ドラゲーライヴ Vol.1

ドラゲーメインのプロレス観戦記ブログです。

ECW #49

今日は、昼飯食いながらK1を観戦。
といってもレスナー戦だけやけど、あれだけではレスナーが強いのか、それともミンスが弱いのか良く分からない。
でもタックルなんかは、ミネソタ大のNCAAチャンピオンだけにスムーズやったと思うけど。


さてECW。
RVD対スニツキー
ちょっとECWのセットが変わったね。
普通にRAWみたいに花道が出来てる。
さてスニツキーもとうとう秒殺とはいかない相手との試合。
試合は、スニツキーが攻めながらも、何とかRVDが反撃。
最後は場外に出たスニツキーがRVDにイス攻撃で反則負け。
RVDもこんな位置で使ってたから離脱してしまうんちゃうんかな~。
ジャッジメントデーでも、ECWからはパンクとバークが出れるにもかかわらずRVDは???って感じやし。


スティービー対パンク
パンクは先週のコーヴァンのパウンスでアバラにテーピングを巻いて登場。
当然そこを攻めるスティービー。
結構スティービーの動きはいい感じ。
最後はスイングDDTに行くところを、そのまま抱えあげてgo2sleepでパンクの勝ち。


バックステージでの新種族組のスキット
"今夜はラシュリー倒す準備ができているか?"(バ)
"準備?今夜はオレがラシュリーを倒してECWを支配してやるぜ。"(コ)
"ところで・・・"(ス)
"しゃべるな!"(バ)
"でも・・・"(ス)
"黙れ!オマエ負け犬のにおいがすんだよ。"(バ)
バークも結構ひどいこと言うな~。
新種族組内でのイジメ発覚。


ソーン対ナンジオ
最後はダークキスでソーンの勝ち。
てかほとんどスタナーになってたけど。


ストライカー&コーヴァン&バーク対ラシュリー
一応、ジャッジメントデーの仮想ビンス&ウマガ&シェインというところ。
そういえば、ラシュリーがECWのレスラーと試合するのも久しぶりっぽい。
試合はラシュリーが寄せ付けない強さを見せるけど、途中コーヴァンのパウンスを喰らい、リング外へ弾き飛ばされる。
まあ、ほとんど自分で飛んでたからかなり不自然な形になってたけど。
最後はコーヴァンとバークに見捨てられたストライカーが、ラシュリーのスピアーで3カウントを取られて終了。



1日でサクッと読めた"偽りの館"
一応ミステリーで、最後の終わり方も面白かった。
この人の本は他にも"倒錯のロンド"を読んでたけど、すらすら読みやすいのがいい。
ituwarinoyakata.jpg





ツイート follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...