ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #31

さて先週???な感じで終わったECW。

 

 

CMパンク登場してハードコアとの再戦。

CMパンクが試合中盤トペ・スイシーダを見せたけど、足が引っかかってちょっと不細工に落ちてしまう。

しかしそこで"E・C・W!"チャント。( ・_・)ん?

試合はかみ合わないまま、ハードコアがアラバマスラムから3カウント。

はっきりいってハードコアの完勝。

この試合のCMパンクはいいとこなかったな~。

シャノンとかナンジオとしてた時は将来有望株に見えたんだが。。。(ー’`ー;) ウーン

相手が優秀なジョバーだったというのもあると思うけど、やっぱりRVD、ラシュリー、テストとかと比較すると、まだトップグループには早いかなぁ、という印象がハードコアとの試合を通して強くなってる。

これは越えないといけない壁ができちゃった感があるわぁ。

 

 

イライジャ・バークとサンドマンの絡み。

ちょっとパンチと竹刀がかみ合わなかったけど、ターカイが出てくるわけでもなく、すぐに終了。

ストライカーとサンドマンの抗争は終わったん??

 

 

ECWルールでドリーマー対カリ。

RAWと契約したんちゃうんかい、カリ。Σ(- -ノ)ノ エェ!?

当然ながらカリが攻める展開も、サミングから凶器を持ち出すドリーマー。

カリに一発の後、キレイに頭から突っ込んできたデバリにもくらわす。

デバリのやられっぷりがいいわ~。

ボクの頭に当ててくださいって感じでの突っ込み方は見事というか何というか、とにかく笑けてしまったわ。ギャハハハ(≧▽≦)

 

 

ケビン・ソーン対シャノン・ムーア。

ダークキス(?)からの雪崩式ダイヤモンドカッター(?)でソーン勝利。

この試合アリエルしか見てないし、それ以外特に見なくてもよし。

 

 

メインは先週の再戦、RVD対ラシュリーのECW王座戦。

途中RVDは珍しく首4の字固めやトラースキックを見せる。

そして先週の続きのように実況席にラシュリーを乗せ、旋回式のキックにいこうとするも、今回は寸前でかわされ、ヒザを痛める。

それからはラシュリーのペースになるが観客はブーイング。

やっぱりECWでRVDと試合する以上ブーイングを浴びるのはしょうがない。

ブレーンバスターからスピアーにいきフィニッシュ寸前に、予想はできたけどテストが乱入して、ラシュリーとRVDにイス攻撃をみせてノーコンテスト。

 

 

これで次はテスト、RVD、ラシュリーの3Way王座戦が濃厚に。

今の状況ならテストに巻かせてみてもいいかなと思うけど、昔のテストの印象から考えるとちょっと怖い。

やっぱりヒール転向かなぁ、ラシュリー。





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...