ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #412

今日はZERO1でもっちーとがっちゃんがタッグマッチながら激突。
詳細はスポナビ御参照のこと。
やっぱりドラゲー退団者とドラゲー選手が試合をするっていうのは楽しみ。
最後は真・最強ハイキックで藤田から取ったみたいだけど、今後天下一ジュニアに参戦を表明したもっちー。
となると、シングルでの試合も見れるかも。
新日のベストオブスーパージュニアの時は、ハルクとミラノが別グループになってしまったしな。

※8/3追記:もっちーがオフィシャルでコメント
※8/3再追記:王子もしれっとコメント

さて今週のスマックダウン。
MVPが登場し、実況席へ。
マット対マスターズ
グレートアメリカンバッシュではマット対MVPのUS王座戦が決定。
いい試合にはなるだろうけど、先週マットが勝ってんのにな~。
試合はマスターロックを決めようとしたところでCM!
まさかこのタイミングでCM入れるとは。。。
CM後は何もなかったようにマットを攻めるマスターズ。
マスターズの攻めとマットの受けのリズムがイマイチ合ってない。
最後はマットが電光石火のツイストオブフェイトを決めて勝利。
試合後にMVPに気を取られたマットをマスターズがマスターロックで捕獲。
MVPはマットにプレイメーカーからエルボーを決めて退場。


フィンレー対ヤン
ヤンも先週のマスターズ戦に続いてジョバーに格下げ?
クルーザー級王座奪取まであと一歩やったのに、ジョバーとはもったいない気がするけど。
試合はヤンがそれなりに見せ場は作るものの、最後はフィンレーのケルティッククロスで勝利。
試合後はホーンスワグルを使っての攻撃を見せるフィンレー。


チャボ&ノーブル対メジャー兄弟
いきなり相手がジョバーから、ベテランの強豪へ変わったメジャー兄弟。
試合ではチャボ相手にダブル攻撃を失敗してオロオロしてしまう姿があったものの、チャボ相手だけになんとかなった感がある。
ブレットが捕まる展開から何とかブライアンに交代。
ブライアンはチャボに向けてスパインバスター。
これはキレイに決まってた。
ブレットはノーブルを場外にブレーンバスターで排除する。
最後はチャボにミサイルキックを決めたブレットがチャボを押さえ込んで、何とメジャー兄弟の勝利。
試合を通してチャボとノーブルの強さが際立ってたけど、このままデュース&ドミノに挑戦となるか。


セオドア登場して、バティスタとカリの調印式
バティスタがサインして、残りはカリのサインのみ。
"先週挑戦者を募集したけど、カリに合う紳士的な相手を募集してたんだ。"(通)
"オマエは紳士的ではない。野獣などもってのほかだ。"(通)
"いいからサインしろと伝えやがれ。"(バ)
"ウガー。ウガー。"(カ)
何を言ったか知らないが、素直にサインするカリ。
サイン後、バティスタはカリに握手を拒まれたからビンタをかます。
確かに紳士的ではない。。。
リングから降りて花道に下がったカリに向かって鉄階段・テーブル・イスを投げつけるバティスタ。
確かに野獣だな。


パランボ対誰か
パランボのベリートゥーベリーで恐ろしく飛んでいくジョバー。
最後はパランボが秒殺。


ユージン対ヘンリー
本来デュースの相手だったけど、車に乗りたいという理由で代役になったユージン。
試合はヘンリーがワールドストロンゲストスラムからのベアハグで圧勝。


バックステージでのセオドアとクリスタル
"ダイヤがよく似合うね。クリスタル。"(セ)
いちゃついてるトコロにヴィッキー登場。
"さっきのカリへの対応は良かったよ。毅然とした対応は必要だ。"(セ)
"ヴィッキー、聞いて。私達この夏に結婚するの。付添人になってくれない?"(ク)
"おめでとう!もちろんならせてもらうわ。"(ヴィ)
このスキットは必要なのか?


ビクトリア対トリー
ビクトリアがスマックダウンに来た理由がよくわからんよな。
スマックダウンには女子王座は無いねんから、ビクトリアにとっては左遷状態になってしまってる。
試合はトリーがリングアウト勝ち。
試合後にビクトリアがまだ終わってないわよ!って言ってたけど、別にトリーとのライバル関係は終わらせても問題なし。
早くミシェルと絡んでほしいトコロ。


エッジのR指定祭り
"今夜はニューオーリンズで史上最大の祭りを開く。"
"但しオレはケインを倒した後、さらに大きな祭りを開く。"
"仕事の話はここまでだ。パーティーを始めるぞ!"
ということで、リングの下を周りだすエッジ。
そこでクイーンの中身が怪しいと見たエッジはスピアーを決める。
しかしケインは背後のキングの中に潜んでおり、エッジをリング内に入れて、ショルダースルーで投げる。
その後、パーティの参加者のピエロや海賊に向かってブートやチョークスラムを決めるケイン。


どうやら次のグレートアメリカンバッシュで決まってるカードは
エッジ対ケインとMVP対マット、バティスタ対カリくらい。
クルーザー級王座戦はなさそうだし、タッグ王座は微妙なところ。
PPVも3番組共催となると、出れないスパスタが出てくるのはしょうがないねんけど、ネイチ対フィンレーやらないかな??


森村誠一の"致死眷属"。
夫婦交換をしたことから殺人事件が色んな方向に発展していく推理小説。
1978年に書かれた小説だけど、倦怠期の夫婦の性生活から始まり、商品取引やソープ、債権偽造など古さを感じさせないのがスゴイ。
tisikenzoku.jpg




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...