ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

タッグトーナメントを制したのはハルクとアキラ~8.7 愛知・名古屋国際会議場~

試合結果はスポーツナビから。
「恒例タッグ戦、ハルク組が望月組を破って優勝」(スポーツナビ)
------------------------------------
8.7 愛知・名古屋国際会議場

○谷嵜なおき&Kzy&トマホークT.T(インプラント)ドン・フジイ&横須賀享&小林瑛太×

Summmer Adventure Tag Tournament 2011 準決勝
○B×Bハルク&戸澤陽(ファーストフラッシュ)吉野正人&ドラゴン・キッド×

Summmer Adventure Tag Tournament 2011 準決勝
望月成晃&○YAMATO(武者返し)土井成樹&神田裕之×

Summer Adventure Tag Tournament 2011 1回戦・Bブロック
○B×Bハルク&戸澤陽(ファーストフラッシュ)新井健一郎&岩佐拓×

○サイバー・コング(サイバーボム)鷹木信悟×

Gamma&○KAGETORA&リッチ・スワン(影縫)CIMA&斎藤了&堀口元気× 

Summmer Adventure Tag Tournament 2011 決勝戦
B×Bハルク&○戸澤陽(パッケージジャーマンスープレックス)望月成晃&YAMATO× 

------------------------------------
東京と大阪で開催されたタッグトーナメント。
そして名古屋で準決勝と決勝が行われたが、優勝したのは決勝で日米チャンピオンタッグを下した戸澤&ハルク組。
試合後には戸澤ハルクに加えて、第4試合で信悟を下したドリームゲート挑戦が決まっているサイバーが加わり乱闘が開始。
すると、JⅢ側も信悟とKAGETORAが応戦。
「戸澤、ハルク、サイバー!
 ブラッドの中でてめーら3人が一番気にいらねぇんだよ!」(KAGETORA)
「雑魚は下がっとけ。」(戸澤)
「調子のってると半殺しにするぞ。」(ハルク)

ということで、今後のハルク達のターゲットはYAMATO、信悟、KAGETORAの元KAMIKAZEトリオに。


またサイバーはもっちーに対してドリーム挑戦をアピールした後、吉野に襲いかかる。
「なにわ式の件、どうなっとるんじゃ!
 オレはなにわ式の問題、オマエらの問題、ドリームゲート、全部クリアしてもっと上に行ったるからな。」(サイバー)
------------------------------------
☆8月25日(木)東京・後楽園ホール

ノンブレ・コントラ・ノンブレ~なにわ式イリミネーションマッチ~
吉野正人&鷹木信悟&YAMATO&KAGETORA VS 土井成樹&B×Bハルク&サイバー・コング&戸澤陽
※「ノンブレ」…スペイン語で「名前」の意。
Blood Warriors が勝利した場合、試合の名称が「吉田式イリミネーションマッチ」に変更となる。

------------------------------------


さらに土井ちゃんが続く。
「神戸サンボーでジャンクション同士のトライアングルが組まれてるけど、誰が見たいねん。
 オマエら同士の試合で何見せれんねん。
 そんな事より、オレはまたまた見えないところで動いちゃってるからな。
 楽しみにしとけ。」(土井)

これは神戸サンボーホールで何かがありそう。
ただ土井ちゃんのことなので、大爆発を起こすか、それとも不発弾で終わるかは行ってみないと分からない(笑)



と いうことで、バッドエンドで終わったサマーアドベンチャータッグトーナメント。
ツインゲート王者がCIMA&リコシェということで、ハルク&戸澤組のタイトル挑戦というのはしばらくないのかな。
どちらかといえば、今回はサイバーのもっちーへのドリーム挑戦とYAMATOと戸澤の遺恨深まるという二点に重点が置かれたタッグトーナメントだったような…。
新岩がベスト4まで残るような波乱があればちょっと違ったかもしれないけど、来年はもう一回タッグリーグ戦に戻してほしいかも。



大阪大会の観戦記は一応明日にはアップする予定です。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...