ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

スマックダウン #408

明日はドラゲーN-EXTRA。
NEXは初めて見に行くけど、明日は本隊の選手も多数参加ということでやっぱり楽しみ。


何度もビデオを撮り間違えたので、土曜にしてようやく見れるようになったスマックダウン。
ECWに続いて、再びビンス追悼モード。
スマックダウンのスター達がうつむいて10カウントゴング。
WWEの副社長が出てきてのコメントまで。
やっぱり笑えねぇ。


ケンドリック&ロンドン対デュース&ドミノ
試合はケンドリックが捕まる展開から、ロンドンがラッシュ。
ケンドリックは介入してきたドミノを場外に落とすが、逆に場外でボディスラムを喰らう。
再びリング上に上がってきたドミノにロンドンが二角蹴り。
最後はデュースが顔面蹴りをロンドンに決めて勝利。


リーガル対マット
序盤はお互いにグラウンドの争いを見せるが、リーガル卿のグラウンドはさすが。
その後はリーガルが打撃から、関節技で攻め込む。
マットもサイドエフェクトから何とか反撃を見せるが、リーガルも急角度のバックドロップからタイガードライバーを見せる。
最後は一瞬のスキをついてツイストオブフェイトでマットの勝利。
やっぱりここ最近のマットの試合は面白いし、殆どハズレがない。
スマックダウンに移籍してきたころは"We want Jeff!!"コールが聞かれてたけど、この試合でもお客さんも大盛り上がり。
リーガル卿もブギーマンとかケインとの絡みではなく、久しぶりのテクニックを見せれるシングルマッチやったね。


MVP対バティスタ
試合は、MVPが場外でのブートから流れを掴むが、バティスタもクロスライン、ボスマンスラムと反撃を開始。
MVPもコーナーへのブートを見せようとしたところに、バティスタがカウンターのスピアー!
最後はバティスタボムで3カウントだったけど、スピアーで勝利でも良かったと思うくらい説得力あったわ~。
終盤の流れは面白い試合やった。


デバリ対ノーブル対シャノン対ヤンの4Way次期クルーザー王座挑戦者決定戦
シャノンの顔のペイントがなくなってる。
最後はヤンのムーンサルトでデバリを押さえ込んで、ヴェンジャンスでの王座挑戦権獲得。
シャノンの動きのよさが目立ってた。


ネイチ対エッジ
試合はネイチが足4の字を決めたところにMVP乱入。
MVPにチョップを決めたネイチが振り返ったところにエッジがスピアー。
リング上でMVPとエッジがネイチを攻めてる時にバティスタ登場。
バティスタがMVPをリング外に排除した後、振り返ったところにエッジがスピアー。


今週のスマックダウンは移籍組ではネイチだけ。
だからというわけではないけど、番組自体は面白かった。
マスターズやカリは来週以降かな。




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...