ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW#30

今日は新年1発目のECW。

去年1年が非常に不安定なECWだったので今年1年がどんな年になるかな~っと。



まずはテストのマイクから。

真に挑戦すべきは俺だとアピール。

試合に勝ってもいないRVDを挑戦者に選ぶべきではないと。

試合に勝ったのはこのオレなんだと。

確かにそのとおり。

まあアンタもRVDのファイブスターを横取りしたからどっちもどっちなんだけど。



そしてその3Wayで一番蚊帳の外だったサブゥーと試合。

わりとあっさりとテストの勝ち。

サブゥーこのままのポジションしか与えられないなら、TNA移籍も考えてもいい気がするわぁ。

明らかにタイトル戦線からは遠い位置にいるし、今のECWには居場所もない気がする。。。( ̄_ ̄|||)どよ~ん



続いてFBI対バーク&ターカイ。

途中バークがCIMAがするようなコーナーへの串刺しダブルニーを見せる。

CIMAほどの綺麗さはないけど。

最後は、ターカイがママルークからフィニッシュには使わないだろうという技でタップを取って勝ち。

ターカイもマッスルバスターがフィニッシュじゃなくなったんかなぁ。



来週のCMパンク対ハードコアの予告とトミーのインタビューをはさんで、ケビン・ソーン対ボールズ。

なんともいえないあっけない結末のスリーカウント。。。

ロープから帰ってきたボールズのアゴにエルボーがモロにヒットしてる。・・・(;´Д`)ウウッ…

結局ソーンはパンチとキックとエルボーしか出してないし。



さて気分を変えてメインのECW王座戦。

中盤ラシュリーはベリー・トゥ・ベリーからアルゼンチンバックブリーカー、滞空式BBへとつなげるもRVDも返す。

RVDはローリングサンダーに行こうとするも、場外に逃げるラシュリー。

RVDは実況席にラシュリーをたたきつけてから、いつもの場外への旋回式キックを見せようとするも、ラシュリーはテーブル上で立ち上がってしまう。

しかもテーブル上でよろけてしまうラシュリー。

戸惑いながらセカンドロープに足を掛けて、テーブル上のラシュリーへダイビングラリアット。

お客さんは"ECW!ECW!"チャント。

そして試合終了。



(・_・) えっ?終了?

当然お客さんも"Bullshit!!"( ̄。 ̄)”凸

せめてテストが乱入してきてノーコンテストとかならまだ分からないでもないねんけど、特に乱入もなくてあの終わり方は納得できないのも分かるわ~。

今年も前途多難なECWになりそう。・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...