ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。
[1362] [1361] [1360] [1359] [1358] [1357] [1356] [1355] [1354] [1353] [1352]
昨日は週モバの詳報は遅くまで更新されなかったので、今朝のアップとなりました。
試合結果は週プロモバイルから。
------------------------------------
10.10 福岡・博多スターレーン

○CIMA&Gamma&シーサー(メテオラ)神田&アラケン&Dr.マッスル×

○谷嵜&Kzy(インプラント)ハルク&琴香×

○キッド&元気(ウルトラ・ウラカン・ラナ)PAC&土井×

オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合 挑戦者チームメンバー選出決定戦
○KAGETORA(影縫)YAMATO×

3wayタッグマッチ
クネス&享 対 もっちー&フジイ 対 信悟&サイバー
もっちー&○フジイ(ナイスジャーマン)信悟&サイバー×
クネス&○享(ジャンボの勝ち!固め)もっちー&フジイ×
※3wayマッチの勝者はクネス&享組

オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
○吉野(ソル・ナシエンテ改)斎了×
※第12代王者が初防衛に成功

------------------------------------
第1試合に出てきたDr.マッスルは、菅原の得意技のTCOや試合後に十三不塔を使用。
またDDに戻ってくるのか?
それとも思わせておいての違う誰か?


第3試合後、キッドはPACに対してブレイブ挑戦を表明。
そこへ出てきたのは前回の神戸サンボーホールでキッドと揉めたクネス。
両者が英語でアピールし、ねるとんばりに手を差し出すと、PACが選んだのはクネス。
まさに・・・だーい、どんでん返し!
まあ言ってみたかっただけですがw
------------------------------------
☆10月24日(日)佐賀・諸富ハートフル

【オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合】
《王者》PAC VS 《挑戦者》K-ness.

------------------------------------
となるとPACが防衛に成功した場合、キッドが挑戦するのは大阪第1かな?
クネスが王座奪取して、クネス対キッドってのも見たいカードではあるけどね。


後楽園でトライアングル王者のWARRIORSに挑戦するKAMIKAZEのラストメンバーを決める第4試合。
結果は影縫でKAGETORAがYAMATOから勝利。
ということでトライアングルに挑戦するのは信悟&サイバー&KAGETORAに決定。
「自分自身に腹が立つ。
 これでオレは足軽以下。」(YAMATO)
「YAMATOに勝った以上、トライアングルは絶対に負けられない。
 胸を張って後楽園のお客さんの前に姿を現したい。」(KAGETORA)

YAMATOはドリームを落としてから下り坂を駆け下りてる感じ。
もう一回上がっていくには何かきっかけが必要になるのかな。


メインで行われたドリームゲートのタイトルマッチはソル・ナシエンテ改で吉野が初防衛に成功。
「今のオマエは真ん中くらいのポジションで居心地いいのかもしれんけど、
 もっともっと欲を出したほうがいいんじゃないか。」(吉野)
と斎了に言った上で第2回目の吉野くじを引く。
そして引いてきたボールに書かれていた名前はCIMA!
しかしCIMAは態度を保留。
斎了がCIMAに挑戦を懇願するもCIMAの態度は変わらず。
また、バックステージで吉野がコメントを出していたときに土井ちゃんが登場したらしい。
「CIMAが保留してるんやったらオレのくじ引いてくれよ。」(土井)
「土井ちゃんの気持ちは分かる。
 でもオレは博多の皆の前でCIMAを引いたんや。
 オレはどんな手を使ってもあいつを引っ張り出してドリームゲートを防衛する。
 その次の第3回は土井ちゃんのボールを引きに行くから。」(吉野)


次にドリームゲートのタイトルマッチが行われるのは大阪府立体育会館第1競技場大会。
ここで吉野対CIMAが実現するか?
しかしそれまでにユニット状況がどうなってるか分からないからなぁ。






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
メイン大会はやはり違う
御報告お疲れ様でした。やはりメインでの大会になりますと盛り上がり(無論、地方大会も同じくらい)が違いますね。さて、次戦のトライアングル選手権選手決定試合では、予想に反し?KAGEがYAMATOを影縫で下し、出場権を得ましたか~。確かにYAMATOは、ドリームを陥落してから今一つという感じですね。まあ、ヒールターンする事はないと思いますが。そして、メインのドリームゲート選手権では吉野が斎了をソル・ナシエンテ改で下して初防衛に成功し、時期挑戦者にはCIMAが決定も本人は態度保留。ただ、連続でウォーリア勢相手というのも面白さに欠けるかなと私個人として思いますね(私は次挑戦者手にDDの谷が面白いだと思いますが)そう言えば、第一試合で登場したDrマッスルは誰だったんでしょうね?
鳳凰神 2010/10/11(Mon) 編集
お疲れ様です。
実際の場所で見てるとやっぱ熱気が違いますw
Drの中身は技一発であいつか!っていう空気になりましたねw 俺も直感しましたw
メインは斉了を応援してたんですけどね;;
勝ってほしかったです><;
次は大阪、そして最後に福岡国際。
CIMA以外の人間が勝てばCIMAに続く2度目の栄冠。過去防衛無しは斉了だけか・・・
このままだとウォリアーズはトライアングルまでとられそうで怖いです・・・;
暗黒!! 2010/10/11(Mon) 編集
無題
>鳳凰神さん
まあYAMATOのヒールターンはないでしょうね。
また谷やんはドリームゲートを取ったことがないので、吉野くじの対象にはなりませんよね。
ビッグマッチのメインで谷やんというのは中々デンジャラスな気がしますが…。

>暗黒!!さん
博多の熱気は凄そうですからねぇ。
一度は生の博多スターレーンを見てみたいとは思っとります。

斎了は残念でしたね。
でも吉野のコメントは考えさせられました。
斎了も中堅に収まってますけど、本来ならもっと上でやれる選手ですからね。
復帰してからは流れもあって他のメンバーのアシスト役に回ることが多いですけど、そろそろオレがオレがと前面に来てもいいのかなぁと思います。

もしCIMAが吉野から取れば3度目の戴冠になりますね。
アタマ2つ抜け出たことになるので、吉野としては阻止したいところなんでしょうけどどうなるでしょうねー。
ペイタン URL 2010/10/11(Mon) 編集
Drの中身は?
ホントにDrの正体は誰なんでしょうね?
Drの存在は黒幕の存在を示唆しているのですから、近々(後楽園?)何らかの動きがあるということですよね。
博多に出場したDrの中身が、がっちゃんというのはあり得ませんけど(距離的なことも含めて)。最終的には土井ちゃんもハルクも裏切らなくて、がっちゃんを含めた別の誰かが黒幕だった。というオチもアリになる伏線でしたね。
とにかく、ドラゲーにとってDrというキャラは便利な存在なので、アレはアレで面白いというか、アリなんですけどね♪
Drの所属していた「マッスルアウトローズ」はとっくに消滅してますけど(笑)
えりんぎ 2010/10/11(Mon) 編集
えりんぎさん
ドクターマッスルが登場して以降、ユニット改変の時には大体ドクターが出てきてるような気がしますよね。
今回のドクターは一体誰だったんでしょうね。
後楽園でドクターの正体が明らかになったとしても、博多大会で入ってた人とは限りませんし。
昔はマッチョ記者という説が一番有力だったんですが(笑)
ペイタン URL 2010/10/12(Tue) 編集
今日は…
土井ちゃんがDDに電撃加入する気がしてならないのは僕だけでしょうか…どちらにしても大きな動きがありそうですね
ドラゲーまにあ 2010/10/13(Wed) 編集
ドラゲーまにあさん
返信遅くなって申し訳ありません。

土井ちゃんがDDではありませんが電撃加入しましたねー。
大きな動きがありまくりの後楽園でした。
おかげでブログ更新がいつもより時間がかかってしまいました(汗)
ペイタン URL 2010/10/14(Thu) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
10
14 18
24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
ドラゴンゲートブログ更新通知bot
リンク
amazon.co.jp
amazon.co.jp
googleadsense
プロフィール
HN:
ペイタン
性別:
男性
自己紹介:
このブログはドラゴンゲートメインのプロレス観戦記ブログになります。
ドラゲー以外の団体はWWEや新日本等も観戦しますが、ブログで観戦記を更新することは基本的にないと思います。

管理人への要望や苦情はメール、またはtwitterからどうぞ。
twitterアカウントは@dragatelivevol1です。
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
googlesitemap
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
最新コメント
[08/23 まきし]
[08/23 kamon]
[08/23 Enigma]
[08/23 匿名]
[08/23 ペイタン]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ドラゲーライヴ Vol.1 All Rights Reserved
/