ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #63

ちょっとリンクを追加。
追加したのは金本浩二、ディック東郷、健介。
SUWAさんはもう終了したんで消してもいいねんけど、一応残しとく。
コジログもう当分は更新しないかな。


今日のECWはいきなりのエクストリームルール。
ビッグ・ダディ・V対ドリーマー
リング上には既に色んな凶器が満載。
完全にドリーマーを光らせるための試合だな。
試合は数多くの凶器がある中、リング下からテーブルを取り出すドリーマー。
最後はリング内に設置したテーブルへのサモアンドロップでビッグ・ダディ・Vの勝ち。
リング内の凶器で使ったんは、イスと竹刀とカートくらいかな。
半分以上は未使用のまま終了。。。
どうせドリーマーなんだからもうちょっと時間を取ってやればいいと思うねんけど、まあサマスラ前やし他にも見所があると思う事にしよう。


ここでも子供探しのビンスとコーチ
"アナタはバスルームで誰かにあったそうですね。"(コ)
"70年代のニューヨークでのことです。"(ビ)
"どうしてそれを?あの頃私は少し変態趣味があってな、彼女の方から・・・"(ビ)
"・・・そこで結構です。時間と場所が合うスパスタがいます。"(コ)
するとマホーニー登場。
"この物体を早く追い払え。"(ビ)
中々このビンスの子供探しスキット面白いな。
大体ビンスはバスルームでどんな行為をしたんやろ?
すごく気になる。。。


バーク対マホーニー
ECWにしてはじっくりとした試合展開。
バークは結構じっくりとした試合でも見れるから、退屈にはあまりならない。
あくまでもあまりなんだけど。。。
最後はバークがコーナーへ誤爆したところを丸め込んでマホーニーが3カウント。


ビンス&コーチ
"手がかりは少ないですが、名前の頭文字にMが付く男です。"(コ)
"マクマホンのMかもしれません。"(コ)
"通せ"(ビ)
そこへ出てきたのはCMパンク。
"コイツはMは付くが、私の息子ではない。私とは全く違う。"(ビ)
"酒も女とタバコもしない禁欲主義だからな。"(ビ)
"もう一つ相違点がある。オレはコンドームなしで売春婦とヤラない。"(C)
"認知訴訟を起こされたり、恥をさらしてもいない。"(C)
これはイマイチやったかな。
どうせモリソンもMが付くんだから2人まとめて呼び出せばよかったのに。。。


パンク&ブギーマン対ミズ&モリソン
何気にモリソンとミズのタッグというのはタフイナフ卒業生同士か。
ECWとはいえメインを飾るというのは、それなりに成功した企画とはいえるかも。
そういえばブギーマンもタフイナフだったかな。
となると4人中3人がタフイナフ出身。
優勝者はメイヴェンとダニエルピューダーとか言ったかな?
メイヴェンはそれなりに頑張ってたとは思うが、前座止まりだったもんな。
タフイナフ失格者の方が活躍してるやん。
試合自体はパンクが捕まる展開。
ブギーマンに交代することが出来ずに、ミズにはgo2sleepを決めるも、ブラインドタッチをしていたモリソンにキックからネックブリーカーを決められピン。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...