ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

DDに新メンバー加入!~9.17 東京・後楽園ホール~

試合結果はスポーツナビとバトルニュース及び週プロモバイルから。
「王座戦からまさかの遺恨勃発、10.13敗者解散マッチだ」(スポーツナビ)
「WARRIORS対KAMIKAZE、トライアングル王座戦で完全決着」(スポーツナビ)
「好勝負だったクネスカvs.土井吉のタッグタイトル戦を"あの男"がブチ壊す!
 公約を守った菊地の前には"あの男"が立ちふさがる!」(バトルニュース)

------------------------------------
9.17 東京・後楽園ホール

○菊地&泉田(火の玉ボム)超神龍&琴香×

○斎了(グラウンドコブラツイスト)橋×

3wayマッチ
○Kzy&神田(スカイデスクールボーイ)谷嵜&ハルク×
※もう1チームはGamma&キッド

○元気(バックスライド・フロム・ヘブン)YAMATO×

信悟&○サイバー&KAGETORA(サイバーボム)もっちー&フジイ&CIMA×

オープン・ザ・ツインゲート選手権試合
クネス&○享(谷嵜のインプラント)土井&吉野×
※第12代王者が3度目の防衛に成功

------------------------------------
第1試合では、前回の後楽園大会で5分で終わらせると言った菊地が泉田と組んで超神龍&琴香と対戦。
結果は3分42秒で菊地組の勝利。
試合後にストーカー市川が登場し、次回後楽園大会で菊地とシングルマッチ決定。
しかも菊地はカズ・ハヤシから世界ジュニアを取ったら挑戦者にするとか…。
色々とハチャメチャだな。
ていうか、いっちゃんは2010年の東京最終戦を終えたハズなんだが(笑)
------------------------------------
☆10月13日(水)東京・後楽園ホール

【裏・暴走十番勝負】
“ハリウッド”ストーカー市川 VS 菊地毅
------------------------------------


第2試合は斎了が橋のおっぱいに照準を絞って、最後はおっぱいを触りながらのコブラツイストからグラウンドコブラに移行して勝利。
試合後、斎了は次回の後楽園ホールでタッグを組みたいと告げる。
橋は不満タラタラだが斎了は勝手に決めて退場。
「〝斉藤 了〟からのラブ・コール(?)」(橋誠のボチボチいこうかブログ)

バックステージでの斎了は博多でのドリームゲート戦に向けて
「オイ吉野、今の試合見て舐めてんなと思うかもしれないけど、
 逆にオマエはこういう試合ができんのか?
 WORLD-1もKAMIKAZEもレスラーとしての幅が狭すぎんだよ。
 なんでもやんのがプロだろ?
 吉野はカッコつけてばっかでよ。
 出来んのか、おっぱいマッチ?」(斎了)
と吉野を挑発。
なんかカッコいい気がするが、「オマエに男色ディーノと試合出来んのか!?」って聞いて信悟に「したくねえよ!」って一喝された戸澤をちょっと思い出した。


第3試合は谷ハルに誤爆(?)が相次ぎDDが勝利。
試合後にハルクと谷嵜が争うと、Dr.マッスルが登場しハルクにブルーボックス攻撃からインプラント。
これがメインに繋がったようです…。


第4試合と第5試合に行われたKAMIKAZE対ベテラン軍のシングルマッチと6人タッグマッチは1勝1敗の結果となる。
第5試合後にCIMAからピンフォールを奪ったサイバーがトライアングル挑戦をアピール。
これを元気が認めたことで次回10.13後楽園で信悟&YAMATO&サイバーのOJIトリオがCIMA&Gamma&元気に挑戦することが決定。
「オレ、信悟、YAMATOはドラゴンゲート最強トリオだ。
 覚悟しとけ。」(サイバー)
「YAMATO、来月も逆さ押さえ込みでオマエから獲ってやるよ。」(元気)

------------------------------------
☆10月13日(水)東京・後楽園ホール

【オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合】
《王者組》    《挑戦者組》
 堀口元気     サイバー・コング
 Gamma VS YAMATO
 CIMA     鷹木信悟

------------------------------------
試合に勝ったのにメンバーに選ばれなかったKAGETORA。
これには会場からもブーイングが飛んだらしい。
それに対するバックステージでのもっちー。
「なんだ、あのKAGETORAの扱いはよ。
 来月のトライアングルゲート迎えるまでに、あのKAGE薄がひねくれてもしらねえぞ?」(もっちー)

まあユニットの最強メンバーに選ばれなかった気持ちはYAMATOが一番分かってるはずだよね?


メインのツインゲート戦は試合最終盤に谷嵜が介入。
吉野と享にインプラントを決めると、享を吉野に覆いかぶせて3カウントを取らせる。
結果的にはクネスカが防衛に成功。
試合後、当然収まらないWORLD-1のメンバー。
そこへDDが登場し谷嵜はDDに加入。
「オマエ、自分がしたこと分かってんのか!?」(土井)
「オマエらとはやってられるか、ボケ!」(谷嵜)
「裏切るんやったらもっと早く行動せえや!
 オマエは何をやっても中途半端なんじゃ!」(吉野)
その後も争いを続ける両ユニットは次回後楽園で敗者ユニット解散マッチで対戦することが決定。
------------------------------------
☆10月13日(水)東京・後楽園ホール

【敗戦ユニット解散マッチ】
《WORLD-1》     《ディープドランカーズ》
 B×Bハルク     Kzy
 土井成樹   VS  谷嵜なおき
 吉野正人       神田裕之

------------------------------------
まあそろそろ動くとは思ってたけど、タイトルマッチを壊すのはやめてほしかったなぁ。
急遽組まれたタイトルマッチならまだしも、ツインゲート王者対タッグリーグ優勝チームのタイトルマッチだもんな。
まさにドラゴンゲートNo.1のタッグチームを決める試合でこういう結果はちょっとガッカリ。
また谷やんがDDに移動してもユニット間のパワーバランスは変わらないので、次の神戸サンボーホールの3wayか後楽園の解散マッチでもう一人動いてもよさそうな気がする。


さらに退場時にしつこく付け狙っていたGammaがクネスを強襲。
これにより、次回神戸サンボー大会でクネスカ対大阪06のツインゲート戦が決定。
------------------------------------
☆10月3日(日)兵庫・神戸サンボーホール

オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
《王者組》      《挑戦者組》
 K-ness.    Gamma
 横須賀享    VS CIMA
------------------------------------




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...