ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #50

NBAもファイナル2戦を終えてサンアントニオが2連勝。
相変わらずサンアントニオだけに面白みのないファイナルやな。
ここ数年のファイナルの中でも、ニューヨーク対サンアントニオの次くらいに退屈なファイナルになりそう。
クリーブランドに戻ってからレブロンがカンファレンスファイナルくらいの神がかり的な活躍をしてくれないと見てるほうもつまらないし。
この2試合で面白いのは、クリーブランドのベンチの後ろにいるすごいデブがいることかな。

スニツキー対ドリーマー
いい加減に新しいストーリーを与えて欲しいけど、ラシュリーとビンスの抗争が終わらないとスニツキーに入り込む余地はなさげ。
ウマガとの試合もそろそろ飽きてきたから、ビンスの新たな刺客としてスニツキーってのはどう?
試合はスニツキーがブートで勝利。
試合後にイスでドリーマーを襲おうとしたスニツキーに対して、RVDがヴァンダミネーター。
ワンナイトスタンドではRVD対スニツキーってとこかな。


ソーン対誰か
アリエルがいないのは確か解雇になったんやったかな?
ジョバー相手にあっさりとダークキス改めオリジナルシン?で勝利。
フィニッシュへの入り方はコーナーからかけるよりいい感じ。


バックステージでの新種族組のスキット
"やあ、オレは次の試合で・・・"
"ストライカー黙れ。今パンクとの試合に関して打ち合わせしてんだ。"
"いいか。ジャッジメントデイではオマエのせいで負けたんだ。"
""


ストライカー対ブレット・メジャー
試合は、幻のゴールデンルールから、皆がよく使うリバースのネックブリーカーでストライカーの勝ち。
ゴールデンルール見たのは2回目かな?


パンク&RVD対バーク&コーヴァン
RVDが両膝に攻撃を受けるが、バークの攻めをかわして何とかパンクに交代。
パンクがラッシュを見せてブルドッグからフォール体勢に入ったところでコーヴァンがカット。
RVDがコーヴァンを場外に落としてプランチャを見せるがこれはかわされる。
リング内に戻ったコーヴァンがレフェリーの制止を振り切りパンクにパウンスしたところで反則負け。
試合後にRVDにもパウンス。


あまり感想を書きにくい内容なんやけど、パンクが新種族組を裏切るのが早かったんちゃうかなぁ。
サブゥーとかRVDがいなくなるためにストーリー展開を早めたんならしょうがないかもしれへんけど。



2006年のオスカー監督賞を受賞した"ブロークバックマウンテン"
いわゆる同性愛者の映画だけど、両思いながら結ばれない二人の悲しさが伝わってきて良かった。
しかも自然の映像も綺麗。
brokebackmt.jpg




ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...