーなキックを決めてからネックブリーカーを狙ったところにミズが帽子を投げ入れる。
それに気を取られたモリソンは、パンクにスクールボーイで丸め込まれて3カウントを取られて試合終了。
今後はミズとパンクとモリソンで3つ巴の雰囲気だけど、バークを入れて欲しいよな~。



宮部みゆきの"楽園"
一応模倣犯の続編みたいだけど、模倣犯を見てなくても十分面白い。
やっぱり面白い本ってのは、時間を忘れて読み込んでしまうことを再認識。
外回り中に時間を見つけては読んでたんで、上下に分かれてても実質は2日で読み終わり。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...